m3.com トップ > 医療維新

医療維新

大きな転換期を迎えている医療界。新時代を切り開くため、より良き医療につなげるための様々な動きを、m3.com編集部が独自の取材・視点で取り上げていくとともに、当サイト会員の皆様へのアンケートを通じて、臨床の第一線で活躍する医療者の声をお届けします。

記事一覧(最新50件)

NEW「かかりつけ医研修、2017年度から一部見直し」、鈴木常任理事2017/3/27

日本医師会常任理事の鈴木邦彦氏は、3月26日の第139回日医臨時代議員会で、「かかりつけ医機能には、医学的機能と、社会的機能がある」と指摘、2017年度から「地域包括診療加算・地域包括診療料に係るかか...

NEW「受診時定額負担、かかりつけ医普及に水差す」、松本常任理事2017/3/27

日本医師会常任理事の松本吉郎氏は、3月26日の第139回日医臨時代議員会で、かかりつけ医以外を受診した場合の「受診時定額負担」について、「導入されれば、かかりつけ医の普及に水を差すことになり、今後の医...

NEW「最高の医療を提供」との表現はNG、松原副会長2017/3/27

日本医師会副会長の松原謙二氏は、今国会に提出された医療法改正法案で、医療機関のホームページも規制対象となったとし、「ホームページでも虚偽、誇大など、不適切な表現をする場合には、規制の対象になった」と説...

NEW「物から人に財源移転を」、横倉会長2017/3/27

日本医師会会長の横倉義武氏は3月26日の第139回日医臨時代議員会で、2018年度診療報酬改定に向けて、「物から人への財源調整、アベノミクスの成果を社会保障の財源に使う」ことを求めていく方針を表明、6...

NEWJMATコーディネーター機能強化、中川副会長2017/3/26

日本医師会副会長の中川俊男氏は、3月26日の第139回日本医師会臨時代議員会で、JMATについて、2017年度から、都道府県医師会の役職員を対象としたJMATコーディネーター研修を実施するほか、都道府...

NEW遠隔診療やAI、「対面診療の補完にすぎず」、中川副会長2017/3/26

日本医師会副会長の中川俊男氏は、3月26日の第139回日本医師会臨時代議員会で、ICTを活用し、日常診療を進化させていくことには否定はしないものの、「遠隔診療のツールであるICTやAI(人工知能)は、...

NEW「医師需給分科会、早急に再開を」、横倉会長2017/3/26

日本医師会会長の横倉義武氏は、3月26日の第139回日本医師会臨時代議員会で、医師の偏在対策は喫緊の課題であるものの、新専門医制度だけで解決できるものではないと指摘し、現在は議論がストップしている厚生...

NEW「かかりつけ医の普及と定着、日医の最大課題」、横倉会長2017/3/26

日本医師会の横倉義武会長は3月26日の第139回日医臨時代議員会の冒頭挨拶で、かかりつけ医機能の評価を高め、普及と定着を図っていくことが、「日医を挙げて取り組むべき、最大の課題」として、2018年度の...

NEW社会医学系専門医、2017年度からスタート2017/3/25

一般社団法人社会医学系専門医協会は3月25日、記者会見を開き、2017年度から開始する「社会医学系専門医制度」について説明、「条件付き認定」を含め、48の研修プログラムを認定し、経過措置として認定する...

NEW仕事とプライベート「半々を希望」が女医の3割◆Vol.52017/3/25

[連載第1回はこちら]Q仕事とプライベートにかける時間について、理想と現実の比率を教えてください。※例えば、仕事が80%の場合は、「8:2」をお選びください。仕事が80%の場合は、「8:2」仕事とプラ...

NEW昼休み「15分未満」、外科系が最多2017/3/25

m3.com意識調査『お昼休みある?ランチ、食べている?』において、お昼休憩の実態について伺ったところ、「ほぼ毎日休憩が取れている」との回答は全体の68.7%で、「全く取れていない」は全体の7.9%だ...

NEW京都府立医大新学長に竹中・元大阪医科大学長2017/3/25

京都府立医科大学は3月25日、学長選考会議を開催し、2017年4月1日から就任する新学長に一般社団法人医学・医療システム研究室代表理事で、大阪医科大学学長などを歴任した竹中洋氏を選考した。学長選考会議...

NEW日病協、2018年度改定への要望書案を策定2017/3/25

日本病院団体協議会・代表者会議が3月24日に開催され、2017年度から議長に就任する同会議副議長の原澤茂氏(全国公私病院連盟常務理事)は会議後の会見で、2018年度診療報酬改定に向けた厚生労働省への要...

NEW“ハイスペック”職員が医師をサポート - 坂根みち子・坂根Mクリニック院長◆Vol.2 2017/3/25

――先生の診療所の運営体制をもう少し詳しく教えてください。全員が女性で、スタッフ教育に力を入れておられます。基本方針として、私がいつも言っていることがあります。それは「残業は極力しない。プライベートの...

NEWAI時代こそ、問われる医師の「人間力」2017/3/25

「今後求められるのは、医療に関する知識が豊富で、診療ガイドラインを頭に叩き込む医師ではない。正しい薬を正しい患者の薬袋に入れる薬剤師も要らなくなる。このような仕事は、AI(人工知能)でもできる」こう指...

NEW学生時代の友人との付き合い、5人未満2017/3/25

m3.com意識調査『学生時代の友人との付き合いは?』において、学生時代の友人との現在の関係について伺ったところ、現在も付き合いがある学生時代の友人は、35歳未満では「5~9人」が、それ以外の世代では...

「地域枠」義務違反の病院に罰則を検討、臨床研修部会2017/3/24

厚生労働省の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・東京大学名誉教授)が3月23日に開催された。地域枠で医学部に入学した研修医が指定地域外の病院で初期臨床研修を行う問題に対応するため、...

「恋愛ごっこをするためなんかじゃない」【連載小説「朔風」第42回】2017/3/24

[連載第1回はこちら]「ああら、城戸先生、すっかりお見限り」『ウルワシ』のドアを開けたとたん、中からホステスの明美が嬉しそうに声をかけてきた。「ウソだろう。飯島がいなくなっても、ちゃんとマメに顔を出し...

「医の倫理」こそ、医師の原点 - 横倉義武・日医会長に聞く◆Vol.12017/3/23

「医師の規律」「医の倫理」「社会的共通資本としての医療」――。横倉義武・日本医師会会長が最近の講演でよく使用する言葉だ。日常診療の実践、あるいは臨床研究の不正など最近報道される不祥事を防ぐために、個々...

「想定の範囲内、検察審査会が勝負」2017/3/23

奈良県の山本病院に勤務していた男性医師(当時54歳)が、2010年に奈良県警桜井署での勾留中に死亡、岩手医科大学法医学講座教授の出羽厚二氏が、奈良県警察本部に特別公務員暴行陵虐致死容疑で刑事告発した事...

新専門医制度の「運用細則」、引き続き意見募集2017/3/23

日本専門医機構は3月23日、社員総会を開催したが、予定していた「専門医制度新整備指針」の運用細則は審議事項から外れた。去る3月17日に開催された同機構理事会で運用細則を了承、社員総会に諮り、了承を得た...

啓発パンフレット「禁煙は愛」を作成、日医2017/3/23

日本医師会の今村聡副会長は3月22日の定例記者会見で、禁煙を訴える啓発パンフレット『あなたのため、そばにいる人のため禁煙は愛』を作成したことを報告した。厚生労働省が今国会への提出を目指す受動喫煙防止の...

看取りの問題「意思に反した搬送・救命措置等」2017/3/22

厚生労働省は3月22日、2018年度の診療報酬と介護報酬の同時改定を見据え、「医療と介護の連携に関する意見交換」の第1回会議を開催した。議事進行は、中央社会保険医療協議会会長の田辺国昭・東京大学大学院...

臨床研修「外科と精神科も必修に」、四病協が要望予定2017/3/22

四病院団体協議会は3月22日の総合部会で、2020年度に見直し予定の臨床研修制度について、外科と精神科を必修科目に入れるよう、厚生労働省に対し、要望する方針を決定した。3月中にも提出予定。臨床研修制度...

中堅、内科、皮膚科、麻酔科で女性医師が多め◆Vol.42017/3/22

[連載第1回はこちら]Q先生のご専門の診療科をお選び下さい。単位:人男女ともに約250人ずつの30-49歳の医師を対象とした本調査(医師全体では女性の割合は20%程度※2012年時点)では、男女とも1...

「美談」ではなく、医学的な検証を -「高野病院を支える会」の活動◆Vol.32017/3/21

高野英男前院長の死亡に伴う高野病院(福島県広野町)の危機が全国ニュースになった背景には、若手医師らで作られた「高野病院を支援する会」の活動があった。事務局を務める南相馬市立総合病院の尾崎章彦氏(卒後7...

津山医師のどこか幼児的な行動【連載小説「朔風」第41回】2017/3/21

[連載第1回はこちら]大島結美に言われて気づいたが、たしかに津山医師の吉川(きっかわ)医師への接近は、少々あからさまだった。大した用もないのに内科から外科へやって来るだけでなく、廊下や階段ですれ違うの...

多様な疾患を診る開業医の現実 - 坂根みち子・坂根Mクリニック院長◆Vol.12017/3/20

「医師の働き方改革」は、病院勤務医に限った話ではない。診療所開業医にとっては、自分自身の働き方に加えて、雇用者の立場として職員の労務管理にも目を配り、改善に努めることが求められる。今回紹介するのは、坂...

大学勤務医の満足度、大学院生と助教で低く2017/3/19

全国医学部長病院長会議が実施した「大学病院勤務医のキャリアデベロップメントに関する意識と実態調査」の結果、「仕事のやりがい」や「職場の居心地や雰囲気」などの満足度や、「次世代の教育をする機会」を重要視...

一般用医薬品の通販、賛否分かれる 2017/3/19

m3.com意識調査『インターネット通販、利用している?』において、インターネット通販の利用実態を伺ったところ、インターネット通販の利用率は65歳以上で「頻繁に利用する」が10.8%、50-65歳未満...

女性の労働力は男性の0.8、「悲しかった」 - 大阪赤十字病院・坂本晴子氏◆Vol.52017/3/19

――以上の内容を、坂本先生が1月16日の厚労省の「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」で発表された際、どんな意見や質問などがあったのでしょうか。医師の多様な働き方を認める...

「医学部1、4年生の留年」、定員増以降に増加2017/3/18

全国医学部長病院長会議が実施した「医学生の学力に関するアンケート調査」の結果、2008年度の医学部の入学定員増以降、従来多かった医学部2年生の留年に加え、1年生と4年生の留年も増加している現状が明らか...

受動喫煙対策、「喫煙室設置」で意見分かれる2017/3/18

m3.com意識調査『受動喫煙対策、賛成?反対?』において、検討が進んでいる受動喫煙対策について聞いたところ、医療施設における「敷地内禁煙」についてはどの世代でも80%以上が賛成と回答し、最も賛成割合...

新専門医制、8月から専攻医の募集開始を予定2017/3/18

日本専門医機構は3月17日の理事会で、新専門医制度の基本的ルールを定めた「専門医制度新整備指針」の「運用細則」を了承した。同機構のホームページで広くパブリックコメントを求め、3月23日の同機構社員総会...

ビジョン検討会、最終報告は持ち越し2017/3/17

厚生労働省「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」(座長:渋谷健司・東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室教授)の第14回会議が3月17日に開催され、同日に最終報告が...

36歳外科医が高野病院院長に就任したわけ―中山祐次郎氏に聞く◆Vol.22017/3/17

2016年末、高野英男院長(死亡時81歳)が急逝し、存続の危機に直面した福島県広野町の高野病院。2-3月限定の院長として、赴任したのが36歳の外科医、中山祐次郎氏だ。これまでも「幸せな死のために一刻も...

合格率88.7%、過去10年で最低、2017年医師国試2017/3/17

厚生労働省は3月17日、今年2月に実施した第111回医師国家試験の合格者を発表した(資料は厚労省のホームページ)。新卒と既卒を合わせた全体の合格率は、前年より2.8ポイント低い88.7%で、過去10年...

降圧剤論文不正事件、「無罪判決」の詳報2017/3/17

東京地裁は3月16日、京都府立医科大学での医師主導臨床研究(KHS;KyotoHeartStudy)に関連した論文不正事件について、薬事法(現医薬品医療機器法)違反(虚偽広告)に問われたノバルティスフ...

「ダメですよ。人の恋路を邪魔しちゃ」【連載小説「朔風」第40回】2017/3/17

[連載第1回はこちら]【15】内科に山根医師、外科に吉川(きっかわ)医師、それに2名の男性看護師と、同じく2名の理学療法士……。大迫院長が自ら呼んだかつての部下たちの助力もあって、業務の縮小を余儀なく...

元社員、ノバ社ともに無罪、「改ざんあるも、罪に当たらず」地裁判決2017/3/16

ノバルティスファーマ社の降圧剤(一般名バルサルタン:商品名ディオバン)を巡る京都府立医科大学での医師主導臨床試験の論文データ改ざん事件で、薬事法(現医薬品医療機器法)違反(虚偽広告)に問われた元社員、...

薬価の「中間年」改定、対象品目はどう定義?2017/3/16

中央社会保険医療協議会の薬価専門部会(部会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で、2年に一度の通常改定の「中間年」の薬価改定の対象品目について議論した。「価格乖離」が大きい品目をどう定義...

日医、「厚労省の対応は遺憾」MRワクチン不足問題2017/3/16

日本医師会の釜萢敏常任理事は3月15日の定例記者会見で、MRワクチンの不足が生じている問題で、小児の定期接種(2期)の対象期間を延長するように厚生労働省に要望したが、受け入れられなかったと説明し、「日...

7対1の要件厳格化、診療側と支払側で意見対立2017/3/15

厚生労働省は、3月15日の中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で、2018年度診療報酬改定に向けた入院医療の課題について、(1)一般病棟の入院基本料は、主に...

患者申出療養、「予定症例数」設定は必要か?2017/3/15

中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は3月15日、患者申出療養について、「困難な病気と闘う患者の思いに応える」という制度の趣旨と、「一定のエビデンスの水準を...

レパーサ、最適使用推進GLと留意事項通知2017/3/15

厚生労働省は、家族性高コレステロール血症などの適応を持つ、レパーサ皮下注(一般名:エボロクマブ)について、一定の能力を要する医師の所属施設で投与開始するなどの要件を定めた、留意事項通知を4月1日付けで...

赤字のロボット手術「2018年度改定で適正評価を」2017/3/14

外科系学会社会保険委員会連合(外保連)会長の岩中督氏は、3月14日の記者懇談会で、2018年度診療報酬改定について、手術支援ロボット「ダビンチ」に代表される低侵襲かつ有用であっても、医療機器が高額で採...

「エビデンスと診療のギャップ」、NDB等で解明2017/3/14

「経口ステロイド薬を3カ月使用中または使用予定の患者が、『ステロイド性骨粗鬆症の管理と治療のガイドライン』に準拠して、骨粗鬆症についての治療や一般的指導、経過観察を受けているのは23.3%」「抗精神病...

「ドクターだけの飲みと思ったんだけど」【連載小説「朔風」第39回】2017/3/14

[連載第1回はこちら]気胸の高校生は吉川(きっかわ)医師の的確な手技で事なきを得た。患者は胸部エックス線の所見で肺虚脱をきたしていて、陽圧換気が必要だったが、吉川は躊躇なく胸腔ドレナージを選択。第2肋...

「治療と就労の両立支援マニュアル」発刊、労働者健康安全機構2017/3/13

独立行政法人・労働者健康安全機構はこのほど、4疾病ごとの「労働者に対する治療と就労の両立支援マニュアル」を発刊した。臨床現場で使えるよう豊富な事例が取り上げられており、有賀徹理事長は「両立支援は全ての...

「立ち去り型サボタージュ」回避の方策を - 大阪赤十字病院・坂本晴子氏◆Vol.42017/3/13

――「小児科・新生児科における医師確保の取り組みと問題点」もまとめられています。医師の働き方改革への提案(提供:坂本氏)医師の働き方改革は、個々の病院単位ではなく、地域、大学や学会、さらには国など、さ...