m3.com トップ > 海外ジャーナル > Allergy > 皮膚疾患

Allergyの皮膚疾患の 海外ジャーナル

ボセンタンでマウスのダニ誘発性皮膚炎抑制2020/8/11

エンドセリン受容体拮抗薬ボセンタン局所塗布によるエンドセリン-1(EDN1)の抑制がダニ誘発性皮膚炎...

ソース:Allergy  カテゴリ:投薬に関わる問題皮膚疾患アレルギー疾患一般内科疾患

欧州8カ国でピーナツアレルギー診療の実態を調査2020/7/22

欧州8カ国でピーナツアレルギー(PA)患者を対象に、患者の臨床的特徴やPA診療の実態をオンライン調査...

ソース:Allergy  カテゴリ:小児科疾患アレルギー疾患皮膚疾患一般内科疾患

慢性蕁麻疹患者の抗FcεRIα IgM値が疾患マーカーと関連2020/7/6

自己免疫性慢性特発性蕁麻疹(CSU)患者35例を対象に、高親和性IgE受容体FcεRIαに対するIg...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患検査に関わる問題

食物アレルギー小児への経口免疫療法、QOLを有意に改善2020/6/16

食物アレルギーがあり経口免疫療法(OIT)実施中の小児(8-12歳)103例を対象に、QOL改善効果...

ソース:Allergy  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患小児科疾患一般内科疾患アレルギー疾患皮膚疾患

STAT3変異高IgE症候群でメモリーB細胞頻度が一部低下2019/9/18

STAT3遺伝子変異による高IgE症候群(STAT3-HIES)患者を対象に、STAT3シグナル伝達...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患リウマチアレルギー疾患

ピーナツアレルギー、好塩基球活性が持続的不応性と相関2019/9/3

経口免疫療法(OIT)で持続的不応性(SU)または一過性脱感作(TD)を達成したピーナツアレルギー小...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患耳鼻咽喉科疾患皮膚疾患小児科疾患

ダニアレルギーの鼻症状スコア、最小変化量は-0.90以上2019/8/28

ハウスダストダニ(HDM)誘発性アレルギー性鼻結膜炎(AR)診断を受けた小児、思春期、成人患者計54...

ソース:Allergy  カテゴリ:小児科疾患耳鼻咽喉科疾患皮膚疾患アレルギー疾患

皮膚バリア直接評価に電気インピーダンス分光法が有用2019/7/31

電気インピーダンス(EI)分光法による皮膚表皮バリア機能のinvivoでの評価方法を確立すべく、プロ...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患

アトピー性皮膚炎、miR-10a-5pが角化細胞の増殖を抑制2019/7/15

アトピー性皮膚炎(AD)のmiR-10a-5pの発現状況および機能をRT-qPCR、miRNAmim...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患

ココナツオイルがアレルギー性皮膚炎に有望か2019/5/15

接触過敏症(CHS)マウスモデルを用いてアレルギー性皮膚炎に対する食用ココナツオイルの効果を検討した...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患アレルギー疾患

ダプソン過敏症患者T細胞のHLA-B*13:01拘束性を確認2019/5/14

HLA-B*13:01を保有するダプソン過敏症患者6例から採取した末梢血単核細胞からT細胞クローンを...

ソース:Allergy  カテゴリ:感染症内分泌・代謝疾患アレルギー疾患皮膚疾患投薬に関わる問題

小児食物アレルギー関連の遺伝子変異特定2019/4/30

食物アレルギーとの関連遺伝子を検討した研究32件(ゲノムワイド関連解析5件、他は候補遺伝子解析)を対...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患耳鼻咽喉科疾患アレルギー疾患小児科疾患その他

周術期アナフィラキシーの診断用アルゴリズム特定2019/4/18

臨床的にアナフィラキシーを示唆する周術期過敏反応を経験した成人患者102例を対象に、血清トリプターゼ...

ソース:Allergy  カテゴリ:一般外科疾患アレルギー疾患皮膚疾患救急

アレルギー感作に年齢特異的なDNAメチル化を特定2019/4/4

線形混合モデルを用いて、青年期のDNAメチル化とアレルギー感作との関連を評価。さらに、その関連が年齢...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患耳鼻咽喉科疾患

アトピー患者の黄色ブドウ球菌、TLR9を介してIL-1α分泌を促進2018/12/14

アトピー性皮膚炎(AD)患者から採取した黄色ブドウ球菌(S.aureus)および実験室菌株の加熱死菌...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患アレルギー疾患

オマリズマブ、蕁麻疹病変部の遺伝子発現を正常化2018/11/30

慢性特発性蕁麻疹患者30例を対象に、皮膚生検での遺伝子発現に対するオマリズマブの効果を無作為化二重盲...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患その他皮膚疾患投薬に関わる問題

慢性特発性蕁麻疹、HBV/HCVの関連性は低い2018/7/26

査読付き学会誌に掲載されたウイルス性肝炎を併発した慢性特発性蕁麻疹(CSU)に関する論文(試験32件...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患アレルギー疾患消化器疾患感染症

重症アナフィラキシーの予測因子を特定2018/4/19

欧州11カ国122施設が参加するアナフィラキシー患者の登録データを用いて、重症アナフィラキシーの予測...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患アレルギー疾患

食物アレルギーの重症度は予測不能か2018/4/12

食物負荷試験陽性の小児734例を対象に、アレルギー反応重症度の予測因子を特定し、その予測能を評価した...

ソース:Allergy  カテゴリ:救急アレルギー疾患皮膚疾患

特発性蕁麻疹の発症にエンテロトキシン特異的IgEが関与2018/4/10

慢性特発性蕁麻疹患者49例と健常対照15例を対象に、血清中の黄色ブドウ球菌エンテロトキシン特異的Ig...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患アレルギー疾患

成人アトピー性皮膚炎、国・地域別の有病率2018/3/23

成人のアトピー性皮膚炎(AD)有病率を推定するため、ウェブベースの国際横断調査を実施した。ADの診断...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患

皮膚バリア低下で食物アレルギーが悪化2018/3/6

皮膚バリア機能が低下すると食物アレルギーが悪化するかどうかを卵白アルブミン経皮感作マウスを用いて検討...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患

蜂毒アレルギーの予測にIgEとIgG4が有用2018/2/9

蜂毒への無症候性感作者77例、急性全身アレルギー反応患者85例、蜂毒免疫療法(VIT)患者61例を対...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患救急

質問票による成人アトピー疫学研究に課題2018/2/5

質問票ベースの診断基準を用いてアトピー性皮膚炎の既往と心血管・代謝疾患の関係を調査した。対象となった...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患

エビとゴキブリはアレルギー的に同じ!? 交差反応性の可能性2018/1/23

中国南部の都市部と農村部の就学児1万861人を対象に、食物アレルギー有病率の違いを症例対照研究で検討...

ソース:Allergy  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患小児科疾患皮膚疾患

抗ヒ薬無効の慢性蕁麻疹、CRPが有意に高値2018/1/17

慢性特発性蕁麻疹患者1253例を対象に、C反応性蛋白(CRP)高値の意義を後ろ向き解析で検証した。そ...

ソース:Allergy  カテゴリ:一般内科疾患アレルギー疾患小児科疾患皮膚疾患

ヘーゼルナッツアレルギーの重症度を予測2018/1/4

ヘーゼルナッツアレルギーの重症度を予測するモデルを、オランダ・アムステルダム大学学術医療センターなど...

ソース:Allergy  カテゴリ:小児科疾患皮膚疾患アレルギー疾患耳鼻咽喉科疾患

アトピーの有病率、小児期から成人で変化なし2017/12/27

アトピー性皮膚炎の有病率は成長とともに変化をするのかを、縦断研究7件(対象1万3515例)のシステマ...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患アレルギー疾患小児科疾患

小児牛乳アレルギーに関与のmiRNAを同定2017/11/1

4-18カ月の小児(牛乳アレルギー患児10例、寛解した牛乳アレルギー患児9例、健常対照児11例)の末...

ソース:Allergy  カテゴリ:一般内科疾患アレルギー疾患皮膚疾患小児科疾患

アレルゲン免疫療法は「舌下」で費用対効果高い2017/10/25

アレルギー性鼻炎や喘息などに関する研究23件の医療経済データを基に、アレルゲン免疫療法の費用対効果を...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患呼吸器疾患アレルギー疾患耳鼻咽喉科疾患

アトピー児の掻破行動が習慣逆転療法で改善2017/10/24

アトピー性皮膚炎(AD)患児39例を対象に、掻破行動に対する習慣逆転療法(habitreversal...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患小児科疾患

イエダニにIgE反応起こす細菌性抗原確認2017/10/23

アトピー性皮膚炎(AD)患者179例の血漿検体を用いて、イエダニがIgE抗体反応を引き起こす細菌性抗...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患小児科疾患アレルギー疾患

ビタミンDのアレルギー予防効果は不明2017/9/25

妊婦、授乳婦、乳児、小児へのビタミンD補充によるアレルギー予防効果を検証するため、無作為化比較試験1...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患耳鼻咽喉科疾患産婦人科疾患アレルギー疾患小児科疾患

ADはうつ病リスク、でも自殺には関連せず2017/9/12

デンマークで成人のアトピー性皮膚炎(AD)と精神科疾患の発症、それによる入院、自殺の関連を一般人口の...

ソース:Allergy  カテゴリ:精神科疾患アレルギー疾患皮膚疾患

慢性特発性蕁麻疹で生産性低下27%2017/8/24

慢性特発性蕁麻疹(CSU)患者673例を対象にした国際共同観察研究で疾病負担を調査。CSUは睡眠と日...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患一般内科疾患皮膚疾患

アトピーはAD、それともAE?国際調査の結果2017/8/14

「atopicdermatitis(AD)」と「atopiceczema(AE)」のどちらの表現が好...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患一般内科疾患皮膚疾患小児科疾患

食アレ免疫療法、一部患者でQOL悪化も2017/7/31

食物アレルギーの経口免疫療法を受けている患児(4-12歳)を対象に、生活の質(QOL)の変化を治療開...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患一般内科疾患小児科疾患

牛乳アレルギー、耐性獲得の鍵はIgE/IgG4結合2017/7/19

牛乳アレルギーの小児35例(年齢中央値10カ月)の血清を後ろ向きに解析し、自然耐性の獲得機序を検討。...

ソース:Allergy  カテゴリ:小児科疾患皮膚疾患アレルギー疾患一般内科疾患

重度蕁麻疹、膨疹時に発現する遺伝子を解析2017/6/26

抗ヒスタミン薬不応の重症慢性特発性蕁麻疹(CSU)患者20例の皮膚について、健常者20例の皮膚を対照...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患アレルギー疾患

ステロイド恐怖症、誘発因子に国家差2017/6/21

15カ国で登録された生後3カ月超のアトピー性皮膚炎患児およびその親1564例を対象に、副腎皮質ステロ...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患一般内科疾患小児科疾患アレルギー疾患

食物アレルギーへのAIT、脱感作効果高いが…2017/6/12

IgE依存性の食物アレルギーに対するアレルゲン免疫療法(AIT)の効果および安全性を、無作為化比較試...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患小児科疾患アレルギー疾患

ネッタイシマカに3つのアレルゲン検出2017/5/22

蚊に感作性を示す喘息と鼻炎の両方あるいはどちらか1つを有する患者15例の血清試料と、ネッタイシマカの...

ソース:Allergy  カテゴリ:呼吸器疾患一般内科疾患耳鼻咽喉科疾患アレルギー疾患皮膚疾患

アレルギー診断のSPT、感度は特異的IgE同等2017/5/15

10歳児529例を対象に、皮膚プリックテスト(SPT)と特異的IgE(sIgE)によるアレルギー診断...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患アレルギー疾患小児科疾患呼吸器疾患耳鼻咽喉科疾患

皮膚軟化薬で小児の尿中パラベン上昇2017/5/11

デンマークの4-9歳小児845例を対象に、アトピー性皮膚炎、皮膚軟化薬の使用、フィラグリン(FLG)...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患小児科疾患アレルギー疾患一般内科疾患腎・泌尿器疾患

食物アレルギーに皮膚バリア遺伝子の多型が関連2017/5/2

生後12カ月の幼児722例において経口食物負荷試験および遺伝子型解析を実施し、皮膚バリア遺伝子SPI...

ソース:Allergy  カテゴリ:小児科疾患皮膚疾患アレルギー疾患

生後早期のピーナッツで耐性獲得か2017/4/21

生後早期のピーナッツ摂取によるピーナッツ・アレルギーのリスク軽減効果をLearningEarlyAb...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患小児科疾患アレルギー疾患一般内科疾患

BP水疱形成にIL-5活性好酸球が寄与2017/4/3

末梢血好酸球とともに培養した正常ヒト皮膚切片を用いた水疱性類天疱瘡(BP)exvivoヒトモデルにお...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患アレルギー疾患一般内科疾患

アトピーにイベルメクチンの可能性示唆【Allergy】2017/3/3

イベルメクチンの局所外用によるアレルギー性皮膚炎改善効果を、アトピー性皮膚炎マウスモデルを用いた細胞...

ソース:Allergy  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患

SPT反応、慢性蠕虫感染との関連薄【Allergy】2017/2/14

ロシアの都市部と農村部の7-11歳の学童732例を対象に、蠕虫感染症とアレルギー反応の関連を検討(E...

ソース:Allergy  カテゴリ:皮膚疾患小児科疾患アレルギー疾患感染症

就学児のアレルギー反応は低炎症状態【Allergy】2017/2/3

小児喘息前向き研究(COPSAC2000)出生コホートを用いて生後6カ月時(214例)と7歳時(27...

ソース:Allergy  カテゴリ:一般内科疾患小児科疾患皮膚疾患アレルギー疾患呼吸器疾患