m3.com トップ > 医療維新

医療維新

大きな転換期を迎えている医療界。新時代を切り開くため、より良き医療につなげるための様々な動きを、m3.com編集部が独自の取材・視点で取り上げていくとともに、当サイト会員の皆様へのアンケートを通じて、臨床の第一線で活躍する医療者の声をお届けします。

記事一覧(最新50件)

NEW研究資金改革、「若手枠の応募、11倍に」末松理事長2017/5/30

国立研究開発法人「日本医療研究開発機構」(AMED)が5月29日に開催したシンポジウムで、理事長の末松誠氏は「AMEDの現在と未来」と題した講演で、AMEDが進める研究資金や情報共有の改革状況を紹介。...

NEW【大学別】医学部合格者数高校別ランキング20172017/5/30

2017/05/30更新サンデー毎日(毎日新聞出版)では、大学の出身高校ランキングを発表している。全82大学、医学部医学科のデータを集計すると、東京大学理科三類・京都大学医学部ともに合格者トップは灘高...

NEWiPS細胞の臨床応用「1日でも早く、できるだけ安く患者に」2017/5/30

京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥氏が5月29日、都内で行われた「AMED(日本医療研究開発機構)シンポジウム2017」で「iPS細胞がひらく新しい医学」と題して招待講演し、「1日でも早く、できる...

NEWがんゲノム医療の「中核拠点病院」、7カ所程度指定へ2017/5/30

厚生労働省の「がんゲノム医療推進コンソーシアム懇談会」(座長:間野博行・国立がん研究センター研究所長)は5月29日の第4回会議で、がんゲノム医療提供の要となる「がんゲノム医療中核拠点病院(仮称)」(中...

NEW艶然と揺れていた瞳【連載小説「朔風」第61回】  2017/5/30

[連載第1回はこちら]【23】ようやっとのこと8人分の調査票を書き上げ、事務の窓口に預けはしたものの、健太朗の心は落ち着かなかった。大島結美がどういうつもりで『ウルワシ』まで行って、「ちょっと遅れる」...

NEW日病新会長に相澤孝夫副会長、社員総会・理事会で決定2017/5/29

日本病院会は5月27日に社員総会と理事会を開催し、新会長に相澤孝夫会長代行副会長を選出した。会長代行副会長には業務執行副会長の末永裕之氏と、常任理事の万代恭嗣氏をそれぞれ選出した。相澤新会長は「病院医...

NEW会見直前、突然の新聞報道、群大腹腔鏡事故-田村遵一・群大病院長に聞く◆Vol.12017/5/29

2014年11月の新聞報道で明るみに出た、群馬大学医学部附属病院で腹腔鏡手術を受けた患者8人が死亡した問題。外部委員を入れた大学病院主体の調査が進んでいた最中での、突然の新聞報道だった。大きくメディア...

NEWDPC、簡素化の方向制を評価、日病協2017/5/29

日本病院団体協議会の原澤茂議長(全国公私病院連盟常務理事)は5月26日の記者会見で、5月24日に開催された中央社会保険医療協議会DPC評価分科会で提示された2018年度診療報酬改定に向けたDPC制度検...

NEW「第二の犠牲者を防げ!」、大磯・浜松医大教授2017/5/28

第15回日本臨床医学リスクマネジメント学会学術集会が都内で5月28日に開催され、浜松医科大学医学部医療法学教授の大磯義一郎氏が教育講演し、医療事故の当事者が「セカンド・ビクティム(第二の犠牲者)」にな...

NEW「国試で座学」、臨床のブランクにならず◆Vol.32017/5/28

司会:国試をめぐっては、「臨床実習が充実しても、卒業試験、国試対策で中断されてしまう」といった指摘もあります。「臨床実習後OSCE」(post-CCOSCE;postclinicalclerkship...

NEW上肢の全廃、「心的要因も」病院側が反論-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.22017/5/28

2010年に静岡赤十字病院において、左前腕に点滴ルート確保のために左腕に末梢静脈留置針の穿刺を受けた女性(当時34歳)が、技量のない看護師が十分な注意を払わなかったことが原因などとして、その結果、複合...

NEW職場でのストレス要因「仕事ができない部下、話が通じない上司や同僚」2017/5/28

m3.com意識調査「職場でのストレス、感じている?」において、職場でどの程度ストレスを感じているか、またそのストレスの要因などについて質問したところ、普段から職場でストレスを「かなり感じている」また...

「当直やオンコール体制」がトップ2017/5/27

社会全体で働き方改革が大きなテーマとなる中、医師会や病院団体が個別に「働き方改革検討委員会」といった組織を団体内に設置し、医師の働き方改革について検討する動きが出てきている。これらの組織で検討してほし...

「大学病院への過度な不信感に基づく誤解」2017/5/26

全国医学部長病院長会議は5月26日に記者会見を開き、全国市長会の「国民不在の新専門医制度に対する緊急要望」に対する反論を、同25日に塩崎恭久厚労相に提出したことを公表した。反論は、卒後2年の臨床研修を...

内科専門医、基幹施設8割以上は市中病院2017/5/26

日本内科学会は5月25日、厚生労働省の「今後の医師養成の在り方と地域医療に関する検討会」(座長:遠藤久夫・国立社会保障・人口問題研究所所長)の第2回会議で、「新しい内科専門医制度制度移行に向けた特徴的...

診療・介護報酬同時改定、「国民負担の抑制」を2017/5/26

財務省の財政制度等審議会(会長:榊原定征・経団連会長)は5月25日、『「経済・財政再生計画」の着実な実施に向けた建議』をまとめ、麻生太郎財務大臣に提出した。総論では2020年度のプライマリーバランス黒...

原価計算方式、「イノベーション評価には不適当」、製薬協2017/5/26

日本製薬工業協会会長の畑中好彦氏(アステラス製薬社長)は5月25日、定例の記者会見で、中医協で議論が進む薬価算定方式に関連して、原価計算方式は「コストを積み上げていく考え方は、本当の意味でのイノベーシ...

どこがどうとは分からぬが、非常にマズい展開だった【連載小説「朔風」第60回】2017/5/26

[連載第1回はこちら]吉川まゆみは、いったい何が言いたいのだろう?彼女が大迫院長と気持ちを一つにしてバトラー病院の変革に乗り出しているのは分かる。そして、その仲間に自分を引き入れようとしているのも分か...

新整備指針の「4つの対応方針」、厚労省検討会が了承2017/5/25

厚生労働省は5月25日、「今後の医師養成の在り方と地域医療に関する検討会」(座長:遠藤久夫・国立社会保障・人口問題研究所所長)の第2回会議を開催、専門医の取得は義務化しないことを明記するなど、日本専門...

医療情報の利活用と保護、両立が肝要 - 山本隆一・医療情報システム開発センター理事長に聞く◆Vol.12017/5/25

医療情報の取り扱いを厳格化する改正個人情報保護法が5月30日に施行される一方で、医療情報を利活用するための次世代医療基盤法が4月28日に成立した。この二つの法によって、医療や医学研究の現場はどう変わる...

医師ら220人以上、「煙害死」を防げ! 2017/5/24

がん患者、医療者など、220人以上が発起人となり、「たばこ煙害死なくそう。受動喫煙のない国に」とのスローガンを掲げ、その実現に向けて5月24日、厚生労働省で記者会見した。受動喫煙防止策を盛り込んだ健康...

後発品シェア80%、「2020年9月」と明言、塩崎厚労相2017/5/24

塩崎恭久厚労相は5月23日の経済財政諮問会議で、「薬価制度等の抜本的見直し・国保制度のインセンティブ改革」として、2020年9月までに後発医薬品シェア80%を目標とする方針を示したほか、費用対効果評価...

「初診から可能」「SNSやメールで」遠隔診療の明確化を2017/5/23

政府の規制改革推進会議(議長:政策研究大学院大教授・大田弘子氏)は5月23日、2017年度の「規制改革推進に関する第1次答申~明日への扉を開く~」を公表した。医療分野では、遠隔診療の位置づけを明確にす...

「それですよ、わたしたちが先生を信頼できるのは」【連載小説「朔風」第59回】2017/5/23

[連載第1回はこちら]「院長先生から聞きましたが、杉谷先生がうちの病院に来たがっているというのは本当ですか?」「ああ、もうお耳に入りましたか。地獄耳だな」言いながら、健太朗はなぜか吉川まゆみを直視でき...

“技量ない”看護師の穿刺でCRPS発症か - 静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.12017/5/23

2010年に静岡赤十字病院において、点滴ルート確保のために左腕に末梢静脈留置針の穿刺を受けた女性(当時34歳)が、技量のない看護師が十分な注意を払わなかったことなどが原因で、複合性局所疼痛症候群(CR...

「国試合格」、確認はネットや海外旅行先で◆Vol.22017/5/22

司会:ところで先週、3月17日(金)は、医師国家試験の合格発表でした(座談会は、3月21日(火)に実施)。皆さん、合格発表はどこでお聞きになったのですか。Eさん(男):自宅で、ネットで見ました。Cさん...

「医師は専門職」という自覚が必要- 国光あやの・元厚労官僚に聞く◆Vol.32017/5/21

――では先ほどもお伺いしましたが、国会議員になった場合、どんな活動を予定されているのか、改めてお聞きできますか。小選挙区からの選出なので、地元と中央、両方を見据えることが求められると思います。衆議院小...

「(御)侍史」「(御)机下」50%超が高頻度で使用2017/5/20

m3.com意識調査「「御机下」「御侍史」使うべき?」において、「御侍史」「御机下」という言葉の利用頻度について質問したところ、製薬企業などから「ほぼ使われている」と答えた医師会員は全体の53.3%、...

医師からの業務移譲、夢物語にあらず - 渋谷健司・厚労省ビジョン検討会座長に聞く◆Vol.32017/5/20

――報告書について、幾つか各論をお聞きします。「ビジョンの方向性」を打ち出し、それぞれについて「具体的アクション」を提示しています。例えば、タスク・シフティング、タスク・シェアリングを掲げ、診療看護師...

病医院のセキュリティチェック、半数超が「すべき」2017/5/20

5月9日に、東京医科歯科大学歯学部附属病院で歯科医師が日本医科大学の学生に刺される事件が発生。患者の他、多くの人が出入りする病医院の防犯対策には困難が伴うなか、m3.com意識調査で勤務先での防犯対策...

「村上智彦先生が遺したもの」2017/5/19

医療法人社団ささえる医療研究所(北海道岩見沢市)理事長を務めていた村上智彦先生が2017年5月11日午前4時8分、北海道大学病院にて、白血病で闘病の末、享年56歳で逝去しました。私は、同研究所「ささえ...

謎は謎のまま、話を院長に繋いだ【連載小説「朔風」第58回】2017/5/19

[連載第1回はこちら]ハッキリ言って飯島には何と答えていいか、判らなかった。杉谷が何をとち狂ったのか、バトラー病院に来たいといい出した。その理由が本当のところ明瞭に掴めなかったし、安易に彼を歓迎して、...

入院医療と食事療養の給付に係る調査項目決定2017/5/18

中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭東京大学大学院法学政治学研究科教授)は5月17日、2017年度の「入院医療等の調査」と「入院時の食事療養の給付に係る調査」の調査項目とスケジュールを了承した。...

地域包括ケア病棟、「大病院の届出、本来の趣旨にあらず」2017/5/18

中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は5月17日、2018年度診療報酬改定に向けて、「入院医療(その4)」として、地域包括ケア病棟入院料・入院医療管理料と回...

東京都医師会、「都独自の受動喫煙防止策を作る」2017/5/18

東京都医師会の尾崎治夫会長は5月17日の定例記者会見で、厚生労働省が進める受動喫煙防止対策が進まない場合、「東京都で作らないといけないと考えている」と話し、条例制定に向け、主体的に取り組む考えを示した...

第3期がん対策、重点分野は指定せず2017/5/18

厚生労働省のがん対策推進協議会(会長:門田守人・地方独立行政法人堺市立病院機構理事長)は5月17日の会議で、「第3期がん対策推進計画」素案について、たばこに関する記述を除いて議論、全体目標のスローガン...

「米国価格、適切な参照リストなし」、中川日医副会長2017/5/18

中央社会保険医療協議会の薬価専門部会(部会長:中村洋・慶応義塾大学大学院経営管理研究科教授)は5月17日、2018年度の「薬価制度の抜本改革」に向け、4つの関係団体へのヒアリングを実施した。抜本改革で...

先発品と後発品の「差額」徴収、反対が多数2017/5/18

厚生労働省の社会保障審議会医療保険部会(部会長:遠藤久夫・国立社会保障・人口問題研究所所長)は5月17日、「先発医薬品価格のうち、後発医薬品に係る保険給付額を超える部分の負担」の在り方について議論した...

「優秀な医師のニーズある」若手女医へのメッセージ、男性医師編◆Vol.15-22017/5/17

[連載第1回はこちら]Q女性の若手医師、医学部生、医学部志望学生などへメッセージがあれば、ご記入ください。■男性医師・しんどくても頑張る決意が必要です。・健康で働いてほしい。・自身の休職で他の医師にし...

「重大な事実誤認、看過できず」、国立大学医学部長会議2017/5/17

国立大学医学部長会議は5月17日、記者会見を開き、全国市長会の4月12日の「国民不在の新専門医制度を危惧し、拙速に進めることに反対する緊急要望」に対して、「聞くべき主張もあるものの、我々国立大学医学部...

新薬8成分18品目を薬価収載2017/5/17

中央社会保健医療協議会総会(会長:田辺国昭東京大学大学院法学政治学研究科教授)は5月17日、新薬の薬価を承認した。成分数が8(内用薬5、注射薬2、外用薬1)、品目数が18(内用薬14、注射薬3、外用薬...

新卒職員「自分の頭で考えない」が最多2017/5/16

m3.com意識調査で「新卒とのコミュニケーション、気を付けていることは?」において、新人とのコミュニケーションについてm3.com会員に伺ったところ、全体では「新卒が入ってきた」との回答は50.1%...

「学生時代に配偶者を」若手女医へのメッセージ、女性医師編◆Vol.15-12017/5/16

[連載第1回はこちら]Q女性の若手医師、医学部生、医学部志望学生などへメッセージがあれば、ご記入ください。■女性医師・学生時代に体力を付け、仲間を増やしておくこと。仲間は将来コンサルタントできる貴重な...

個人情報保護、新制度で安心の一方、懸念も2017/5/16

日本医師会は5月13日に「各国におけるヘルスデータベースの現状と課題に関する国際会議-セキュリティ・個人情報保護・データ利活用-」を開催し、セキュリティや個人情報保護、データ利活用について議論を行った...

「おまえ、すごい美人と付き合っているんだって?」【連載小説「朔風」第57回】 2017/5/16

[連載第1回はこちら]「健太朗、おまえ、すごい美人と付き合っているんだって?」「えっ?何だい、それ?」「いや、『ウルワシ』の明美ちゃんにご注進されたんだけどさ、この間すごい美人を店に連れてきたそうじゃ...

もし中学生なら? 半数が成りたい職業に「医師」2017/5/15

Qもし中学生なら、「将来なりたい職業」は?ソニー生命保険が4月25日に発表した「中高生が思い描く将来についての意識調査2017」における、男女中学生の10位までに挙がった職業を選択肢として設定。回答総...

「男性、特に非婚医師へのしわ寄せ顕著」「給与面で『大幅な』差を」◆Vol.14-32017/5/15

[連載第1回はこちら]Q21:女性医師の置かれている現状に対するご意見やご自身が抱えている悩みなどがあればご記入ください。■男性医師・自分のことで精いっぱい。・臨時休業等に対する体制的サポートがなけれ...

「一体どうなっているの?」、総合診療専門医めぐり議論2017/5/15

高松市で開かれた第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会の5月14日のシンポジウム「一体どうなっているの?総合診療専門医制度」で、同学会副理長の草場鉄周氏は「まだ正式決定には至っていないが、煮詰まっ...

海外での研究経験、半数強が肯定的2017/5/15

文部科学省が4月24日、「若手研究者海外挑戦プログラム」の実施など、基礎科学力の強化のために若手研究者が活躍できる環境の整備についての施策を打ち出した。これに関連して行ったm3.com意識調査では、開...

初期研修先、「私たちが選んだ理由」◆Vol.1 2017/5/15

今年も、約8500人の医師が誕生、この4月から医師人生の第一歩を踏み出した。医学が急速な進歩を遂げ、一方で超高齢社会を迎え、医学教育、医師養成の在り方が大きな変革期にある中、当事者である若手医師たちは...