m3.com トップ > 海外ジャーナル > Allergy > 呼吸器疾患

Allergyの呼吸器疾患の 海外ジャーナル

喘息増悪の関連屋外環境因子は年齢ごとに異なる2019/10/15

2008-12年の韓国ソウル市(人口1023万3519人)で、屋外環境因子(大気汚染物質、天候、エア...

ソース:Allergy  カテゴリ:一般内科疾患その他呼吸器疾患

喘息成人発症リスク、アレルギー性疾患多いほど増加2019/8/22

フィンランドの全国レジストリに登録された成人発症喘息患者1118例と性別、年齢などでマッチさせた対照...

ソース:Allergy  カテゴリ:一般内科疾患耳鼻咽喉科疾患アレルギー疾患呼吸器疾患

喘息患者、OCS常用で死亡リスク増2019/7/17

喘息患者21万7993例を対象に、経口副腎皮質ステロイド(OCS)使用状況とOCS関連の有病状態およ...

ソース:Allergy  カテゴリ:呼吸器疾患投薬に関わる問題アレルギー疾患一般内科疾患

小児の喘息や肥満発症に内分泌撹乱物質が関連2019/3/28

学校20施設で小児815例のデータを用いて、室内の内分泌撹乱物質(EDC)への曝露と喘息、呼吸器症状...

ソース:Allergy  カテゴリ:呼吸器疾患小児科疾患アレルギー疾患内分泌・代謝疾患一般内科疾患

NSAID増悪呼吸器疾患患者の鼻茸にL-plastin発現が関与2019/2/4

非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)により増悪した呼吸器疾患(NERD)患者の鼻茸再発に関与する蛋白...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患投薬に関わる問題耳鼻咽喉科疾患呼吸器疾患

初回喘鳴時のアトピー感作が気管支反応性亢進の危険因子2018/11/13

生後3-23カ月時に初回の重度ウイルス性喘鳴を発症した小児76例を対象に、喘鳴発症時の患者背景と就学...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患小児科疾患呼吸器疾患

アスピリン増悪呼吸器疾患、患者の血清SPD濃度低い2018/5/30

韓国でアスピリン増悪呼吸器疾患(AERD)患者(336例)を対象に、ARED発症機序に肺サーファクタ...

ソース:Allergy  カテゴリ:投薬に関わる問題アレルギー疾患呼吸器疾患

成人喘息が他の呼吸器疾患による死亡に影響2018/4/26

30歳超の喘息患者1648例と非喘息の成人を対象に、死亡率とその危険因子を15年間の住民ベースコホー...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患呼吸器疾患

喘鳴の発現間隔が3年未満の小児、喘息と診断可2018/3/16

医療記録に2回以上の喘鳴発現の記録があり、早期喘息診断インデックス(API)の大項目1つまたは小項目...

ソース:Allergy  カテゴリ:呼吸器疾患小児科疾患

喘息増悪予測因子の3パターン特定、日本の全国的研究2018/2/8

致死的な増悪歴のある日本の喘息患者190例を対象とする前向き研究を基に、致死的増悪の予測因子をクラス...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患小児科疾患呼吸器疾患

帝王切開と児の気管支過敏症が関連2018/1/25

母体の周産期因子と、出生児のアトピー性疾患有病率との関連を、9-11歳を19-24歳まで追跡して検証...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患産婦人科疾患小児科疾患呼吸器疾患

甲状腺機能低下症が児の喘息リスクに2018/1/23

デンマークで1998-2007年に出生した単胎児59万5669例を対象に、妊婦の甲状腺機能低下症と産...

ソース:Allergy  カテゴリ:内分泌・代謝疾患産婦人科疾患小児科疾患アレルギー疾患呼吸器疾患

小児喘息の有用なマーカーを特定2018/1/5

呼気中のエイコサノイドが小児喘息マーカーとして有用であることが、台湾の研究から分かった。研究グループ...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患小児科疾患呼吸器疾患

鼻炎で小児喘息リスク4倍に2017/12/29

フィンランドで生後6カ月までに細気管支炎で入院した小児の長期転帰を研究。11-13歳の138例を追跡...

ソース:Allergy  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患呼吸器疾患小児科疾患

鼻炎と喘息の合併率、思春期後に男女差減少2017/12/11

小児のアレルギー疾患罹患率は女児に比べて男児で高いが、この差が思春期以降に変化するかは不明だ。今回、...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患一般内科疾患呼吸器疾患小児科疾患耳鼻咽喉科疾患

重症喘息の気道病変、気道閉塞と関連2017/11/27

標準治療を行った重症喘息患者50例の気管支生検から、症状コントロールと気道閉塞に関連する可能性のある...

ソース:Allergy  カテゴリ:小児科疾患アレルギー疾患呼吸器疾患

アレルゲン別の喘息プロテオーム解析2017/11/22

アレルゲン蛋白質、イソシアネート、溶接煙のそれぞれにより作業関連喘息を発症した患者および健常者の計8...

ソース:Allergy  カテゴリ:呼吸器疾患小児科疾患アレルギー疾患

アレルゲン免疫療法は「舌下」で費用対効果高い2017/10/25

アレルギー性鼻炎や喘息などに関する研究23件の医療経済データを基に、アレルゲン免疫療法の費用対効果を...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患耳鼻咽喉科疾患呼吸器疾患

好酸球数と重症度がオマリズマブの効果を予測2017/10/24

アレルギー性喘息1071例を対象としたオマリズマブの第3相試験2件のデータを用いて、奏効の予測因子を...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患呼吸器疾患

高BMIは喘息と肺機能低下リスク高める2017/9/12

体格指数(BMI)と花粉症や喘息、肺機能との因果関係を、遺伝疫学手法であるメンデル無作為化法で検証。...

ソース:Allergy  カテゴリ:呼吸器疾患アレルギー疾患一般内科疾患

オマリズマブがアレルギー喘息関連反応を抑制2017/8/9

アレルゲン曝露に著明な反応を示す喘息患者10例を対象に、重症アレルギー性喘息治療薬オマリズマブの効果...

ソース:Allergy  カテゴリ:呼吸器疾患アレルギー疾患一般内科疾患

喀痰中の好塩基球が喘息の気道炎症指標に2017/7/27

好酸球性喘息患者44例を対象に、喀痰中の好塩基球と好酸球性気道炎症との関係を検証した。患者の喀痰中で...

ソース:Allergy  カテゴリ:呼吸器疾患アレルギー疾患一般内科疾患

顆粒球の関与少ない喘息は「肺機能良好」2017/6/13

安定喘息患者240例を対象に、顆粒球の関与が乏しい喘息(paucigranulocytic喘息)の特...

ソース:Allergy  カテゴリ:呼吸器疾患アレルギー疾患一般内科疾患

表現型に基づく喘息ガイドラインを開発2017/6/1

喘息の臨床的表現型に対応した治療の普及を受け、チェコの呼吸器学会とアレルギー学会が表現型に基づく新た...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患呼吸器疾患一般内科疾患

難治喘息のリスクスコア作成2017/5/29

「problematicasthma(高度の治療でもコントロールできない難治性の喘息)」患者177例...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患呼吸器疾患

ネッタイシマカに3つのアレルゲン検出2017/5/22

蚊に感作性を示す喘息と鼻炎の両方あるいはどちらか1つを有する患者15例の血清試料と、ネッタイシマカの...

ソース:Allergy  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患アレルギー疾患呼吸器疾患皮膚疾患一般内科疾患

アレルギー診断のSPT、感度は特異的IgE同等2017/5/15

10歳児529例を対象に、皮膚プリックテスト(SPT)と特異的IgE(sIgE)によるアレルギー診断...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患耳鼻咽喉科疾患小児科疾患呼吸器疾患

アレルギー性疾患研究、多いのは?【Allergy】2017/2/28

アレルギー性疾患疫学研究の既発表システマティックレビュー421件の検討内容を包括的に検証。レビューの...

ソース:Allergy  カテゴリ:呼吸器疾患アレルギー疾患一般内科疾患

アレ鼻炎、喘息合併で医療費倍増【Allergy】2017/2/10

フランスのアレルギー性喘息(AA)合併または非合併の通年性アレルギー性鼻炎(PAR)患者における医療...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患耳鼻咽喉科疾患呼吸器疾患

就学児のアレルギー反応は低炎症状態【Allergy】2017/2/3

小児喘息前向き研究(COPSAC2000)出生コホートを用いて生後6カ月時(214例)と7歳時(27...

ソース:Allergy  カテゴリ:一般内科疾患皮膚疾患小児科疾患呼吸器疾患アレルギー疾患