m3.com トップ> 過去問一覧


全6362件中 1-50件

出題日 正解率 参考数 問題
2017/7/23 14% 472 入院時にメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の定着(保菌)状態が認められた患者において、MRSA感染症への進展を予測する因子ではないものは次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2017/7/23 96% 116 「赤血球」を英語で言うと?
2017/7/22 57% 224 ◆第110回医師国試問題◆ うつ病の患者で、抑うつ気分と関連してみられる妄想の組合せはどれか。 a 被毒妄想 b 迫害妄想 c 憑依妄想 d 罪業妄想 e 貧困妄想 国試110-第110回医師国家試験問題解説書(医学評論社)より改変出題 学生正答率97.9%
2017/7/22 88% 162 ◆第110回医師国試問題◆ ヒトパピローマウイルスが原因となるのはどれか。 国試110-第110回医師国家試験問題解説書(医学評論社)より出題 学生正答率99.0%
2017/7/21 57% 251 スタチン服用歴のない1型糖尿病患者に比べて、スタチンを服用している同患者でみられるのは次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2017/7/21 22% 308 ◆皮膚疾患クイズCase60 10歳、女児。出生時より存在した褐色斑が増加してきたため心配になり受診した(画像1、2)。この患児で検索しておくべき合併症のうち、頻度が最も低いものはどれか。 ※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください 竹田綜合病院 皮膚科科長/福島県立医科大学 臨床教授 岸本 和裕先生出題
2017/7/20 51% 288 慢性肝不全の急性増悪(ACLF)は腹水の出現と関連しない。○か×か。 「SmartestDoc米国版」より出題
2017/7/20 70% 235 ◆救急クイズ 70歳 男性 【主訴】左上下肢麻痺 【現病歴】眼科医院で妻の白内障手術の説明を医師から受けていたときに、突然左上下肢麻痺が出現した 【アレルギー】なし 【常用薬】なし 【既往歴】なし、健診もしばらく受診していない 【接触時所見】血圧 170/90mmHg(上肢血圧左右差なし)、脈拍数 90bpm(不整)、呼吸数 20bpm、体温 36.5℃、意識清明、左顔面神経麻痺あり、構音障害あり、左Barre sign陽性、左Mingazzini sign陽性、失語なし、感覚障害なし、血糖 120mg/dL この眼科医院では、眼科一般検査は可能であるが、CT検査、MRI検査、採血検査は即時に行うことができない。 適切な対応はどれか。 八戸市立市民病院救命救急センター 救急科医長 伊藤香葉先生出題 八戸市立市民病院 院長 今明秀先生監修
2017/7/19 58% 300 急性虚血性脳血管イベントを来した患者のうち、睡眠時無呼吸と診断される割合は約何%と報告されているか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2017/7/19 82% 202 ◆医史学クイズ 平安時代の権力者藤原道長は、寛仁2年(1018)に、後一条天皇が11歳になったとき、三女の威子を入内させ、中宮(皇后)としました。道長は威子立后の日、祝宴を開き、宴に招かれた藤原実資に「この世をばわが世とぞ思ふ、望月の欠けたることもなしと思へば」(『小右記』)という即興の歌を詠んだと伝えられます。しかし、栄華をきわめた道長の体は、それゆえに、持病にむしばまれつつあり、翌寛仁3年(1019)には、持病が悪化し、視力が低下し、出家しました。以後、法成寺建設に力を尽くしましたが、万寿4年(1027)、死の数日前から背中に腫れ物ができ、苦しみつつ病没しました。62歳でした。 さて、道長の持病は、次のうちどのようなものであったと推測されるでしょうか。 日本医史学会理事 青木歳幸先生出題
2017/7/18 27% 325 ◆薬剤クイズ ポリ塩化ビニル製の輸液バッグ・セットを使用すると、器材への吸着により主薬成分の含量低下が起きることがある。そのため、ポリエチレン製やガラス製の輸液セットを使用するのがよいとされる注射液はどれか。 帝京大学医学部附属病院 ニックネーム「ファーマシスト」先生出題
2017/7/18 58% 242 ◆国試模擬試験問題◆ 予防接種法に基づく定期予防接種の対象疾患でないのはどれか。 株式会社テコム作成医師国家試験模擬試験問題より出題
2017/7/17 33% 322 小児の学習障害に関連する頭痛のタイプは次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2017/7/17 63% 301 ◆画像診断クイズ 半年前からの後頭部痛にて外来受診した高齢男性。時に激痛を呈する。前医でロキソニンが処方されてきたが効果はない。軽度の変形性頸椎症はあるが、激痛の原因とは考えられない。高血圧以外に既往歴はなく、身体所見も特記すべきことはない。頭部CTより診断は何か。 筑波大学水戸地域医療教育センター 脳神経外科 教授 柴田靖先生出題 ※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください
2017/7/16 17% 420 頸動脈内膜中膜肥厚度(IMT)測定のうち、冠動脈疾患の発症と最も強く関連する変数は次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2017/7/16 98% 150 「うつ病」を英語で言うと?
2017/7/15 55% 293 ◆第110回医師国試問題◆ 強皮症でみられる病変の組合せはどれか。 a 陰部潰瘍 b 涙腺腫大 c ぶどう膜炎 d 肺高血圧症 e 胃食道逆流症 国試110-第110回医師国家試験問題解説書(医学評論社)より改変出題 学生正答率98.2%
2017/7/15 64% 238 ◆第110回医師国試問題◆ 急性期の脳梗塞でt-PA〈tissue plasminogen activator〉の投与が禁忌となる検査値はどれか。 国試110-第110回医師国家試験問題解説書(医学評論社)より出題 学生正答率61.9%
2017/7/14 20% 315 治療抵抗性高血圧患者において、頸動脈洞動脈圧受容体刺激療法(baroreflex activation therapy;BAT)で効果的にコントロールできない指標はどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2017/7/14 33% 409 ◆皮膚疾患クイズCase59 生後6カ月、男児。味噌汁がかかって受傷した。10分間冷却した後に夜間救急を受診し、抗生物質配合ステロイド軟膏で処置を受け、翌日、受診した(画像1)。両親は気が動転しており、「先生、火傷の跡は残りますか?」と心配している。以下の説明のうち最も適切なものはどれか。 ※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください 竹田綜合病院 皮膚科科長/福島県立医科大学 臨床教授 岸本 和裕先生出題
2017/7/13 19% 407 気管支喘息患者において、最もよくみられる胃食道逆流症の所見は次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2017/7/13 40% 346 ◆救急クイズ 67歳 女性 【主訴】背中が痛い 【現病歴】孫と雪遊びをしているときに突然腰背部痛を自覚した。家族に連れられ自宅近くの整形外科医院を受診した 【常用薬】なし 【既往歴】健診で高血圧を指摘されたが未治療。他は、特記事項なし 【来院時所見】血圧 165/90mmHg、脈拍数 90bpm、呼吸数 30bpm、意識清明 背部の持続痛を訴えている。疼痛部位の圧痛なし。四肢麻痺なし この施設ではX線一般撮影、MRI検査、エコー検査は可能であるが、CT検査、採血検査は即時に行うことができない。 診断に有用でない検査、所見はどれか。 八戸市立市民病院救命救急センター 救急科医長 伊藤香葉先生出題 八戸市立市民病院 院長 今明秀先生監修
2017/7/12 52% 312 経口糖質コルチコイド製剤(GC)を開始した患者(使用期間は6カ月以内)において、高頻度にみられる有害事象は次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2017/7/12 65% 278 ◆医史学クイズ 戦国武将武田信玄は、歴史書『甲陽軍艦』によれば、晩年「隔の病」にかかっていたと伝えられます。元亀3年(1572)、天下統一のため京都を目指して西へ軍勢を進めた信玄は、徳川軍を次々と撃破し、織田信長・徳川家康の連合軍を同年12月、三方原で打ち破りました。しかし、破竹の勢いの武田軍は、そのまま京都に向かわずに三河各地を攻め落とした後、元亀4年(1573)4月初めに、突如甲州へ戻り始めます。信玄の病状が急速に悪化したからでしょう。帰路、信玄は腹の激痛に苦しみ、とうとう同年4月12日に、信州駒場で53歳の生涯を終えます。 さて、信玄を死にいたらしめた「隔の病」の可能性の最も高いのは次のうちどれでしょう。 日本医史学会理事 青木歳幸先生出題
2017/7/11 86% 192 ◆薬剤クイズ 次の抗菌薬のうち、ヒト胎児に有害作用を及ぼす可能性がもっとも高いと考えられるのはどれか。 北里大学病院 薬剤部 病棟Ⅰ課主任 稲野寛先生出題
2017/7/11 64% 240 ◆国試模擬試験問題◆ 気管支喘息の主徴はどれか。 株式会社テコム作成医師国家試験模擬試験問題より出題
2017/7/10 29% 306 全身性エリテマトーデス(SLE)患者に対するインフルエンザおよび肺炎球菌ワクチン接種に関する説明で誤っているものは次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2017/7/10 13% 430 ◆画像診断クイズ 一過性の意識消失で受診した30代女性 生来健康の30代女性。数カ月前と一昨日、家事の最中に頭から血が引くような感じがした後、一過性の意識消失を生じたため受診した。受診時の意識は清明で、血圧は120/62mmHg、脈拍は毎分70回の整脈であった。理学的所見に異常は見られず、血液生化学的検査、心臓超音波検査、頭部CT検査にも異常は見られなかった。既往歴、家族歴に特記事項はなく、定期内服している薬剤はなかった。外来受診時の心電図を提示します。原因として最も考えられるものを1つ選んでください。 新潟大学 医学部保健学科 教授 池主 雅臣先生出題 ※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください
2017/7/9 56% 245 埋込式圧センサーによる肺動脈圧モニタリングを用いた心不全管理によって、より大きく改善する転帰は次のうちのどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2017/7/9 60% 371 「蕁麻疹」を英語で言うと?
2017/7/8 64% 231 ◆第110回医師国試問題◆ 強迫性障害の症状と考えられる組合せはどれか。 a 考えが勝手に頭に浮かんでくる。 b 自分で考えているという実感がない。 c 過去に見た光景が頭の中にありありと浮かぶ。 d 人を殴ってしまうのではないかと考え続けてしまう。 e 机の上に置く物と机の辺が平行になっていないと気がすまない。 国試110-第110回医師国家試験問題解説書(医学評論社)より改変出題 学生正答率93.4%
2017/7/8 60% 235 ◆第110回医師国試問題◆ プロトンポンプ阻害薬の投与で血中濃度が上昇するのはどれか。 国試110-第110回医師国家試験問題解説書(医学評論社)より出題 学生正答率79.5%
2017/7/7 38% 355 ◆皮膚疾患クイズCase58 6歳、女児。5日前から顔面および上肢に紅斑が出現したため、1月に受診した(画像1、2)。痒みはない。体温:36.3度。末梢血・一般生化学検査所見に異常はみられない。血清TARC値:正常範囲内。抗核抗体、免疫グロブリン:異常なし。咽頭培養検査:常在菌のみ。全身状態は良好。保育園で流行している疾患はない。本例の説明に関して適当でないものはどれか。 ※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください 竹田綜合病院 皮膚科科長/福島県立医科大学 臨床教授 岸本 和裕先生出題
2017/7/6 57% 321 皮膚・軟部組織感染症(SSTI)患者に対して、組織移行性が高いのはどちらの種類の抗菌薬か。 「SmartestDoc米国版」より出題
2017/7/6 21% 391 ◆救急クイズ 30代男性、普通乗用車の単独事故で受傷。搬送時GCS7点 (E1V2M4)、血圧82/45mmHg、脈拍120/分、SpO2 92%(酸素15Lリザーバー付きマスク)、呼吸回数40回/分であった。救急隊により既に脱衣されており明らかな外出血はなく、右上腕の変形、右胸部の打撲痕を認めた。口腔内に出血や嘔吐はなく、舌根沈下も認めない。気道の評価が終わった途端、状態が悪化し、血圧60/30mmHg、SpO2 60%となった。次にまず行うべきことはどれか。 福井大学医学部附属病院 救急部 山田淑恵先生出題 福井大学医学部附属病院 総合診療部 教授 林寛之先生監修
2017/7/5 40% 323 原発性硬化性胆管炎(PSC)と炎症性腸疾患(IBD)を合併した患者において、生存率が良好な病型は次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2017/7/5 55% 324 ◆内科外来クイズCase17 77歳女性。畑仕事やガーデニングが趣味でADLは自立している。既往に脂質異常と高血圧症がある。内服治療はしていない。来院5日前の夕食時より徐々に食べ物の呑み込みづらさを自覚するようになった。来院4日前、呑み込みづらさは継続していたが、食事摂取は可能で、昼や夕方になるにつれて嚥下困難感を感じるようになった。来院前日に症状継続しているため近医耳鼻科へ受診し、喉頭ファイバー検査を行った。しかし器質的な異常所見を認めなかった。原因不明の嚥下障害のため、当院内科へ紹介となった。来院時、血圧142/70、脈拍84回/分(整)、体温36.8℃、呼吸数18回/分、SPO2 98%(RA)、頭頸部・胸腹部に特記所見を指摘できなかった。神経所見上、嗄声と口輪筋・頸部屈筋群の筋力低下(MMT4)を認めた。入院し経過を診ていたが、徐々に口が開きづらくなってきた。頭部MRIを実施したが、脳卒中を含めた器質的疾患を指摘できなかった。 以下の選択肢のうち可能性がもっとも高いものはどれか。 沖縄県立中部病院総合内科 金城紀与史先生 沖縄県立中部病院総合内科・つばさ在宅クリニック 難波雄亮先生出題
2017/7/4 37% 409 ◆薬剤クイズ プロトンポンプ阻害薬であるエソメプラゾールマグネシウム水和物(商品名:ネキシウム)の添付文書に、承認時には報告例がなかった「重大な副作用」が追記された(2016年改訂)。その副作用名は何か。 帝京大学医学部附属病院 ニックネーム「ファーマシスト」先生出題
2017/7/4 74% 214 ◆国試模擬試験問題◆ 電気的除細動の対象となる心停止の組合せはどれか。 a 心静止 b 心室細動 c 心房細動 d 無脈性心室頻拍 e 無脈性電気活動 株式会社テコム作成医師国家試験模擬試験問題より改変出題
2017/7/3 28% 340 1年間服用すると小児の患者の体重やBMIを最も増加させると報告された抗精神病薬は次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2017/7/3 49% 363 ◆画像診断クイズ 61歳女性。胸部レントゲン写真で輝度の高い異物を指摘されたため来院した。過去に血痰・喀血で他の病院に通院していたとのことだが、詳細は不明である。この患者で指摘された、輝度の高い異物のような陰影は何か。 ※画像から病態を考えていただくため、他の臨床所見は敢えて割愛しています。 近畿中央胸部疾患センター呼吸器内科・感染症内科 倉原 優先生出題 ※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください
2017/7/2 49% 358 2型糖尿病患者が摂取する炭水化物の一部を不飽和脂肪酸(UFA)に置き換えることにより改善するのは次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2017/7/2 94% 155 「おたふくかぜ」を英語で言うと?
2017/7/1 70% 270 ◆第110回医師国試問題◆ 抗癌化学療法により再活性化をきたす肝炎ウイルスはどれか。 国試110-第110回医師国家試験問題解説書(医学評論社)より出題 学生正答率75.5%
2017/7/1 84% 181 ◆第110回医師国試問題◆ 外来で行う尿検査について正しいのはどれか。 国試110-第110回医師国家試験問題解説書(医学評論社)より出題 学生正答率77.3%
2017/6/30 42% 308 世界中の陰茎がん症例のおよそ何%がヒトパピローマウイルス(HPV)と関連している可能性があるか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2017/6/30 53% 301 ◆皮膚疾患クイズCase57 生後7カ月、女児。生後2カ月頃より右腰部に皮膚腫瘍が出現し、徐々に増大傾向が続いている(画像1)。20×30mm大、弾性硬、浸潤あり。皮膚生検を施行し病理組織学的所見を確認した(画像2)。今後の対応として適当でないのはどれか。 ※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください 竹田綜合病院 皮膚科科長/福島県立医科大学 臨床教授 岸本 和裕先生出題
2017/6/29 33% 363 術後リスクが低い患者において、大動脈弁置換術(SAVR)に比べて経カテーテル大動脈弁植え込み術(TAVI)で転帰が不良でないものはどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2017/6/29 64% 509 ◆救急クイズ 28歳の男性教員。運動会のライン引きをする白い粉が眼に入ったが、受診した方が良いか?という電話相談を受けた。指導内容として正しいのはどれか。 福井大学医学部附属病院 救急部 山田淑恵先生出題 福井大学医学部附属病院 総合診療部 教授 林寛之先生監修
2017/6/28 43% 289 肥満患者に対する減量手術後早期の体重減少が最も緩徐であった術式は、次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
m3クイズ内の無断転載・無断利用を禁じます。ご注意ください。