m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画

スペシャル企画
Page
「医師は永久に良きもの」「Googleは医師の代わり?」◆Vol.14-32018/2/25

米国医師の意見⇒調査結果:「医師の社会的地位や給与水準に満足」、日本は37.1%【非常に満足】・人々...

シリーズ:日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!

「十分な収入と社会的信用」「時給換算では低賃金」◆Vol.14-22018/2/25

日本医師の意見⇒調査結果:「医師の社会的地位や給与水準に満足」、日本は37.1%【非常に満足】・勉強...

シリーズ:日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!

「医師の社会的地位や給与水準に満足」、日本は39.7%◆Vol.14-12018/2/25

国によって、「医師」という職業の社会的評価は異なるもの。今回の「日本vs.米国、医師2732人を徹底...

シリーズ:日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!

医師とテレビディレクターが医療情報を発信し続ける訳-対談:市川衛・NHKチーフ・ディレクター◆Vol.12018/2/25

メディアでも活躍する11年目の外科医、中山祐次郎氏(福島県郡山市の総合南東北病院外科)が医療界内外の...

シリーズ:一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

「医師の役割」の再構築が不可欠 - 武藤真祐・鉄祐会理事長に聞く◆Vol.42018/2/24

――先ほど「医師のアイデンティティー」という言葉が出ました。医療の在り方が変わる中で、医師の役割はど...

シリーズ:医療維新10周年記念

2035年、収入減るもやりがい変わらず?◆Vol.42018/2/22

Q2035年の医師の平均収入は現状と比べてどうなると予想しますか。2035年の医師の収入については、...

シリーズ:未来の医師たちへ―医師のリアルと2035年の医療

医師としての“誇り”を強く意識したい-対談:山下弘子さん◆Vol.42018/2/18

・19歳でがん、「先生には感謝しかない」◆Vol.1・主治医に『もっと笑ってくれても、と思ったけど・...

シリーズ:一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

「訴訟リスクが診療に影響」、米国外科系で8割超◆Vol.132018/2/18

日本では2000年代以降、医療訴訟が増加し、その結果、訴訟リスクを考え、診療が萎縮したり、若手医師が...

シリーズ:日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!

シンガポールに日本型地域包括ケアを“輸出” - 武藤真祐・鉄祐会理事長に聞く◆Vol.32018/2/17

――鉄祐会は、海外にも進出しています。海外進出の理由や現在の取り組みをお教えください。「医師のアイデ...

シリーズ:医療維新10周年記念

医師に最も求められるのは「コミュニケーション能力」◆Vol.32018/2/15

Q2035年の医師の役割(患者動向、他職種やITによる業務軽減などを考えて)は現状と比べてどうなると...

シリーズ:未来の医師たちへ―医師のリアルと2035年の医療

対面診療を補完する「オンライン診療」の在り方を考える - 武藤真祐・鉄祐会理事長に聞く◆Vol.22018/2/12

――鉄祐会は、2017年4月から、福岡市の「かかりつけ医」機能強化事業に取り組まれています。在宅医療...

シリーズ:医療維新10周年記念

医師には誇りを持ってほしい-対談:山下弘子さん◆Vol.32018/2/11

・19歳でがん、「先生には感謝しかない」◆Vol.1・主治医に『もっと笑ってくれても、と思ったけど・...

シリーズ:一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

医師議員「医療提供体制の見直し、待ったなし」◆Vol.32018/2/9

医師国会議員:自見氏、吉田氏、岡本氏が鼎談・3人の医師国会議員が語る日本の医療の課題と未来◆Vol....

2035年、医師は「都会で過剰、地方で不足」◆Vol.22018/2/4

Q2035年の医師の需給バランスはどのようになるとお考えですか。医師の需給バランスは現在も最もホット...

シリーズ:未来の医師たちへ―医師のリアルと2035年の医療

主治医に『もっと笑ってくれても、と思ったけど・・・』-対談:山下弘子さん◆Vol.22018/2/4

・19歳でがん、「先生には感謝しかない」◆Vol.1・主治医に『もっと笑ってくれても、と思ったけど・...

シリーズ:一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

「医師×IT×在宅医療」の先駆者 - 武藤真祐・鉄祐会理事長に聞く◆Vol.12018/2/3

「2025年問題」、その後も高齢者人口が増加を続ける時代を迎える一方、労働者人口が減る中、医療の在り...

シリーズ:医療維新10周年記念

医師の働き方改革、「医師とは何か」の議論を◆Vol.22018/2/3

医師国会議員:自見氏、吉田氏、岡本氏が鼎談・3人の医師国会議員が語る日本の医療の課題と未来◆Vol....

外科系医師の訴訟経験、日本13.7%、米国24.3%◆Vol.122018/2/2

「日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!」で患者とのトラブルの経験を調査した結果、米国の外科系医...

シリーズ:日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!

3人の医師国会議員が語る日本の医療の課題と未来◆Vol.12018/1/31

医療政策における主戦場が政治の場に移りつつあるのは、多くの医療者が感じているところだろう。その中で、...

「既存医学部のモデル」になれば成功 - 国際医療福祉大学◆Vol.6 2018/1/31

――国際医療福祉大学の特徴は、1学年140人のうち、20人は留学生という点です。集める際に苦労はされ...

シリーズ:医療維新10周年記念

朔風は春の暖かな湿気と匂いを帯びて【連載小説「朔風」最終回】 2018/1/30

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]病院譲渡の話が立ち消えたことにより、バトラー病院...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

19歳でがん、「先生には感謝しかない」-対談:山下弘子さん◆Vol.12018/1/28

メディアでも活躍する11年目の外科医、中山祐次郎氏(福島県郡山市の総合南東北病院外科)が医療界内外の...

シリーズ:一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

セカンドオピニオンの普及、「正しい理解」が必要◆Vol.162018/1/28

Qセカンドオピニオンの利用について、もっと広げていくべきだと思いますかVol.2で紹介したように、医...

シリーズ:セカンドオピニオン「医師×患者」調査

「既存とは次元の異なる医学部」を実現 - 国際医療福祉大学◆Vol.52018/1/27

――日本の医学教育において、どんな点が問題と捉え、いかなる医学部を作ろうとお考えになったのでしょうか...

シリーズ:医療維新10周年記念

市長の土下座【連載小説「朔風」第130回】  2018/1/26

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【45】……健太朗は院長室の机の上に開いた業務日...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

医学部新設を実現、その狙いと道のり- 国際医療福祉大学◆Vol.42018/1/24

――2017年4月に医学部が新設されました。その目的をお教えください。総長の矢崎義雄氏(以下、矢崎)...

シリーズ:医療維新10周年記念

新米医師の抱負が見え隠れしていた【連載小説「朔風」第129回】2018/1/23

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「城戸先生ですか。杉谷です。北斗医大の杉谷雅彦で...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

2035年、ニーズ高まる科は「総合診療」「内科」◆Vol.12018/1/21

依然として高偏差値の受験生に根強い医学部人気。優秀な人材が集まるという好ましい面がある一方で、医師と...

シリーズ:未来の医師たちへ―医師のリアルと2035年の医療

「報酬」トップは米国、労働環境、基礎研究も◆Vol.102018/1/21

日米の医師は、自国および諸外国の医療事情や制度について、どのように見ているのだろうか。医療水準、基礎...

シリーズ:日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!

セカンドオピニオンの問題点「自費治療の認識」の欠如◆Vol.152018/1/20

Qセカンドオピニオンを提供する立場として、以下のように感じることはありますか?最近1年でのセカンドオ...

シリーズ:セカンドオピニオン「医師×患者」調査

1期生、留学生含め140人全員の国試合格目指す - 国際医療福祉大学◆Vol.32018/1/20

――順調な滑り出しとのことですが、今後の課題は何だとお考えでしょうか。医学部長の北村聖氏(以下、北村...

シリーズ:医療維新10周年記念

誰もが泥舟から逃げ出そうとしている【連載小説「朔風」第128回】2018/1/19

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「本当に力足らずで、申し訳ありません」電話口で那...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

セカンドオピニオンの提供、6割が難しさ感じる◆Vol.142018/1/18

Q最近1年間で、セカンドオピニオンを患者に提供したことはありますか?最近1年でのセカンドオピニオン提...

シリーズ:セカンドオピニオン「医師×患者」調査

「I'm in love with medicine」と言える学生を期待 - 国際医療福祉大学◆Vol.22018/1/17

――1年生の2学期からは、授業が全て英語とのことです。学生たちはついていけるのでしょうか。医学部長の...

シリーズ:医療維新10周年記念

手を差し伸べてきたのは看護師たちだった【連載小説「朔風」第127回】2018/1/16

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【44】山根、まゆみ、健太朗の三者鳩首会談の後、...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

セカンドオピニオン後の主治医変更、2割が「不快」に◆Vol.132018/1/15

Qセカンドオピニオンの紹介状作成はどの程度負担に感じますか?セカンドオピニオンの紹介状作成の負担度合...

シリーズ:セカンドオピニオン「医師×患者」調査

「診療制限を感じる」日本76.9%、米国70.6%◆Vol.92018/1/14

人口の高齢化に伴い、医療費抑制圧力が高まっているのは、多くの先進諸国に共通する課題だ。米国は患者が加...

シリーズ:日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!

モチベーション高い学生が一番の自慢 - 国際医療福祉大学◆Vol.12018/1/12

2017年4月、2016年の東北医科薬科大学に続き、国際医療福祉大学が医学部を開設した。場所は、国家...

シリーズ:医療維新10周年記念

今夜で最後にするつもりなのだ…【連載小説「朔風」第126回】2018/1/12

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]その夜、健太朗とまゆみは寝た。いつものように周囲...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

東日本大震災の教訓で災害医療体制は進化 - 石井正・東北大学病院総合地域医療教育支援部教授に聞く◆Vol.32018/1/10

――東日本大震災の当時の話に戻りますが、「インターネットも携帯電話もつながらなかったことが、トラウマ...

シリーズ:医療維新10周年記念

心変わり【連載小説「朔風」第125回】2018/1/9

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]人の心は定かならない。あるとき、覗き込むともなく...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

セカンドオピニオンの紹介先、「自分の伝手」は2%◆Vol.122018/1/8

Qセカンドオピニオンの医師の紹介を求められた場合、応じることはできますか?セカンドオピニオンの医師を...

シリーズ:セカンドオピニオン「医師×患者」調査

地域医療から世界トップレベル研究まで - 石井正・東北大学病院総合地域医療教育支援部教授に聞く◆Vol.22018/1/6

――災害医療以外では、いかがでしょうか。先生が教授を務める東北大学病院総合地域医療教育支援部は、さま...

シリーズ:医療維新10周年記念

医師の6割、過去1年でセカンドオピニオンの要望◆Vol.112018/1/6

患者編に続いて、今回からセカンドオピニオンに関する医師の経験、意見を紹介していく。Qここ1年で、主治...

シリーズ:セカンドオピニオン「医師×患者」調査

「作戦会議って言ったのは実は口実なの」【連載小説「朔風」第124回】2018/1/5

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【43】その夜、まゆみと待ち合わせた“ウルワシ”...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

携帯、ネットが使えない“トラウマ”をバネに活動 - 石井正・東北大学病院総合地域医療教育支援部教授に聞く◆Vol.12018/1/3

2011年3月11日の東日本大震災で、甚大な津波の被害を受けたのが宮城県石巻市。被災地の中でも最多の...

シリーズ:医療維新10周年記念

どうせ夏が終わったら帰るんだから【連載小説「朔風」第123回】2018/1/2

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]実際、三人がこうやって鳩首凝議していたのは4月の...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

医師全員加入の医師会で政治に対峙を - 原中勝征・前日医会長に聞く◆Vol.32017/12/30

――2009年頃から民主党政権を支持、その後、日本医師会会長に就任したことについて、改めて今振り返る...

シリーズ:医療維新10周年記念

「市長のお手並み拝見かな」【連載小説「朔風」第122回】2017/12/29

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]金子市長による、大迫院長との“約束の反故”とその...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「日医と県、医師会長の立場、全く違う」 - 原中勝征・前日医会長に聞く◆Vol.22017/12/27

――2010年4月に日本医師会会長に就任、生活は一変したのではないでしょうか。はい。平日は週に1回は...

シリーズ:医療維新10周年記念

全1424件中 101-150件