m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>胃瘻、経腸栄養剤の前に白湯投入?

胃瘻、経腸栄養剤の前に白湯投入?

誤嚥性肺炎の予防効果に期待も

2010年12月21日 星良孝(m3.com編集部)


高齢者の胃瘻の是非に関心が集まるが、行わざるを得ない状況になっている。誤嚥性肺炎をいかに避けるかは重要だが、医学的な方法の検討は少なかった。最近、水分投与のタイミングが議論されている。医療上の手間を上回る利益はあるか。有効経腸栄養剤の前に白湯「胃瘻を作った患者では、経腸栄養剤の投与方法を工夫することで、誤嚥性肺炎を防げるのではないか」と説明する榊原白鳳病院の笠間睦氏「胃瘻を作った患者では、経腸栄養剤の投入の際に、水分補給のために人肌程度の温度の白湯も胃瘻を通して投入する。一般的には経腸栄養剤の後...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。