m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>腹部大動脈瘤「まず血管内治療」

腹部大動脈瘤「まず血管内治療」

シリーズ「話題のテーマ2」◆Vol.2

2013年4月23日 星良孝(m3.com編集部)


開腹開腹手術を優先血管血管内治療を優先テーマ腹部大動脈瘤「まず血管内治療」投票結果腹部大動脈瘤「開腹」は少数派「話題のテーマ2」のとして、臨床テーマの論点を見ていく。対抗する考え方、どちらとも言えないという見方がある。2回目は「腹部大動脈瘤(AAA)の手術」を考える。未破裂の腹部大動脈瘤(AAA)の治療方針が議論の的になっている。従来行われていた開腹手術に加えて、血管内治療が2000年代から広がり、血管内治療をより優先的に考える見方も台頭している。日本でも2006年に腹部大動脈瘤のためのステント...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。