m3.com トップ>医療維新>オピニオン

オピニオン
Page
NEW医療崩壊を定義 - 「日常」を前提とした需給バランスの崩壊2021/1/18

新型コロナウイルス感染症の蔓延によって、「医療崩壊」という言葉がメディアに登場することが増えてきまし...

シリーズ:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報

NEW重度認知症の末期がん患者、終末期の意思をどう確認すべきか2021/1/17

【質問】重度認知症の末期がん患者について、主治医としてDNAR(DoNotAttemptResusc...

シリーズ:弁護士が解説!「医療×法律」の基礎

NEWイギリスでのスポーツ医学を勉強して思うこと◆Vol.42021/1/17

【イギリスでのスポーツ医学を勉強して思うこと】Vol.1なぜ私がスポーツ総合医を目指したかVol.2...

NEW【フランス便り】ジャガイモとワクチンとかかりつけ医2021/1/16

フランスには、パーマンティエというジャガイモ料理があります。これは種痘接種の推進やジャガイモの普及活...

シリーズ:フランス現地便り(COVID-19)

イギリスでのスポーツ医学を勉強して思うこと◆Vol.32021/1/11

【イギリスでのスポーツ医学を勉強して思うこと】Vol.1なぜ私がスポーツ総合医を目指したかVol.2...

イギリスでのスポーツ医学を勉強して思うこと◆Vol.22021/1/9

【イギリスでのスポーツ医学を勉強して思うこと】Vol.1なぜ私がスポーツ総合医を目指したかVol.2...

年末最後の「驚き」、産業医成長の糧に!2021/1/3

あけましておめでとうございますということで番外編を書かせてください。今日は今までほとんどしてこなかっ...

シリーズ:神田橋宏治の「医師、ときどき社長」

イギリスでのスポーツ医学を勉強して思うこと◆Vol.12021/1/2

私は2019年から2020年までの1年間、ロンドンにある名門UniversityCollegeLon...

救急クリニック、コロナ禍で患者数や患者単価が過去最大2020/12/26

例年通りとはいかない冬に入りました。11月はまさに「混乱の1カ月だった」の一言ではないでしょうか。G...

シリーズ:Dr.木川の「川越救急クリニックから見えた医療の現実」

北原大翔、米国で新型コロナワクチン打ってみた2020/12/24

先週僕の勤めているワシントンD.C.の病院でも、ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンの接種が開...

シリーズ:北原大翔の「モテたい心臓外科医、米国へ渡る」

「褒めること」をためらう日本の医療文化2020/12/20

皆さんは、部下や同僚を十分褒めていますか?幸いなことに今の私の上司はよく周りを褒めてくれるおかげで、...

シリーズ:佐々江龍一郎の「英国GP、日本に戻る」

臨床医、産業医、そして社長としての「コロナ禍1年」を回顧2020/12/20

いよいよ年末の36回目です。産業医としても、臨床医としても、社長としてもCOVID-19に振り回され...

シリーズ:神田橋宏治の「医師、ときどき社長」

【フランス便り】無過失補償、立証義務が被害者側から医療者へ2020/12/19

前回お約束しました通り、今回のテーマは、フランスの裁判外紛争解決での無過失医療事故補償制度について。...

シリーズ:フランス現地便り(COVID-19)

年末年始の発熱対応、準備は大丈夫?2020/12/13

早いもので2020年も終わりが近づいています。今年はコロナ禍で大変な中での年越しになりそうです。年末...

シリーズ:志賀隆の「救急医療の現場から」

最高裁による初めての「医行為」解釈と該当性基準の定立2020/12/6

【質問】彫り師によるタトゥー施術が医師法違反に問われた事件に関し、「医行為」の解釈等について最高裁に...

シリーズ:弁護士が解説!「医療×法律」の基礎

【フランス便り】パスツールの国のワクチン事情2020/12/5

フランスでは、生後18カ月までの間に11種類*のワクチンが義務接種となっており、未接種では集団生活を...

シリーズ:フランス現地便り(COVID-19)

医師なら実務経験免除、「ビル管理士」に合格!2020/11/29

おひさしぶりの35回目です。産業医をメインに働いている神田橋です。最近何をしていたかというと建築物管...

シリーズ:神田橋宏治の「医師、ときどき社長」

【フランス便り】「日本型」の積極的疫学調査、フランスでも導入へ2020/11/25

11月24日プライム・タイムの夜8時、フランスのマクロン大統領は予告通りテレビ会見で3段階のロック・...

シリーズ:フランス現地便り(COVID-19)

今年の忘年会、どうしますか2020/11/23

例年であれば11月は忘年会の計画をする時期ではないかと思います。年の瀬に一年のまとめや感謝を兼ねて行...

シリーズ:志賀隆の「救急医療の現場から」

「日本では数十年遅れている」呼吸器中止の議論2020/11/23

Vol.1医療自殺ほう助は「ハワイでも時期尚早、日本は問題外」Vol.2「日本では数十年遅れている」...

「GoToトラベル」と感染拡大の因果関係について考える2020/11/22

厚生労働省の新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの第14回(11月19日)会議で、資料3...

シリーズ:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報

医療自殺ほう助は「ハワイでも時期尚早、日本は問題外」2020/11/22

Vol.1医療自殺ほう助は「ハワイでも時期尚早、日本は問題外」Vol.2「日本では数十年遅れている」...

「地図」より「航海」を~ 医学教育に携わる方々へ2020/11/21

「総合診療は難しいんですよね」そうもらしたのは私の科に回ってきたばかりのある初期研修医でした。理由は...

シリーズ:佐々江龍一郎の「英国GP、日本に戻る」

【フランス便り】スペイン風邪のデジャブ、果たして第2波の行方は?2020/11/15

11月11日は、フランスでは第1次世界大戦休戦記念日、パリの凱旋門で祖国のために散った戦没者への追悼...

シリーズ:フランス現地便り(COVID-19)

生殖補助医療技術等を巡る規制枠組みについて2020/11/8

【質問】クリスパー・キャス9というゲノム編集技術を発表したエマニュエル・シャルパンティエ博士とジェニ...

シリーズ:弁護士が解説!「医療×法律」の基礎

【フランス便り】「万聖節」目前に再びロック・ダウン2020/11/3

11月1日の日曜日は、万聖節。フランスでは、全ての聖人と殉教者、死者のための鎮魂のミサが教会で行われ...

シリーズ:フランス現地便り(COVID-19)

イレウス?腸閉塞?混同しやすい急性腹症2020/11/1

当直中の午後6時、循環器病棟よりコールがありました。心不全治療で入院中の75歳女性。昼頃から下腹部痛...

シリーズ:志賀隆の「救急医療の現場から」

withコロナ時代、誰から感染したかは無意味では2020/10/25

秋もそろそろ終わりに近づき、「いつもと違う」冬が始まろうとしています。10月に入ってインフルエンザの...

シリーズ:Dr.木川の「川越救急クリニックから見えた医療の現実」

「海外医学部卒医師は使えない」から発想の転換必要2020/10/24

2019年7月のことですが、社会保障審議会医療部会で、「海外の医学部卒で医師になるルートについて議論...

シリーズ:佐々江龍一郎の「英国GP、日本に戻る」

【フランス便り】フランスの9都市、再びロック・ダウンへ2020/10/16

10月14日夜、フランスのエマニュエル・マクロン大統領はテレビで、新型コロナウイルス感染症(COVI...

シリーズ:フランス現地便り(COVID-19)

本当は誰も悪くない-乳腺外科医事件被告の元同僚・友人から2020/10/15

都立駒込病院外科(乳腺)・遺伝子診療科の有賀智之氏が10月14日にブログ『本当は誰も悪くない』に掲載...

シリーズ:乳腺外科医準強制わいせつ逮捕・起訴事件

地方国公立大医学部、東大卒業生の「人生再生工場」に2020/10/4

さて34回目です。先日読んだ本の中に、東京大学を卒業後、病気の親の面倒を見るため地元の市役所に勤めた...

シリーズ:神田橋宏治の「医師、ときどき社長」

死亡医療事故における損害賠償金額、どう算定するか2020/10/4

【はじめに】診察・看護等を行うにあたって、特に総合病院等では、日常、患者が死亡退院する場合は少なくな...

シリーズ:弁護士が解説!「医療×法律」の基礎

【フランス便り】「ぼくのコロナ旅行記」ニュージーランド、日本、フランス2020/10/3

2019年秋、18歳で大学入学の通知を受けた後、1年間、休学をしてニュージーランドに旅立った愚息。大...

シリーズ:フランス現地便り(COVID-19)

在宅医療で出会った愛情に満ちたご家族2020/9/21

さて33回目です。「たまには普通の医者らしいことを書け」と後ろから声が聞こえてきました。そこで今回は...

シリーズ:神田橋宏治の「医師、ときどき社長」

マッチングの秋、研修先選びは「自分に正直に」2020/9/20

長い梅雨の後の暑い夏があっという間に終わってしまいました。今年は夏でも、コロナ禍で楽しみが限られてし...

シリーズ:志賀隆の「救急医療の現場から」

【フランス便り】レジリエンスに弱いフランス人の出口戦略は?2020/9/18

久しぶりにフランスからのニュースを寄稿させていただきます。この間、書きたいことは山ほどあったのですが...

シリーズ:フランス現地便り(COVID-19)

日本の新型コロナ対策は「結果オーライ」?2020/9/12

「なぜ日本はこんなに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者数や死者数が少ないのだろうか...

シリーズ:佐々江龍一郎の「英国GP、日本に戻る」

医療の現場に刑事が踏み込むとき2020/9/12

近時、介護分野で批判が大きかった刑事事件として、介護施設「あずみの里」での業務上過失致死被告事件があ...

シリーズ:弁護士が解説!「医療×法律」の基礎

「顧問医」、企業が雇う3パターンとは?2020/9/12

さて32回目になります。今回は顧問医という仕事についてお話しします。聞いたことがない先生も多いかもし...

シリーズ:神田橋宏治の「医師、ときどき社長」

クリニックスタッフに新型コロナ陽性者、患者が半減2020/9/1

涼しかった7月が終わり、梅雨が明けた途端に異常な暑さの始まった8月。その8月の終わりにショッキングな...

シリーズ:Dr.木川の「川越救急クリニックから見えた医療の現実」

風邪を引いた医師、いつから働いていいのか?2020/8/30

さて31回目です。風邪を引いた医師や看護師はいつから働いていいのか?という話です。主に産業医としての...

シリーズ:神田橋宏治の「医師、ときどき社長」

医師仲間で評判の “コロナ太り”対策を教えます2020/8/16

さていよいよ30回目です。どうもこのところ新型コロナの話に偏りがちです。ご多分に漏れず、僕もいわゆる...

シリーズ:神田橋宏治の「医師、ときどき社長」

「漫然と面接していませんか?」戦略的選考で人柄も見極め2020/8/15

研修医や専攻医の採用に向けた見学・面接のシーズンですね。今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-...

シリーズ:志賀隆の「救急医療の現場から」

平凡な心臓外科医の日本一への挑戦2020/8/10

前回は心臓外科医の基本手技の技術を競う大会があり、こういった大会が若手外科医にとって手術の練習を継続...

シリーズ:北原大翔の「モテたい心臓外科医、米国へ渡る」

医師として直面した自宅の2つの“罠”2020/8/9

さて29回目です。梅雨も明け、全国的に猛暑が続いています。そこで暑苦しくなく、今回は「家」という柔ら...

シリーズ:神田橋宏治の「医師、ときどき社長」

子宮頸がんワクチン報道名誉毀損訴訟、勝者は誰?2020/8/9

【質問】m3.com「医療維新」でも度々取り上げていた子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)に関する「...

シリーズ:弁護士が解説!「医療×法律」の基礎

「従業員が2日間微熱後に解熱、出社しても可?」2020/8/2

さて28回目になります。産業医としても相変わらず新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関係の仕...

シリーズ:神田橋宏治の「医師、ときどき社長」

「念のため」のCT~「本当に必要ですか?」2020/8/2

「先生はなぜCTを撮らなかったのですか?」そう指摘したのはある病院の紹介先の呼吸器の先生。一呼吸おき...

シリーズ:佐々江龍一郎の「英国GP、日本に戻る」

【フランス便り】ICU利用の75歳以上の比率低下、治療アクセスを制限か2020/8/1

フランス下院議会のCOVID-19調査委員会が入手したデータ〔PMSI-MCO(急性期医療情報システ...

シリーズ:フランス現地便り(COVID-19)

全777件中 1-50件