m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>食後血糖、旧来の考え方強し

食後血糖、旧来の考え方強し

「2時間後」は半数で優勢、「1時間後」は3割弱

2012年6月6日 星良孝(m3.com編集部)


食後高血糖を1時間後に測るか、2時間後に測るか。食後血糖値を下げる薬剤の登場で関心が高まっている。投票の結果は、「2時間後」の意見が優勢となった。「HbA1cが基本」と説明するNTT東日本札幌病院の吉岡成人氏。臨床賛否両論「食後血糖値、1時間後か2時間後か?」で医師を対象に、食後血糖値の測定は1時間後か、あるいは2時間後に行うかを聞いたところ、2時間後に測定すると回答した医師が半数を占めて、1時間後に測定する考え方よりも優勢であることが分かった。医師の回答数は1209人(調査期間は2011年5月...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。