m3.com トップ > 海外ジャーナル > Ann Surg > 投薬に関わる問題

Ann Surgの投薬に関わる問題の 海外ジャーナル

小児虫垂炎術、退院後も抗菌薬継続で臓器/体腔感染症減2019/8/5

虫垂切除術施行の複雑性虫垂炎小児患者711例を対象に、退院後の経口抗菌薬使用継続による臓器/体腔感染...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患小児科疾患投薬に関わる問題

ドキシサイクリン局所注で瘢痕厚減少、マウスで確認2019/2/12

背部皮膚の創傷マウスモデルを用いて、ドキシサイクリンの皮膚瘢痕形成に対する効果を検討。創底にドキシサ...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:一般外科疾患投薬に関わる問題

胆道癌の大量肝切除後S-1化学療法、ゲムシタビンに優越性示す(2018/12/6訂正)2018/12/4

日本で胆道癌に対する大量肝切除術(肝葉切除または3区域切除)施行患者70例を対象に、ゲムシタビンとS...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:投薬に関わる問題一般外科疾患消化器疾患眼科疾患

術前の抗菌薬注入タイミングがSSI発生と関連2018/10/17

米国で外科的介入を受けた入院患者4万6791例を対象に、外科切開前の抗菌薬注入時間が手術部位感染(S...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:投薬に関わる問題一般外科疾患

2型DMへの胃バイパス術で薬物療法の必要性減2018/10/3

BMI30以上で初回ルーワイ胃バイパス術を施行した成人2万2047人を対象に、同手術が2型糖尿病(D...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:消化器疾患一般外科疾患投薬に関わる問題内分泌・代謝疾患

デクスメデトミジン、ICU後の認知機能低下抑制効果2018/6/18

非心臓手術後に集中治療室に入室した高齢患者700例を対象に、低用量デクスメデトミジン投与が長期転帰に...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:投薬に関わる問題救急神経内科疾患その他

A2A受容体作動薬が虚血再灌流障害を軽減2018/3/7

心室細動により20分間循環停止させたブタモデルを用いて、選択的アデノシン2A受容体(A2AR)作動薬...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:循環器疾患投薬に関わる問題

IAP経口投与で抗菌薬腸炎を予防2013/4/25

ウシ腸由来のアルカリホスファターゼ(IAP)経口投与による抗菌薬関連の細菌感染症の予防効果を、マウス...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:投薬に関わる問題感染症消化器疾患

フィブラート薬処方、腎転帰不良2012/4/19

フィブラート系薬またはエゼチミブを新規処方された慢性腎臓病外来患者(66歳以上)8万903人を対象に...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題検査に関わる問題

ジャーナル
から探す