m3.com トップ>医療維新>インタビュー

インタビュー
Page
NEW医師は医師、スポーツはスポーツ - 古田京・慶應大全学ラクビー部主将に聞く◆Vol.22018/8/17

第一回はこちら将来は医師としてラグビーに関われなくてもいい。ラグビーとの接点を持ち続けることが大事─...

シリーズ:2018夏◆スポーツ×医療

NEW今年は1999年以来の優勝が必達目標 - 古田京・慶應大全学ラクビー部主将に聞く◆Vol.12018/8/16

(提供:古田さん)毎年秋に行われる大学ラグビーの対抗戦。東京六大学野球などと並び、大学スポーツの中で...

シリーズ:2018夏◆スポーツ×医療

NEW「医師の負担感」の軽減に、タスク・シフティング - 新保秀人・三重県立総合医療センター院長に聞く◆Vol.22018/8/15

Vol.1はこちら――厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」が2月に出した「医師の労働時間短...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

NEW研修医1年目で迎える2020年東京五輪-愛知医科大学5年生・高橋周治さんに聞く◆Vol.32018/8/15

Vol.1はこちら――どの診療科に進むのか、イメージはあるのでしょうか。病院実習で各科を回って、今半...

シリーズ:2018夏◆スポーツ×医療

国体リレーで優勝、そのまま徹夜で病理の試験-愛知医科大学5年生・高橋周治さんに聞く◆Vol.22018/8/14

Vol.1はこちら――トップランナーである一方、医学生ですから勉学もしっかりやらなければいけませんね...

シリーズ:2018夏◆スポーツ×医療

陸上日本選手権決勝で走った医学生-愛知医科大学5年生・高橋周治さんに聞く◆Vol.12018/8/13

陸上の日本選手権、男子100メートルで2016、2017年に連続で決勝に進んだ愛知医科大学医学部5年...

シリーズ:2018夏◆スポーツ×医療

36歳院長の公立病院改革―江角悠太・志摩市民病院院長に聞く◆Vol.12018/8/13

2016年4月に34歳の若さで三重県の国民健康保険志摩市民病院(一般病床17床、療養病床60床)に就...

医師増員、唯一絶対のソリューション - 新保秀人・三重県立総合医療センター院長に聞く◆Vol.12018/8/6

三重県立総合医療センターでは、2017年度の「時間外及び休日労働に関する協定」で医師の時間外勤務の上...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

余命わずか、「患者の気持ちは揺れ動く」と知ってもらいたい ‐ iACP共同代表らに聞く◆Vol.22018/7/21

「ワークショップ休憩の際の茶菓として」(蔵本氏)作った「もしバナ」どら焼き(iACP提供)アドバンス...

医師が作った「もしバナゲーム」、知っていますか?‐ iACP共同代表らに聞く◆Vol.12018/7/16

医師が作った「もしバナゲーム」をご存知だろうか。亀田総合病院(千葉県)で緩和ケアや地域・在宅医療に取...

プライスレス、ACPの神髄 ‐西川満則・長寿医療研究センター緩和ケア診療部医師に聞く◆Vol.32018/7/4

アドバンス・ケア・プランニング(ACP)について国立長寿医療センターの西川満則氏に聞く第3回は、厚生...

病院はACPに向いてない!でも… ‐西川満則・長寿医療研究センター緩和ケア診療部医師に聞く◆Vol.22018/6/29

日本のアドバンス・ケア・プランニング(ACP)第一人者である国立長寿医療研究センター緩和ケア診療部/...

ACPは既に地域の医師が実践 ‐西川満則・国立長寿医療研究センター緩和ケア診療部医師に聞く◆Vol.12018/6/24

厚生労働省は、今年3月に公表したいわゆる終末期医療に関するガイドラインの改訂版「人生の最終段階におけ...

埼玉の“西の守り”としての使命 - 古屋大典・埼玉医科大学国際医療センター総合診療・地域医療科教授に聞く◆Vol.32018/6/13

古屋大典・埼玉医科大学国際医療センター総合診療・地域医療科教授に聞く大学救命救急センターにある総合診...

子育てと仕事の両立は女性医師だけの問題にあらず―力山敏樹・自治医大さいたま医療センター副センター長に聞く◆Vol.22018/6/12

【力山敏樹・自治医大さいたま医療センター副センター長に聞く】Vol.1医局員の4分の1が女性医師の外...

大学病院における総合診療医育成の在り方 - 古屋大典・埼玉医科大学国際医療センター総合診療・地域医療科教授に聞く◆Vol.22018/6/6

古屋大典・埼玉医科大学国際医療センター総合診療・地域医療科教授に聞く大学救命救急センターにある総合診...

医局員の4分の1が女性医師の外科、子育ても手術もこなす―力山敏樹・自治医大さいたま医療センター副センター長に聞く◆Vol.12018/6/5

女性医師が増え続ける中、かつては出産や子育てを負わない男性医師中心で設計されていた医局運営も変わりつ...

大学救命救急センターにある総合診療科の役割 - 古屋大典・埼玉医科大学国際医療センター総合診療・地域医療科教授に聞く◆Vol.12018/5/30

埼玉医科大学国際医療センター(埼玉県日高市)の救命救急センターには、総合診療・地域医療科が設置されて...

「佐賀は日本の医学に大きな貢献」-桐野高明・佐賀県医療センター好生館理事長に聞く◆Vol.32018/5/23

桐野高明・佐賀県医療センター好生館理事長に聞く国立病院機構から地独法病院の理事長へ◆Vol.1医療の...

医療の問題「一番は大学の衰退」-桐野高明・佐賀県医療センター好生館理事長に聞く◆Vol.22018/5/11

桐野高明・佐賀県医療センター好生館理事長に聞く国立病院機構から地独法病院の理事長へ◆Vol.1医療の...

国立病院機構から地独法病院の理事長へ-桐野高明・佐賀県医療センター好生館理事長に聞く◆Vol.12018/5/2

東京大学医学部長、副学長、国立国際医療センター理事長、国立病院機構理事長などを歴任し、現在も審議会な...

HPVワクチン「国の意思決定に必要なデータそろう」 - 鈴木貞夫・名市大公衆衛生学教授に聞く◆Vol.22018/4/11

――なぜ今回のような調査が他の地域で行われず、名古屋市で実施されたのでしょうか。恐らく「結果が出るの...

医薬分業、“失われた40年”取り戻す第一歩 - 幸野庄司・健保連理事に聞く◆Vol.32018/4/6

――調剤薬局については、前回改定に続き、大型門前薬局の調剤基本料が今改定でも大幅な引き下げとなり、「...

HPVワクチン接種、「多様な症状」発症との関連なし - 鈴木貞夫・名市大公衆衛生学教授に聞く◆Vol.12018/4/4

「NoAssociationbetweenHPVVaccineandReportedPost-Vac...

緩和医療を持続可能に、医学部に常設講座を-松岡順治・岡大病院診療科長に聞く◆Vol.22018/4/3

松岡氏岡山大学病院が日本初の診療科として「緩和支持医療科」を開設してから間もなく10年目。当初から診...

かかりつけ医評価「もっと反対すべきだった」- 幸野庄司・健保連理事に聞く◆Vol.22018/4/2

――外来改定についてはいかがでしょうか。「機能強化加算」は20、30点程度だと思っていたという。入院...

「7対1」入院料、方針は支持、30%は不満 - 幸野庄司・健保連理事に聞く◆Vol.12018/3/23

診療報酬本体がプラス改定となったことは遺憾ながら、入院医療と薬価制度で大きな改革がなされたことを評価...

腎代替療法、報酬体系を総点検 - 迫井正深・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.62018/3/22

――改定の柱の一つが「適正化」であり、血液透析については、透析用監視装置の台数が一定数以上の場合、点...

日本専門医機構、総合診療専門医に「弊害」もたらす - 丸山泉・日本プライマリ・ケア連合学会理事長に聞く2018/3/21

新専門医制度がいよいよこの4月からスタートする。現行制度との大きな相違の一つが、19番目の基本領域に...

シリーズ:真価問われる専門医改革

医師等の専従要件緩和、経営的メリット大 - 猪口雄二・全日病会長に聞く◆Vol.22018/3/21

――外来では、かかりつけ医機能を評価する初診料の「機能強化加算」の新設が注目点です。「機能強化加算」...

オンライン診療やダヴィンチ、「将来のサービス」- 迫井正深・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.52018/3/20

――今回の改定で、「新しい考え方、哲学を取り入れた点数」という視点で見れば、オンライン診療料がその一...

医療機能分化「言葉だけでなくシステム確立を」 - 島弘志・日病副会長に聞く◆Vol.22018/3/19

Vol.1はこちら――外来医療では、かかりつけ医の機能強化も大きなポイントです。全体としては「地域医...

医療と介護の同時改定、肝は細部 - 迫井正深・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.42018/3/18

――「2025年問題」を控え、今回は「同時改定」であることが注目されました。同時改定を意識して見直し...

初診料の加算、かかりつけ医機能評価の一環 - 迫井正深・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.32018/3/18

――外来については、診療所と200床未満の病院の初診に、「機能強化加算」が新設されたことが注目点です...

日本初「緩和支持医療科」の10年- 松岡順治・岡大病院診療科長に聞く◆Vol.12018/3/16

松岡氏2009年、岡山大学病院が日本初の「緩和支持医療科」を設け、診療を始めてから10年目を迎えよう...

「今改定で大きな舵を切る」が現実に - 猪口雄二・全日病会長に聞く◆Vol.12018/3/16

入院基本料が大幅に改編された2018年度診療報酬改定。その影響は病院規模や提供する医療内容によって異...

国試対策にも学友との“シェア”が不可欠2018/3/15

第112回医師国家試験(2月10~11日)について、3月19日の合格発表を前にエムスリーグループの医...

ソフトランディング可能に、入院医療改定 - 島弘志・日病副会長に聞く◆Vol.12018/3/13

2018年度診療報酬改定では、一般病棟入院基本料の7対1と10対1が再編・統合され、「急性期一般入院...

入院基本料の見直し、地域医療構想に“寄り添う” - 迫井正深・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.22018/3/12

――今改定の一番のポイントは、入院基本料の再編だと思います。約1年前の中医協の議論では、「診療報酬は...

医療界全体で課題共有する第一歩 - 迫井正深・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.12018/3/9

“2025年問題”を見据え、介護報酬と同時改定となった2018年度診療報酬改定。地域包括ケアシステム...

合格率は前年超の92%前後、知識問題に難しさ2018/3/7

新しい医師国家試験出題基準に沿って初めて実施した第112回医師国家試験(2月10~11日)について、...

調剤報酬、「医科薬剤師業務への充当を」-日医中川副会長、松本純一常任理事に聞く◆Vol.32018/3/7

◆日医中川副会長、松本純一常任理事に聞く(文中、敬称略。Vol.1、Vol.2はこちら)――今改定は...

かかりつけ医機能の評価、日医の方針と合致 -日医中川副会長、松本純一常任理事に聞く◆Vol.22018/3/5

◆日医中川副会長、松本純一常任理事に聞く(文中、敬称略。Vol.1はこちら)――続いて外来ですが、機...

地域医療構想に“寄り添う”入院料体系に -日医中川副会長、松本純一常任理事に聞く◆Vol.12018/3/1

2018年度の診療報酬改定の答申直後の会見で、日本医師会会長の横倉義武氏は、「前回改定に引き続き、少...

「Cool Japan」から「Warm Japan」へ - 小国士朗・プロジェクト発起人に聞く◆Vol.3 2018/2/18

――プロジェクトの今後はどうお考えですか。法人を立ち上げるとお聞きしました。社団法人の設立に向けて、...

餃子とハンバーグ、「取り違え」が発端 - 小国士朗・プロジェクト発起人に聞く◆Vol.2 2018/2/12

――「注文をまちがえる料理店」の構想は、本業のテレビディレクターとして、2012年に認知症関連の取材...

「注文をまちがえる料理店」、なぜ実現したか -小国士朗・プロジェクト発起人に聞く◆Vol.12018/2/6

世界アルツハイマー月間に合わせ、2017年9月に都内に3日間限定でオープンしたのが、「注文をまちがえ...

出産後の悩み、若手医師へのメッセージ-女性外科医・コミックエッセイ作家:さーたり氏に聞く◆Vol.32018/2/1

女性外科医・コミックエッセイ作家:さーたり氏に聞く・女性外科医でコミックエッセイも人気◆Vol.1・...

「外科専攻医1人のみ」が3県という現実直視を - 末永裕之・日病副会長に聞く2018/1/26

新専門医制度はこの1月に2次募集を締め切り、2月には2018年度から研修を開始する専攻医数が確定する...

シリーズ:真価問われる専門医改革

同期と結婚、その理由は?-女性外科医・コミックエッセイ作家:さーたり氏に聞く◆Vol.22018/1/19

女性外科医・コミックエッセイ作家:さーたり氏に聞く・女性外科医でコミックエッセイも人気◆Vol.1・...

全863件中 1-50件