Q1

  • 消化器
  • 救急

出題日:2018年3月8日


今年の「割れ問」解説速報!◆第112回医師国試問題◆
2018年2月10-11日に実施された第112回医師国試問題の中から、テコム講師陣が注目した問題を、3月19日の合格発表を待たずに速報でご紹介します。ぜひご挑戦ください。


47歳の女性。腹部膨満を主訴に来院した。20歳台からアルコールの多飲歴があり、1週間前までワイン1本/日を飲んでいた。3日前から腹部膨満が出現し食事が摂れなくなったため受診した。意識は清明。身長156cm、体重49kg。体温36.3℃。脈拍72/分、整。血圧106/60mmHg。眼瞼結膜に貧血を認めない。眼球結膜に軽度黄染を認める。頸部から胸部にかけて赤い放射状の皮疹を多数認め、圧迫によって消退する。腹部は膨満しているが圧痛を認めない。下肢に浮腫を認める。血液所見:赤血球325万、Hb 9.4g/dL、Ht 31%、白血球4,000、血小板7.0万、PT-INR 1.4(基準0.9-1.1)。血液生化学所見:総蛋白5.9g/dL、アルブミン2.5g/dL、総ビリルビン3.2mg/dL、直接ビリルビン0.9mg/dL、AST 56U/L、ALT 40U/L、ALP 280U/L(基準115-359)、γ-GTP 24U/L(基準8-50)、アンモニア185μg/dL(基準18-48)、尿素窒素35mg/dL、クレアチニン0.7mg/dL、Na 131mEq/L、K 3.6mEq/L、Cl 97mEq/L、α-フェトプロテイン〈AFP〉3.1ng/mL(基準20以下)。免疫血清学所見:CRP 1.2mg/dL、HBs抗原陰性、HCV抗体陰性。来院時の腹部CTを図1に示す。経口摂取ができないため輸液を開始した。
初期輸液のNa+濃度(mEq/L)として適切なのはどれか。

国試112-第112 回医師国家試験問題より出題

※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください

m3クイズ内の無断転載・無断利用を禁じます。ご注意ください。