m3.com トップ > 海外ジャーナル > 耳鼻咽喉科疾患

耳鼻咽喉科疾患  海外ジャーナル

イエダニ鼻炎、MP29-02で改善2018/2/20

イエダニによるアレルギー性鼻炎患者28例を対象に4週間の二重盲検プラセボ比較試験を実施し、MP29-...

ソース:Allergy  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患アレルギー疾患

インスリン抵抗性が嗅覚障害と関連2018/2/19

米国の高齢者978例のデータを用いて嗅覚障害と糖尿病関連バイオマーカーとの関連を検討した。193例(...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患内分泌・代謝疾患

扁摘後再出血は経過観察と手術で差なし2018/2/9

扁桃摘出術後に非活動性出血を呈した18歳以下の小児患者224例を対象に、入院経過観察と手術介入による...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患

前部鼻出血で費用効率良好なフロシール2018/2/8

カナダで前部鼻出血管理のための局所止血剤フロシールと鼻内パッキングの費用効果を、マルコフモデルを用い...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患

OSA研究論文、増加も質改善せず2018/2/7

2006、2011、2016年に睡眠科および耳鼻咽喉科の主要雑誌4誌に発表された閉塞性睡眠時無呼吸(...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患呼吸器疾患

45歳以上の視聴覚障害合併が認知障害と関連2018/2/7

2011-15年の米国コミュニティー調査(ACS)に登録された45歳以上の721万535人を対象に、...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:神経内科疾患耳鼻咽喉科疾患眼科疾患精神科疾患

花粉症の臨床指標、RCATだけで十分2018/2/6

アレルギー性鼻結膜炎に関する臨床試験の主要評価項目がRCAT(RhinitisControlAsse...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患耳鼻咽喉科疾患小児科疾患一般内科疾患

人工内耳移植後、約1割でめまい―手技による差はなし2018/2/6

人工内耳移植に関する46の研究を対象に、3つのメタ解析で術後の自覚的めまいのリスクと前庭受容体の障害...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患神経内科疾患

患者満足度低い鼻炎治療の現状2018/2/1

アレルギー性鼻炎患者287例と非アレルギー性鼻炎患者160例を対象に、生活の質(QOL)を観察コホー...

ソース:Allergy  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患アレルギー疾患

中咽頭癌の高齢患者、ケアの質と費用の関連は複雑2018/1/31

中咽頭扁平上皮癌の高齢患者666例のデータを用いて、ケアの質と生存率および費用の関連を後ろ向き解析で...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患

症候性LPRは下咽頭Sep70/ペプシン比が158未満2018/1/30

標準的な咽喉頭逆流症(LPR)7例と症候性のLPR患者105例を対象に、下咽頭に発現するペプシンとS...

ソース:Surg Endosc  カテゴリ:消化器疾患耳鼻咽喉科疾患

エリートの水泳選手では鼻炎有病率高い2018/1/29

水泳競技のエリート選手101例、非エリート選手107例、水泳以外の競技者38例、対照50例を対象に、...

ソース:Allergy  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患アレルギー疾患

ドキシサイクリン被覆ステントが気管炎症抑制の可能性2018/1/29

12匹のウサギを、ドキシサイクリン被覆ニチノールステント導入、非被覆ステント導入、ステント非使用の3...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患その他呼吸器疾患

睡眠時無呼吸のCPAP、口鼻マスクでは低効果2018/1/26

閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)に対するCPAP(持続陽圧呼吸)療法には、鼻マスクや口鼻マスク(フルフェ...

ソース:Chest  カテゴリ:一般内科疾患その他耳鼻咽喉科疾患循環器疾患呼吸器疾患

嗅覚検査キットは国ごとの改良が必要2018/1/25

デンマークで388例を対象に、ドイツ製の嗅覚検査キット「Sniffin'Sticks」(3点比較法の...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患

耳閉感ある顎関節症の診断にMRI有効2018/1/23

耳科的原因がみられない耳閉感患者34例42耳を対象に、原因と考えられる顎関節症の病理エビデンスがMR...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:その他耳鼻咽喉科疾患

エビとゴキブリはアレルギー的に同じ!? 交差反応性の可能性2018/1/23

中国南部の都市部と農村部の就学児1万861人を対象に、食物アレルギー有病率の違いを症例対照研究で検討...

ソース:Allergy  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患皮膚疾患小児科疾患

喉頭癌発症率は農村部で高い傾向2018/1/22

米国の癌登録データベースであるSEER(Surveillance,Epidemiology,andE...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:その他耳鼻咽喉科疾患

口蓋扁桃肥大度が無呼吸低呼吸指数と有意に関連2018/1/19

咽頭手術を受けた閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)の成人患者83例を対象に、口蓋扁桃の大きさとOSA重症度...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患呼吸器疾患

研修試験スコアがアプリで有意に改善2018/1/17

耳鼻咽喉・頭頸部外科の研修医20人と教員13人を対象に、医学知識共有モバイルアプリ「PulseQD」...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患

嗅覚訓練で嗅覚喪失者の脳体積が増加2018/1/16

上気道感染症による嗅覚喪失者30例と対照者31例のMRI画像を基に、12週間の嗅覚トレーニングによる...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患

アブミ骨手術、大きめピストン径で聴力転帰良2018/1/15

0.4mm径と0.6mm径のピストンを用いたアブミ骨手術各50件を対象に、ピストン径による機能転帰へ...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患

米国成人の一側性難聴、有病率7.2%2018/1/15

2005-06年、2009-10年、2011-12年の米国国民健康栄養調査から成人6242人を対象に...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患

ピルフェニドンがフェレット瘢痕声帯細胞の線維化を抑制2018/1/12

熊本大の研究グループは、抗線維化薬ピルフェニドンの効果を、フェレットの瘢痕声帯から分離した線維芽細胞...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患投薬に関わる問題

長引く咳嗽だけでは肺結核を予測できない2018/1/12

医学研究データベースの論文検索を通して、咳嗽による肺結核スクリーニングの有用性を検討した。その結果、...

ソース:Chest  カテゴリ:呼吸器疾患感染症耳鼻咽喉科疾患一般内科疾患

アフリカ系米国人の耳鳴有病率29.5%2018/1/12

米ジャクソン心臓研究(JHS)はアフリカ系米国人1314例を対象に、耳鳴の有病率と危険因子を前向きコ...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患神経内科疾患

T3上顎洞扁平上皮癌、選択的頸部郭清で生存率改善2018/1/11

頸部リンパ節転移なし(N0)および遠隔転移なし(M0)の上顎洞扁平上皮癌患者927例を対象に、選択的...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患その他

解剖学研修の3D教材で研修医の成績向上2018/1/11

耳鼻咽喉科研修医50人を対象に、3次元(3D)概念モデルに基づいて作成された前頭洞の解剖学研修用教材...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患

遺伝性出血性毛細血管拡張症、HHT1遺伝子で重症化2018/1/10

小児遺伝性出血性毛細血管拡張症(HHT)患者69例を対象に、遺伝子サブタイプ(HHT1およびHTT2...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患その他小児科疾患

Arnold神経反射、成人慢性咳嗽患者で12倍2018/1/10

慢性咳嗽患者(成人200例、小児100例)および健康なボランティア(成人、小児各100例)を対象に、...

ソース:Chest  カテゴリ:呼吸器疾患耳鼻咽喉科疾患一般内科疾患

声門下狭窄患者の気道抵抗推測3Dモデルを作成2018/1/9

声門下狭窄における狭窄度と気道抵抗の関係を、患者6例の気道をスキャンした3Dモデルと健康人6例の気道...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患

声帯の「平野理論」を3D画像解析2018/1/5

1974年に提案された久留米大学教授・平野実氏(当時)の「cover-body理論」において、甲状披...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患

PC-KLH鼻腔内投与で鼻アレルギーが改善、マウス研究2018/1/5

ホスホリルコリンとキーホールリンペットヘモシアニンの複合体(PC-KLH)の鼻腔内投与によってアレル...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患

後天性喉頭気管狭窄の民族別遺伝マーカーを特定2018/1/4

後天性喉頭気管狭窄患者53例と確定診断がなく気管挿管または気管切開を施行した85例を対象に、後天性喉...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患

副鼻腔炎の重症度、CFTR遺伝子型はと関連せず2018/1/4

慢性副鼻腔炎の内視鏡手術を受けた嚢胞性線維症(CF)患者49例を対象に、嚢胞性線維症膜コンダクタンス...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患

ヘーゼルナッツアレルギーの重症度を予測2018/1/4

ヘーゼルナッツアレルギーの重症度を予測するモデルを、オランダ・アムステルダム大学学術医療センターなど...

ソース:Allergy  カテゴリ:小児科疾患皮膚疾患耳鼻咽喉科疾患アレルギー疾患

麻酔しても忍容性変わらず、食道内圧検査2017/12/29

健康な成人20例を対象に、高解像度内圧検査(マノメトリー)を用いた嚥下動態評価時の局所鼻麻酔(塩酸リ...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患その他検査に関わる問題消化器疾患

耳鼻科と救急科の診断違い、最多は…?2017/12/29

耳鼻咽喉領域の障害で救急科を受診後、耳鼻咽喉科クリニックへの紹介を受けた患者738例の医療記録を基に...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:救急耳鼻咽喉科疾患

咽頭弁形成術後の鼻ステント除去は当日に2017/12/29

咽頭弁形成術を受けた鼻咽腔閉鎖機能不全患児54例を対象に、外鼻矯正用ステントの除去をいつ行うべきかを...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患その他小児科疾患

鼻炎で小児喘息リスク4倍に2017/12/29

フィンランドで生後6カ月までに細気管支炎で入院した小児の長期転帰を研究。11-13歳の138例を追跡...

ソース:Allergy  カテゴリ:小児科疾患耳鼻咽喉科疾患呼吸器疾患

睡眠時無呼吸の転帰改善、下顎前方固定装置で2017/12/28

中等-重度の閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)患者40例を対象に、下顎前方固定装置(MAD)使用による転帰...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患呼吸器疾患

アデノイド手術、電気焼灼術に優位性2017/12/28

アデノイド摘出術を受けた小児患者1065例を対象に、3つの術式での費用や合併症率などを後ろ向きコホー...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患小児科疾患

動脈結紮で7%にfirst bite syndrome2017/12/28

経口的ロボット手術(TORS)後の出血性合併症を抑制する目的で経頸管的動脈結紮を受けた患者におけるf...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患その他

花粉症に新エビデンス、皮下免疫療法で2017/12/27

花粉症患者56例を対象に、脱色重合したオオアワガエリ花粉抽出物による皮下アレルゲン免疫療法の有効性と...

ソース:Allergy  カテゴリ:一般内科疾患耳鼻咽喉科疾患小児科疾患アレルギー疾患

大学病院の生産性上げた一般病院医2017/12/27

米ルイジアナ州立大学の耳鼻咽喉科医で検討した結果、一般病院の医師が加わることで、大学病院の生産性が高...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患

進行喉頭癌の5年生存率予測モデル開発2017/12/18

オランダ癌研究所などの国際研究グループは、進行喉頭癌患者3442例のデータを基に、予後変数として年齢...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:検査に関わる問題耳鼻咽喉科疾患

肺炎球菌ワクチンは乳様突起炎を減らさず2017/12/14

2000-12年の米国小児入院患者データベースから、肺炎球菌ワクチンを接種後の小児に発生した急性乳様...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:呼吸器疾患感染症耳鼻咽喉科疾患小児科疾患一般内科疾患

高齢頭頸部癌の術後転帰影響因子を特定2017/12/14

頭頸部癌で手術を受けた80歳以上の患者219例を対象に、術後合併症および死亡の危険因子を後ろ向きコホ...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:その他耳鼻咽喉科疾患

嗅覚障害へのリハビリ、複雑化しても効果変わらず2017/12/12

感冒後または特発性の嗅覚障害患者108例を対象に、使用する臭素の量および質による嗅覚リハビリテーショ...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:その他耳鼻咽喉科疾患

女性歌手で輪状甲状関節の影響を検討2017/12/12

プロの女性歌手49人を対象に、異なるタイプの輪状甲状関節における母音持続発声時の声帯の伸長度の違いを...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患