m3.com トップ > 医療維新

医療維新

大きな転換期を迎えている医療界。新時代を切り開くため、より良き医療につなげるための様々な動きを、m3.com編集部が独自の取材・視点で取り上げていくとともに、当サイト会員の皆様へのアンケートを通じて、臨床の第一線で活躍する医療者の声をお届けします。

記事一覧(最新50件)

NEW「2つの類型、調整会議活性化の起爆剤」中川日医副会長2019/6/24

日本医師会副会長の中川俊男氏は、6月23日の第145回日医定例代議員会で、地域医療構想について、公立・公的医療機関等に対する「役割の代替可能性がある」、「再編統合の必要性について特に議論する必要がある...

NEW「都道府県別診療報酬、断固阻止」、中川日医副会長2019/6/24

法改正をして、仮に地域別診療報酬が導入されたとすれば、その当該県の医療の質は低下すると思う。住民の安全、安心が脅かされることは間違いない――。日本医師会副会長の中川俊男氏は、6月23日の第145回日医...

NEW「保険者協議会、都道府県医師会が正式参画を」、江澤日医常任理事2019/6/24

日本医師会常任理事の江澤和彦氏は、6月23日の第145回日医定例代議員会で、2018年4月の「保険者協議会設置要綱」で医師会の参加が明確化されたことから、「ぜひ全ての都道府県医師会に保険者協議会の正式...

NEW専攻医シーリングの協議会、早ければ7月にも2019/6/24

日本専門医機構理事長の寺本民生氏は6月24日の記者会見で、専攻医のシーリング(専攻医の募集定員の上限)に協議会について、早ければ7月にも設置する見通しであることを説明した。寺本氏は、「2018年度の3...

NEW「責任追及は、“事故調”の根幹揺るがす」城守日医常任理事2019/6/23

日本医師会常任理事の城守国斗氏は、6月23日に開催された第145回日医定例代議員会で、医療事故調査制度について、「医療事故の原因究明と再発防止を目的とするこの制度では、責任追及的な調査結果がまとめられ...

NEW「給付と負担、国民的合意形成の場が必要」横倉日医会長2019/6/23

日本医師会会長の横倉義武氏は、6月23日に開催された第145回日医定例代議員会の会長挨拶で、「令和の時代における医療の大命題は、人生100年時代を迎える中で、いかに明るい健康社会を作り上げていくかにあ...

NEW医師、薬剤師は「紙のお薬手帳」を支持2019/6/23

6月12日の中央社会保険医療協議会総会でスマートフォンのアプリなどを使った「電子版お薬手帳」が話題に上り、診療側委員の一人が「患者が保存するにはいいのかもしれないが、医療機関にとっては厄介な存在」だと...

NEW診療科偏在「『女性差別で解決』は最悪の手段」、不正入試問題シンポジウム2019/6/23

医学部入試における女性差別対策弁護団は6月22日、東京都内でシンポジウム「ジェンダー平等こそ私たちの未来―医学部入試差別から考える―」を開催した。問題の背景にある医師を取り巻く過酷な労働環境や、日本に...

NEW医師本人と上司、双方への指導がカギ - 中嶋義文・三井記念病院精神科部長に聞く◆Vol.22019/6/23

――産業保健では、集団的・多面的アプローチが必要とのことです。各者の意識改革が進めば、産業保健を含め、働き方改革に向けた具体的行動につながると思うのですが、その最初の動機付けはどうすれば可能だとお考え...

NEW学会もTwitterで情報発信する時代に2019/6/23

さて11回目です。今回はSNSとの付き合い方について、産業医から見たイメージについてお話しします。僕の場合、主に使っているのはFacebookですが、最近Twitterも始めました。産業医の仕事を始め...

NEW実効性ある地域枠制度はどうすればいい?2019/6/23

令和になりましたね。その前後の10連休のゴールデンウイーク、皆様はどのように過ごされたでしょうか。もう1ヵ月くらい前のことですので、記憶も薄れている頃でしょうか。当院は年末年始と同じ体制で、5日間ずつ...

NEW「公民、同じ土俵にない根拠」、中川日医副会長が提示2019/6/22

日本医師会副会長の中川俊男氏は、6月21日の厚生労働省「地域医療構想に関するワーキンググループ」(座長:尾形裕也・九州大学名誉教授)の第22回会議で、公立病院への地方交付税の繰り入れ状況などを分析した...

NEW「医療だけに依存しない英国民、平等から公平な医療へ」2019/6/22

昨年10月、1年ぶりの英国の街並みを車中から眺めていた。20年以上の年月を過ごし住み慣れた英国の風景も、日本から久しぶりに戻ると随分と懐かしく感じる。まだ10月なのにもかかわらず外に出れば肌寒く、灰色...

「骨太方針2019」と「成長戦略実行計画」、閣議決定2019/6/21

経済財政諮問会議と未来投資会議は6月21日、合同会議を開催し、「経済財政運営と改革の基本方針2019」(骨太方針2019)と「成長戦略実行計画」を取りまとめ、その後の臨時閣議で閣議決定された。「骨太方...

公立・公的病院の「代替可能性」「再編統合」、検証手順おおむね了承2019/6/21

厚生労働省は6月21日の「地域医療構想に関するワーキンググループ」(座長:尾形裕也・九州大学名誉教授)の第22回会議で、公立・公的医療機関等の「具体的対応方針」を検証するための具体的な手順等の案を提示...

全自病会長、骨太原案は「医療の在り方厳しく設定」2019/6/21

全国自治体病院協議会会長の小熊豊氏は6月20日の定例記者会見で、経済財政諮問会議が6月11日に公表した「経済財政運営と改革の基本方針2019」(骨太方針2019)の原案について「いよいよ厚労省を超えて...

三位一体改革「病院混乱しないよう丁寧に」四病協2019/6/21

四病院団体協議会は6月19日に総合部会を開き、地域医療構想、医師・医療従事者の働き方改革、医師偏在対策のいわゆる「三位一体改革」や新専門医制度、看護補助者に関して議論した。終了後に記者会見した日本病院...

早稲田大・田中総長、「単科医科大学との連携」改めて意欲2019/6/20

早稲田大学総長の田中愛治氏は6月20日、「総長就任後半年の成果と今後の取り組み」をテーマに会見、単科医科大学が、ナノテクノロジーなどの強みを持つ早稲田大と本腰を入れて連携すれば、「日本のどこにもないよ...

女性13人が順天堂大を提訴、不適切入試2019/6/20

順天堂大学医学部入試で性差別を受けたとして、10代から20代の女性13人が同大を運営する学校法人順天堂に対し、損害賠償計4270万1080円の支払いを求め、6月20日に東京地裁に提訴した。1年度の受験...

横倉会長「参院選挙後に厳しい議論」、骨太方針2019に見解2019/6/20

日本医師会の横倉義武会長は6月19日の定例記者会見で、6月11日に「経済財政運営と改革の基本方針2019」(骨太方針2019)の原案で社会保障費の伸びに関する数値目標が示されなかったことに関連して、「...

「社会保障、このままでは持続可能とは言えず」財政審建議2019/6/19

財政制度等審議会(会長:榊原定征・東レ特別顧問)は6月19日、「令和時代の財政のあり方に関する建議」をまとめ、麻生太郎財務大臣に手渡した。社会保障について「このままでは制度が持続可能とは言えない。着実...

医学生による医行為の「法的担保」、早ければ年内結論2019/6/19

厚生労働省の医道審議会医師分科会(会長:中谷晴昭・千葉大学理事・副学長)は6月19日、「シームレスな医師養成に向けた取り組み」に関する議論を開始、同省は(1)共用試験(CBTとOSCE)の公的化につい...

元松坂市長が東京で在宅クリニックを開いた理由-しろひげ在宅診療所院長の山中光茂氏に聞く◆Vol.12019/6/19

東京都江戸川区にあるしろひげ在宅診療所の院長である山中光茂氏は三重県松阪市市長などユニークな経歴を持つ医師だ。山中氏が現在取り組んでいるのは患者と家族に寄り添い、自宅で看取りまで行う在宅医療。その取り...

中津を10万人都市にするには? 高校生が市に政策提言へ2019/6/19

「中津市を10万人都市にするには、どうすればいいだろう」―。こんな難問に高校生たちが取り組む「なかつチャレンジユニバーシティ2019」(大分合同新聞社後援)が、同市で始まった。変化の激しい時代、主体的...

豚まん苦手な柔整師が開発 神戸の新グルメ「豚ぱん」2019/6/19

神戸・県庁前で約40年、はりやカイロプラクティックの治療所「神戸東洋医学センター」を営む冨金原(ふきんばら)伸伍さん(72)が、豚まんならぬ「豚ぱん」を開発し、神戸・元町で販売を始めた。本業のかたわら...

最後の従業員が定年、悩める社長2019/6/19

洋服のタグ製造など国内で7割のシェアを誇る福井の「織ネーム」。ただ、衣料品生産の海外移転などで市場は大幅に縮小している。「1960年代は500社を超えたが、今は50社を切っている。もはや絶滅危惧種だ」...

魯山人が称賛のコーヒーを味わう2019/6/19

書や陶芸など多方面に才能を発揮し、美食家としても名をはせた北大路魯山人が称賛した「ハワイコナコーヒー」を、越前焼のコーヒー器具やカップで楽しむ催しが6月15日、福井県の福井市美術館で開かれた。参加した...

愛した味 さらば 県立前橋高前「うどん屋 せいじ」が15日に閉店2019/6/19

「前高時代、昼休みに抜け出してよくお店に行ったよ」―。群馬県立前橋高の真向かいに位置し、同校生徒にも愛された「うどん屋せいじ」(前橋市西片貝町)が15日に閉店する。ここで店を始めて23年。店主の久世盛...

南海トラフ地震の懸念高まる高知県が目指す「前方展開型の医療救護活動」 ‐高知県災害医療対策室長に聞く◆Vol.12019/6/19

高知県では2005年より、南海トラフ巨大地震などの災害発生時の医療救護活動についてまとめた「高知県災害時医療救護計画」を制定している。本計画が制定された背景や、その骨格となる「前方展開型の医療救護体制...

地域の人が集う多世代交流複合施設「アンダンチ」、全国から人が集まる「木を見て森も見る」仙台のクリニック。挑戦し続ける理由-医療法人モクシン堀田修クリニック院長・堀田修氏に聞く2019/6/19

仙台市荒井地区に2018年7月にオープンした多世代複合施設「アンダンチ」。運営に携わる医療法人モクシン理事長で、堀田修クリニックの堀田修院長に話を聞いた。(2019年3月30日インタビュー)2018年...

専攻医の地域、病院規模別分布も分析可能 - 横山彰仁・日本内科学会専門医制度審議会会長に聞く◆Vol.22019/6/19

――「J-OSLER」は、その他、どんな活用の仕方が考えられるのでしょうか。個々の専攻医の研修での活用だけでなく、「J-OSLER」の登録データを用いて、研修の修了条件が妥当かなど、内科の専門研修プロ...

日医、「新職種の創設反対」を強調2019/6/18

厚生労働省は6月17日、「医師の働き方改革を進めるためのタスク・シフティングに関するヒアリング」の第1回を開催し、業務を移管する側の医師と、移管される他職種それぞれの団体から意見を聞いた。タスク・シフ...

地元公立病院と二人三脚で地域医療に取り組む大学研究所ー金沢医科大学能登北部地域医療研究所所長・中橋毅氏◆Vol.12019/6/18

能登北部(石川県穴水町など)の高齢化は、10年近く前にはすでに「日本全体の40年先を行くほど激しい」といわれた。その対策のために2010年、現地に作られたのが金沢医科大学能登北部地域医療研究所だ。設立...

より安全で迅速な救急医療を実現すべく「救急タグカード」を考案-大阪大学医学部附属病院高度救命救急センター酒井智彦氏に聞く◆Vol.12019/6/18

より安全で迅速な治療のためには、既往歴や使用中の薬、アレルギー歴などの救急医療情報はできる限り把握しておきたい情報だ。しかし救急の現場において、患者が搬送されてくる時に必ずしもその情報が入手できるとは...

エベレスト登頂を実現した医師から伝えたい、山岳医療の在り方と遭難の現状―国際山岳医・大城和恵氏に聞く◆Vol.12019/6/18

日本初のUIAA/ICAR/ISMM認定英国国際山岳医であり、国内で山岳医療普及活動を続ける大城和恵氏。2013年世界最高齢でエベレスト登頂を成功させた三浦雄一郎氏のチームドクターであり、2018年に...

長崎県は離島やへき地で生活圏が分断、県全体会を早期に開始して地域の実情に合った機能分化連携を目指す-長崎県医療政策課に聞く◆Vol.12019/6/18

長崎県は全国一島の数が多く、内陸も込み入った地形で行き来が難しいという問題を抱えている。そうした中、2016年11月に長崎県地域医療構想を策定し、県全体としての調整会議も早期に開始して、病床機能の分化...

義肢装具領域の開発、研究、普及への尽力により飯田賞を受賞-佐賀大学医学部附属病院リハビリテーション科診察教授・浅見豊子氏に聞く◆Vol.12019/6/18

2018年11月、佐賀大学医学部附属病院リハビリテーション科の浅見豊子診療教授が、一般社団法人日本義肢装具学会の飯田賞本賞を受賞した。この賞の歴史やリハビリテーション医療について、浅見豊子診療教授に話...

院内に自然豊かな美しい庭園を設置―医療法人樹心会角田病院院長・角田祥之氏に聞く◆Vol.12019/6/18

群馬・栃木・埼玉の都市部に囲まれた、自然豊かな群馬県佐波郡玉村町。かつては日光例幣使街道の宿場町として栄えた、歴史ある街でもある。その玉村町で唯一の病院として、地域の医療を全面的に支えているのが、「医...

全国初の「飲酒量低減外来」を開設した狙いと背景は―筑波大学地域総合診療医学准教授の吉本尚氏に聞く◆Vol.12019/6/18

2019年1月17日、北茨城市民病院附属家庭医療センター(北茨城市中郷町)に飲酒の悩みに対応する「飲酒量低減外来」が開設された。立ち上げを主導したのは筑波大学地域総合診療医学の准教授であり、以前から同...

熊本市に医師の約6割が集中、「熊本県地域医療連携ネットワーク構想」を策定し医師偏在解消を目指す-熊本県医療政策課に聞く◆Vol.12019/6/18

熊本県は2019年2月に公表された医師偏在指標では「医師多数区域」に位置付けられたが、医師の約6割が熊本市に集中しており、医師偏在という大きな問題を抱えている。その解決のために県と熊本大学、県医師会が...

最新システムを導入した医療モールで、診療科目を横断した医療サービスを実現-岡田眼科院長・岡田栄一氏に聞く◆Vol.12019/6/18

JR港南台駅から徒歩5分というアクセスの良い場所にある岡田眼科(横浜市)。1988年の開業以来、地域の眼科医として親しまれ、現在では1日あたり300人以上もの患者を診療している。院長の岡田栄一氏は、横...

「小児科ゼロ」でも安心して子育てできる町-横瀬町役場の大畑忠雄氏(子育て支援課副課長)、原恵子氏(健康づくり課/保健師)に聞く◆Vol.12019/6/18

横瀬町役場子育て支援課の大畑副課長。掲げているのは県内初の「彩の国いち押しの取組事例」最優秀賞のトロフィー。秩父市の隣に位置し、約8300人が住む「横瀬町」。小児科を標榜する病院のないこの町が、小児医...

体操教室の参加者が年間1万人、これをきっかけに病院へ足を運んでもらいたい-福岡和白病院のキーマン2人に聞く ◆Vol.12019/6/18

福岡市にある福岡和白病院は、患者や地域住民を対象に体操教室を毎週実施している。院外で実施している体操教室も含めると年間で延べ約1万人が参加し、病院が苦手な方が通院するきっかけ作りや、診療の待ち時間対策...

「ちょっとしたトラブル」を取り除くことが、女性のライフスタイルの大きな支えになる―藤東クリニック院長藤東淳也氏に聞く◆Vol.22019/6/18

女性の社会進出が進展し、働きながら子どもを産み、育てることが当たり前となった現代。女性のライフスタイルの変化に合わせ、産婦人科医の果たす役割も大きく変わりつつある。広島のベットタウン、安芸郡府中町で唯...

平均入院日数が19日も短縮された攻めのリハビリとは―京都第二赤十字病院心臓血管外科部長の平松健司氏とリハビリテーション科の理学療法士に聞く◆Vol.22019/6/18

心臓血管外科とリハビリテーション科が連携することで、超高齢患者でも早く退院できるようになっている現状を、京都第二赤十字病院心臓血管外科部長の平松健司氏とリハビリテーション科の理学療法士の草木喜尚氏、野...

糞便移植の課題は、ドナー選定の難しさ―藤田医科大学医学部消化管内科学 主任教授・大宮直木氏に聞く◆Vol.22019/6/18

健康な人の便に含まれている腸内微生物叢を患者に移植するという、一風変わった治療法である「糞便移植」。前回記事では、臨床研究を行っている藤田医科大学医学部消化管内科学の主任教授・大宮直木氏に研究の内容や...

眼科医療における終末期「医療だけでは補完できない」-公益社団法人ネクストビジョン理事・三宅琢氏に聞く◆Vol.22019/6/18

視覚障害者の生活をさまざまなテクノロジーを使って支援する「VisionPark(ビジョンパーク)」。IT技術もまた、彼らの生活を大きく変える武器になるという。この施設でiPadを使った支援も積極的に進...

千葉県南房総市初の廃校を再活用した「七浦プロジェクト」の現状と今後の展望-七浦診療所院長、田中かつら氏に聞く◆Vol.22019/6/18

千葉県南房総市千倉町大川で、2017年、旧小学校を拠点とし医療を軸に地域住民の暮らしを支える取り組みとして始まった「七浦プロジェクト」。始動後のプロジェクトの進行状況と今後の展望について、七浦診療所の...

在宅医療を医師ですらまだ十分には理解していない-やまおか在宅クリニック・山岡憲夫氏に聞く◆Vol.22019/6/18

大分市中心部で在宅医療・緩和ケアの専門クリニックを運営するやまおか在宅クリニックの山岡憲夫氏に、クリニックの運営体制や患者数、在宅医療でできること、1日のスケジュール、ITツールの活用などについて聞い...

新病院になって紹介率・逆紹介率ともに増加―足利赤十字病院の小松本悟氏に聞く◆Vol.22019/6/18

足利赤十字病院は「地域に密着し、開かれた病院」を目指している。地域に向けた院内イベント「ハートクロスフェスタ」、さらには地域医療との連携も積極的に推進する。今回のインタビューでは、院長の小松本悟氏に地...