m3.com トップ > 海外ジャーナル > Ann Intern Med > 脳神経外科疾患

Ann Intern Medの脳神経外科疾患の 海外ジャーナル

中年期の小梗塞+大梗塞で認知機能低下リスク増2019/9/27

アテローム性動脈硬化症リスクを評価したARIC試験に参加した50歳以上で脳卒中のない被験者1884例...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:神経内科疾患一般内科疾患精神科疾患脳神経外科疾患

CVDリスク予測のPCE改訂で高リスク者数が大きく減少2018/7/17

米国で心血管疾患(CVD)の既往歴がない成人2万6689人のデータおよび新しい統計手法に基づき、20...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:循環器疾患脳神経外科疾患一般内科疾患

ダビガトランvsワルファリン、心房細動例の転帰比較2017/12/18

心房細動患者5万578例を対象に、ダビガトランとワルファリンの治療転帰を後ろ向きコホート研究で比較。...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:脳神経外科疾患神経内科疾患循環器疾患

頭蓋外頸動脈病変はIAT効果に影響せず2017/6/30

前方循環の頭蓋内動脈近位部閉塞による急性虚血性脳卒中患者を対象に、頭蓋外頸動脈病変(ECD)が血管内...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:循環器疾患神経内科疾患脳神経外科疾患

3mm未満の脳病変でも脳卒中リスク高い2015/7/15

動脈硬化リスクをコミュニティーレベルで検討するARIC試験で、脳卒中既往のない1884人を対象に、無...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:循環器疾患検査に関わる問題脳神経外科疾患

DES後DAPT、期間は患者の価値観で2015/6/4

薬剤溶出ステント(DES)留置後の抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)の実施期間による転帰を、無作為化...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:神経内科疾患脳神経外科疾患循環器疾患

脳卒中既往無AF、SCIオッズ2倍2014/11/13

11件の観察研究(被験者5317人)を対象に、心房細動(AF)と無症候性脳梗塞(SCI)の関連をシス...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:脳神経外科疾患循環器疾患検査に関わる問題

無症候性頸動脈狭窄治療に証拠不足2014/7/16

エビデンスが中程度以上の研究に関する論文を対象に、無症候性頸動脈狭窄症(CAS)のスクリーニングと各...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:脳神経外科疾患一般外科疾患

未破裂脳動脈瘤、中国有病率7.0%2013/10/17

上海で35-75歳の成人4813人を対象に、未破裂脳動脈瘤(UCAs)の有病率を横断研究で検証。3次...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:脳神経外科疾患救急一般外科疾患

脳卒中予防にリバーロキサバン2013/6/20

心房細動患者対象のROCKETAF試験参加者約1万4264人を対象に、ビタミンK拮抗薬(VKA)既治...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:脳神経外科疾患循環器疾患投薬に関わる問題

汚染薬剤での髄膜炎に抗真菌薬2012/11/22

汚染された硬膜外ステロイド注射(ESI)を受けた患者172人を対象に、臨床所見と初期治療反応を調査。...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:投薬に関わる問題脳神経外科疾患感染症

ワルファリン用量評価、12週で2011/11/17

長期ワルファリン療法施行中の患者250人を対象に、国際標準比(INR)のモニタリングによる用量評価の...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:循環器疾患検査に関わる問題脳神経外科疾患

CHADS2高いと血栓症リスク2011/11/17

経口抗凝固薬投与中の心房細動患者1万8112人を対象に、CHADS2スコアを用いた血栓性・出血性合併...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:検査に関わる問題循環器疾患脳神経外科疾患

AF、クロピドグレル追加効果小2011/11/4

ワルファリン不適応の心房細動患者7554人を対象に、アスピリン療法へのクロピドグレルを追加した臨床的...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:脳神経外科疾患循環器疾患投薬に関わる問題

侵襲的歯科治療、血管イベントリスクが一過性に上昇2010/12/15

退院時診断が虚血性脳卒中(650人)もしくは心筋梗塞(525人)の患者を対象に、侵襲的歯科治療の影響...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:脳神経外科疾患循環器疾患

高齢心房細動にdabigatran、脳卒中予防の費用対効果優れる2010/12/14

抗凝固療法の研究を解析し、高齢心房細動患者の脳卒中予防について、dabigatranとワルファリンの...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:循環器疾患投薬に関わる問題脳神経外科疾患

大腿部までの弾性ストッキング、膝下までと比べDVT予防2010/9/24

急性脳卒中による入院患者3114名を対象に、大腿部までと膝下までの弾性ストッキングによる深部静脈血栓...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:循環器疾患脳神経外科疾患

感染性心内膜炎への頭部MRI検査、約3割の症例で診断・治療方針に影響2010/4/22

感染性心内膜炎患者130名を対象に、頭部MRI検査が心内膜炎の診断・治療方針に及ぼす影響を前向き研究...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:脳神経外科疾患循環器疾患検査に関わる問題

ナトリウム量低減・ナトリウム税導入、ともに医療費抑制、米国調査2010/3/4

40-85歳の人を対象に、加工食品中のナトリウム量低減およびナトリウム税導入の2つの政策の費用対効果...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:脳神経外科疾患循環器疾患

ジャーナル
から探す