m3.com トップ > 海外ジャーナル > Ophthalmology > 小児科疾患

Ophthalmologyの小児科疾患の 海外ジャーナル

学校の屋外活動症例プログラム、近視進行抑制に効果あり2018/3/2

近視予防のため台湾の学校で実施している屋外活動促進プログラムの有効性を、16校(児童639人)を対象...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:小児科疾患眼科疾患その他

未熟児網膜症の重症度は硝子体手術後緑内障の危険因子2018/1/24

進行した未熟児網膜症で、水晶体温存硝子体手術を受けた270例401眼を対象に、術後の緑内障発症率と危...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:小児科疾患眼科疾患

未熟児網膜症にベバシズマブは悪影響?2017/10/13

1型およびzone1の未熟児網膜症乳児21例(42眼)を対象に、片眼をベバシズマブ硝子体内投与で、対...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:小児科疾患眼科疾患

小児白内障、10年網膜剥離リスク判明2017/10/10

白内障手術を受けた小児295例481眼を対象に、術後網膜剥離(RD)の発生率とリスク因子、および転帰...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:眼科疾患小児科疾患

KPro角膜移植、合併多く小児に推奨せず2017/9/25

Boston1型人工角膜(KPro)移植を受けた16歳以下の11例11眼を対象に、視力転帰と合併症を...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:小児科疾患眼科疾患

乳頭浮腫の鑑別に蛍光眼底造影が高精度2017/8/28

5-18歳の小児19例を対象に、乳頭浮腫(PE)と偽乳頭浮腫(PPE)の最も正確な画像鑑別法を前向き...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:小児科疾患眼科疾患

小児近視に低濃度アトロピンが有効2017/8/15

小児における近視進行予防のための局所アトロピン投与の有効性について、17論文をもとにレビュー。エビデ...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:小児科疾患眼科疾患

未熟児網膜症にラニビズマブ注が有効2017/5/16

一次治療としてラニビズマブ硝子体内注射(IVR)を実施した未熟児網膜症(type1ROP)患者145...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:小児科疾患産婦人科疾患眼科疾患

未熟児網膜症に抗VEGF療法が有効2017/4/25

1型未熟児網膜症(ROP)の治療における、抗血管内皮増殖因子(VEGF)療法の安全性と有効性をレーザ...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:小児科疾患眼科疾患産婦人科疾患

小児IRD診断に遺伝子パネルが有用2017/4/17

孤立性または症候性の遺伝性網膜疾患(IRD)と診断をされた小児85例を対象に、多重遺伝子パネル検査の...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:小児科疾患眼科疾患

乳児の眼内レンズ挿入術、1.5年で近視化【Ophthalmology】2017/3/13

眼内レンズ挿入白内障手術を施行した乳児(年齢中央値2.4カ月、範囲1.0-6.8カ月)の43眼を対象...

ソース:Ophthalmology  カテゴリ:小児科疾患眼科疾患