m3.com トップ> 過去問一覧


全1787件中 351-400件

出題日 正解率 参考数 問題
2018/2/19 67% 311 ◆画像診断クイズ 60歳台男性 既往歴:心房細動 3時間前に発症した急激な腹痛が徐々に増強し、救急外来を受診した。ダイナミックCT(動脈相、画像1-3)から最も疑われる診断名あるいは予想される病態はどれか。 慶應義塾大学 医学部 放射線科学教室(診断) 助教 秋田大宇先生出題 ※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください
2018/2/18 47% 321 洞調律の収縮性心不全患者において、左室駆出率の低下と関連しないことが報告されている転帰は次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/2/18 96% 213 「過呼吸」を英語で言うと?
2018/2/17 45% 337 次のうち頭痛を訴える患者の割合が最も高いことが報告されている脳卒中のタイプはどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/2/17 43% 310 ◆第110回医師国試問題◆ 尿蛋白量を決定する因子でないのはどれか。 国試110-第110回医師国家試験問題解説書(医学評論社)より出題 学生正答率71.4%
2018/2/16 33% 313 原発性副甲状腺機能亢進症は次のどの疾患の独立した予測因子となる可能性が報告されているか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/2/16 39% 330 ◆皮膚疾患クイズCase90 33歳、女性。アレルギー性皮膚疾患にて非鎮静性抗ヒスタミン薬を投与中である。ある日この患者が「花粉症で目が痒くなるので目薬も処方してください」と希望した。アレルギー性結膜炎として抗アレルギー点眼薬を処方しようとしたところ、「ソフトコンタクトレンズをつけているので、つけたままでも大丈夫なのがあればお願いします」とのこと。下記の抗アレルギー点眼薬のうちこの患者に適切なものはどれか? 竹田綜合病院 皮膚科科長/福島県立医科大学 臨床教授 岸本 和裕先生出題
2018/2/15 31% 365 クローン病および潰瘍性大腸炎(UC)患者において、貧血のリスク因子として最も強いものは次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/2/15 75% 335 ◆「○痛」クイズ 61歳男性。1カ月前よりの左肩甲骨内側にズキズキした痛みあり。次第に疼痛が増強し、夜間不眠となった。初診時、左中指、環指、小指のシビレあり。左肘伸展4、左手関節掌屈4、握力右47kg、左8kg。最も考えられる診断は? 医療法人社団健育会西伊豆健育会病院 院長 仲田 和正先生出題 ※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください
2018/2/14 51% 325 小児の喘息発症リスクを有意に高めると報告されている因子は次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/2/14 59% 304 ◆第109回医師国試問題◆ 動物の写真を示す。正しいのはどれか。 国試109-第109回医師国家試験問題解説書(医学評論社)より出題 学生正答率40.3% ※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください
2018/2/13 32% 452 ◆薬剤クイズ 「夕食を摂る時間が遅く食後すぐに就寝する患者」に対して、使用を避けるべき睡眠薬は下記のうちどれか。 Fizz-DI 薬剤師・薬剤修士 児島悠史先生出題
2018/2/13 58% 318 ◆国試模擬試験問題◆ 次のうち、Alzheimer型認知症を最も早期に診断できるのはどれか。 株式会社テコム作成医師国家試験模擬試験問題より出題
2018/2/12 70% 284 認知症患者における死亡のリスク因子として報告されている疾患は次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/2/12 32% 459 ◆画像診断クイズ 63歳男性。57歳の時点では、会社の昇格試験にも合格し、仕事上のトラブルもなかった。58歳ごろから、慣用句や漢字の意味が徐々に理解できなくなった。59歳ごろには仕事に支障をきたし、退職した。来院時MMSE 14点。医師が問診する際に出てきた「病院」「都道府県」「利き腕」「健康診断」といった単語の意味が理解できず、返答に苦慮している。 頭部MRI(T1強調画像)を図1に示す。最も疑わしい疾患はどれか。 東京医科大学病院 高齢診療科 金高 秀和先生出題 ※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください
2018/2/11 54% 266 乾癬患者でリスクが上昇すると報告されている肝障害は次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/2/11 55% 323 「外反母趾」を英語で言うと? ※本クイズの正解選択肢および解説の一部を2018年2月13日(火)11:13分に修正しました。
2018/2/10 51% 261 高血圧患者において、動脈壁の硬化(arterial stiffness)の増大と最も強く関連することが報告されている因子は次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/2/10 32% 302 ◆第110回医師国試問題◆ 疾患と電解質異常の組合せで誤っているのはどれか。 国試110-第110回医師国家試験問題解説書(医学評論社)より出題 学生正答率91.4%
2018/2/9 36% 353 心不全リスクの増加との関連が報告されている糖尿病治療薬は次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/2/9 35% 299 ◆皮膚疾患クイズCase89 38歳、男性。数日前から蕁麻疹が出現し軽快しないため来院した。職業は長距離トラック運転手。下記の非鎮痛性抗ヒスタミン薬のうち、添付文書に「自動車の運転等危険を伴う機械の操作」に関する注意書きの記載がない薬剤はどれか? 竹田綜合病院 皮膚科科長/福島県立医科大学 臨床教授 岸本 和裕先生出題
2018/2/8 25% 395 大うつ病患者において、首や肩、背中、下肢の筋肉の痛みと強く関連すると報告されている因子は次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/2/8 74% 264 ◆「○痛」クイズ 12歳男児。少年野球のピッチャーで、毎試合100球以上投球している。投球時右肩の痛みを感じたため、当院を受診した。初診時ROM正常、Neer徴候(-)、Hawkin徴候(-)、Speed徴候(-)で、インピンジメント症候群や上腕二頭筋長頭腱炎の所見はない。エコーにて回旋腱板厚、右6.4mm、左6.3mmでやや肥厚。上腕二頭筋長頭腱正常。最も考えられる診断は? 医療法人社団健育会西伊豆健育会病院 院長 仲田 和正先生出題 ※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください
2018/2/7 31% 351 血圧が正常な成人では、血清アディポネクチン値の上昇は高血圧発症リスクの増加と関連することが報告されている。○か×か。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/2/7 79% 243 ◆第109回医師国試問題◆ 上部消化管造影像を示す。正しいのはどれか。 国試109-第109回医師国家試験問題解説書(医学評論社)より出題 学生正答率90.6% ※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください
2018/2/6 36% 353 ◆薬剤クイズ アリミデックス(一般名:アナストロゾール)で治療中の閉経後乳癌の患者に対し、骨密度低下を防ぐために骨粗鬆症の治療薬を併用する必要がある。下記のうち、併用が推奨されていない薬剤はどれか。 Fizz-DI 薬剤師・薬剤修士 児島悠史先生出題
2018/2/6 86% 193 ◆国試模擬試験問題◆ 意識清明な患者で四肢麻痺を認める。最も考えられる責任病変はどれか。 株式会社テコム作成医師国家試験模擬試験問題より出題
2018/2/5 34% 324 片頭痛患者とその他の原発性頭痛(緊張型頭痛や群発頭痛など)患者ではいずれも匂いがトリガーとなって頭痛発作が引き起こされると報告されている。○か×か。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/2/5 33% 410 ◆画像診断クイズ 22歳、男性。てんかんの既往がある。喫煙歴はない。てんかん以外に既往はなく、昨日もサッカーの試合に出ていた。昨晩、夕食中に強直性痙攣を起こした。痙攣はすぐにおさまった。翌朝、38℃の発熱があるため来院した。来院時SpO2は室内気で91%だった。身体診察上、右肺にcoarse cracklesを聴取する以外異常はみられない。この患者の病態で最も考えられる疾患はどれか。 ※画像から病態を考えていただくため、他の臨床所見は敢えて割愛しています 近畿中央胸部疾患センター呼吸器内科・感染症内科 倉原 優先生出題 ※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください
2018/2/4 19% 457 女性が運動量を増やすと発症リスクが最も低下すると報告されている乳がんのタイプは、次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/2/4 83% 281 「動悸」を英語で言うと?
2018/2/3 57% 294 乾癬がない入院患者と比べて乾癬がある入院患者でリスクが高まると報告されている重症感染症は次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/2/3 87% 217 ◆第110回医師国試問題◆ 嚥下機能検査にて経口摂取が可能であると判断された誤嚥性肺炎の既往を持つ高齢者への対応として適切でないのはどれか。 国試110-第110回医師国家試験問題解説書(医学評論社)より出題 学生正答率74.4%
2018/2/2 54% 270 緑茶抽出物にみられる効果として報告されているのは次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/2/2 40% 320 ◆皮膚疾患クイズCase88 25歳、女性。顔面の色素性母斑の切除を希望して来院した。以前に小手術を受けた際に局所麻酔薬のリドカインを使用したところ、顔面蒼白、冷汗、一時的な意識消失が出現したため、リドカインアレルギーと言われている。アレルギーテストはしていない。次の対応のうち最も適切でないものはどれか? 竹田綜合病院 皮膚科科長/福島県立医科大学 臨床教授 岸本 和裕先生出題
2018/2/1 28% 307 ACE阻害薬のエナラプリルを服用している高血圧患者は、葉酸サプリメントの摂取でがんリスクが低減すると報告されている。○か×か。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/2/1 34% 392 ◆「○痛」クイズ 48歳女性。前日、就寝中より頸部痛と咽頭痛があり、固形物を食べる際も痛みを生じた。初診時BT 37.0℃、咽頭発赤なし、左頸部に軽度圧痛、手指しびれなし。頸椎を前後に動かすと痛い。右を向きにくい。W 10280個/μL、CRP 1.65mg/dL、血沈28mm/時間。1週間後の再診時には疼痛は消失していた。最も考えられる診断は? 医療法人社団健育会西伊豆健育会病院 院長 仲田 和正先生出題 ※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください
2018/1/31 19% 444 本態性高血圧患者において、冠動脈疾患(CAD)の発症を予測するのに最適な肥満に関連する指標と報告されているは次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/1/31 68% 273 ◆第109回医師国試問題◆ 腹部X線写真を示す。診察所見として最も予想されるのはどれか。 国試109-第109回医師国家試験問題解説書(医学評論社)より出題 学生正答率75.9% ※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください
2018/1/30 45% 372 ◆薬剤クイズ 次のモノクローナル抗体のうち、フォーマットの正しい組合せはどれか。 北里大学病院 薬剤部 病棟Ⅰ課主任 稲野寛先生出題
2018/1/30 72% 278 ◆国試模擬試験問題◆ 中心静脈路から投与すべきなのはどれか。 株式会社テコム作成医師国家試験模擬試験問題より出題
2018/1/29 37% 315 高齢者において血清カルシウム値と過活動膀胱(OAB)の発症率は正の関連を示さないことが報告されている。○か×か。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/1/29 55% 330 ◆画像診断クイズ 72歳男性。非小細胞性肺癌の診断のもと、化学療法を施行後、外来で経過観察中であった。突然の頭痛、吐気を主訴に来院。神経学的には軽度の左筋力低下を認めたが、その他、特記すべき異常所見は無かった。既往:特記事項なし。血液生化学:APTT 52秒(正常24-39秒)、D-dimer 1.7ug/ml(正常<-1.0)、その他著変無し。頭部MRIを施行され、画像1のように拡散強調画像で多発性に高信号が指摘された。尚、MR angiographyでは異常所見はなく、造影では明らかな増強効果は認めなかった。 最も考えられる疾患は何か。 熊本大学大学院医学薬学研究部 放射線診断学分野 教授 山下 康行先生出題 ※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください
2018/1/28 49% 309 レストレスレッグス症候群(RLS)を合併した患者で、RLSがない患者と比べてC反応性蛋白(CRP)の血清濃度が高いと報告されている炎症性腸疾患は次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/1/28 50% 581 「老衰」を英語で言うと?
2018/1/27 71% 313 ヘリコバクター・ピロリ(H. pylori)感染は慢性閉塞性肺疾患(COPD)のリスクを上昇させることが報告されている。○か×か。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/1/27 73% 286 ◆第109回医師国試問題◆ 急性胆管炎の身体診察所見で緊急度の高い対応が求められるのはどれか。 国試109-第109回医師国家試験問題解説書(医学評論社)より出題 学生正答率93.2%
2018/1/26 28% 351 妊娠初期の母親が食事からビタミンDを摂取すると、子どもが6~7歳のころのアレルギーに関するあるリスクが低下することが報告されているが、それは次のうちどれか。 「SmartestDoc米国版」より出題
2018/1/26 18% 408 ◆皮膚疾患クイズCase87 28歳、女性。「2日前に湯たんぽを使って低温やけどを起こしました」と来院した(画像1)。効果が期待される治療法はどれか? ※画像を無断転載・コピーすることは無断使用による著作権侵害となりますのでご遠慮ください 竹田綜合病院 皮膚科科長/福島県立医科大学 臨床教授 岸本 和裕先生出題
2018/1/25 24% 330 垂直スリーブ状胃切除術(VSG)施行患者では、ヘリコバクター・ピロリ(H. pylori)感染が陽性の場合に重度の合併症を来しやすいことが報告されている。○か×か。 「SmartestDoc米国版」より出題
m3クイズ内の無断転載・無断利用を禁じます。ご注意ください。