m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>「やはりDESが主流になる」

「やはりDESが主流になる」

急性冠症候群、BMSかDESか◆Vol.3

2012年10月1日 星良孝(m3.com編集部)


DES天理よろづ相談所病院・中川義久氏BMS日本大学・高山忠輝氏第60回日本心臓病学会学術集会コントロバシーより対抗する意見を連載DES急性冠症候群DESためらわずBMS急性冠症候群まずはBMSでDES「やはりDESが主流になる」BMS「DESは時期尚早」論点整理薬剤溶出か、ベアメタルか投票結果(10月12日以降公開予定)急性冠症候群(ACS)の治療選択肢として薬剤溶出ステント(DES)とベアメタルステント(BMS)のどちらを優先するか。BMSを優先する立場の日本大学循環器内科助教の高山忠輝氏は...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。