m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>「神の手」福島氏、患者の死のなぜ

「神の手」福島氏、患者の死のなぜ

独占インタビュー、正中部の脳深部組織取り違え──Vol.1(失敗の研究)

2011年11月9日 星良孝(m3.com編集部)


「失敗の研究神の手」全3回連載Vol.1◆「神の手」福島氏、患者の死のなぜVol.2◆「神の手」福島氏、術中の錯覚Vol.3◆「神の手」福島氏、成算と誤算不覚や事故の中からこそ学べる教訓はある。苦い経験から現代医療の課題を探りたい。「失敗の研究」連載第1弾は「神の手」と呼ばれる米デューク大学の福島孝徳氏。腫瘍摘出と患者の死がかかわる訴訟に直面する中、m3.com独占で初めて問題の手術を語った。福島孝徳(ふくしま・たかのり)氏。デューク大学脳神経外科教授。1942年東京都生まれ。68年東京大学医学...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。