m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>女子大生の患者、自殺の衝撃

女子大生の患者、自殺の衝撃

救命救急医師が語る、人生を変えた日──Vol.1(失敗の研究)

2012年10月3日 星良孝(m3.com編集部)


「失敗の研究患者自殺」全4回連載Vol.1◆女子大生の患者、自殺の衝撃Vol.2◆女子大生自殺、熱血医の陥穽Vol.3◆女子大生自殺、挫折からの再起Vol.4◆医師の人生、転機は自ら作るVol.5◆自殺リスク評価できぬ責任かつて精神科から救急に道を変えた医師がいる。科を変えた転機は、自ら診ていた女子大生の患者の自殺だった。そこには傾聴すべき教訓が。当時の思いを告白。同じ医師へと語る。上條吉人(かみじょう・よしと)氏北里大学医学部中毒・心身総合救急医学講座特任教授、兼救命救急講座。1959年生まれ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。