m3.com トップ > 海外ジャーナル > Ann Surg > 腎・泌尿器疾患

Ann Surgの腎・泌尿器疾患の 海外ジャーナル

HIV感染者の癌、2030年には前立腺癌と肺癌が高頻度に2018/6/13

米国でHIVと共に生きる人々(PLWH)の2030年までの癌リスクを記述的研究で予測した。その結果、...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:腎・泌尿器疾患感染症呼吸器疾患血液疾患

鼠径ヘルニア術は男性の妊孕性に影響せず2017/8/31

デンマークの5つの登録簿から鼠径ヘルニア修復術を受けた男性患者3万2621例を抽出し、傾向をマッチさ...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患腎・泌尿器疾患産婦人科疾患消化器疾患

米国初の陰茎移植、経過は良好2017/6/21

陰茎癌で陰茎亜全摘を行った患者における米国初の陰茎移植術の経過を、症例報告として公表。陰茎移植術は世...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患腎・泌尿器疾患

熟練医がシミュレーションやる意味は?2017/6/15

米国国立衛生研究所(NIH)のワークショップで、消化器および泌尿器疾患診療に従事する熟練専門医のシミ...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:腎・泌尿器疾患その他消化器疾患

術前RTで低テストステロン増2016/12/8

ステージI-IIIの直腸癌または前立腺癌の男性168例を対象に、術前放射線療法(preoperati...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患腎・泌尿器疾患

熱傷後のAKIが長期死亡率上昇に関連2016/9/27

熱傷入院患者1万8155人を対象に、急性腎障害(AKI)発症および死亡リスクとの関連を後ろ向きコホー...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:腎・泌尿器疾患救急

前立腺全摘後、ヘルニア修復約4倍2013/6/6

スウェーデンで前立腺癌男性2万8608人と対照男性10万5422人を対象に、鼠径ヘルニア修復術の実施...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患腎・泌尿器疾患

直腸癌ロボ手術、性・排尿機能保全2012/10/3

ロボットによる直腸全間膜切除術(RTME)を受けた直腸癌患者74人を対象に、排尿および性機能へのロボ...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患消化器疾患腎・泌尿器疾患

高齢ESRDの大血管手術、高リスク2012/9/27

待機的血管手術を受けた末期腎不全(ESRD)患者の術後合併症リスクを、「米国外科学会の手術の質改善プ...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患循環器疾患腎・泌尿器疾患

フィブラート薬処方、腎転帰不良2012/4/19

フィブラート系薬またはエゼチミブを新規処方された慢性腎臓病外来患者(66歳以上)8万903人を対象に...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:投薬に関わる問題検査に関わる問題腎・泌尿器疾患

輸血は直腸癌の術後合併症リスク2012/2/6

直腸癌患者483人を対象に、低位前方切除術(LAR)の直腸間膜全切除(TME)および結腸肛門吻合(C...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患腎・泌尿器疾患一般外科疾患

血液透析患者へのAVFとSVA、シャント成熟率が費用効果に影響2011/9/20

血液透析患者を対象に、最初に内シャントを造設するAVF1stと、最初に人工血管を設置するSVA1st...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患循環器疾患腎・泌尿器疾患

新しい外科手術シミュレーション、外科教育アプローチとして有望2011/7/12

低コストで高い忠実度の外科手術シミュレーション、DistributedSimulation(DS)の...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患腎・泌尿器疾患一般外科疾患

ジャーナル
から探す