m3.com トップ>医療維新>インタビュー

インタビュー
Page
NEW“無給医”の定義曖昧、文科省調査は不十分 - 小川彰・医大協会長に聞く◆Vol.22019/7/17

――大学の運営、働き方改革とも関連してくる問題ですが、最近は大学では“無給医”の問題も露呈しました。...

医学教育や医療の制度変更、私立大運営を圧迫 - 小川彰・医大協会長に聞く◆Vol.12019/7/10

大学医学部・医科大学は今、実にさまざまな経営課題に直面している。医学部定員や地域枠の在り方、不適切入...

産業医自身のタスクシェアも必要 - 中嶋義文・三井記念病院精神科部長に聞く◆Vol.32019/7/8

――医師の働き方改革では、「連続勤務28時間以内」と「勤務間インターバル9時間」があります。三井記念...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

医師本人と上司、双方への指導がカギ - 中嶋義文・三井記念病院精神科部長に聞く◆Vol.22019/6/23

――産業保健では、集団的・多面的アプローチが必要とのことです。各者の意識改革が進めば、産業保健を含め...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

医師の健康、働き方は「自身の手で管理」- 中嶋義文・三井記念病院精神科部長に聞く◆Vol.12019/6/16

医師の働き方改革では、時間外労働の上限規制ばかりに注目が集まるが、産業保健の視点が欠けているとの指摘...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

医師の働き方改革、影響大は大学病院 - 迫井正深・厚労省審議官に聞く◆Vol.52019/6/13

――個人的な見解としてお聞きします。今後、医師の働き方改革の進捗とともに、かなり医療提供体制も変わっ...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

「J-OSLER」、世界に類を見ない電子研修手帳 - 横山彰仁・日本内科学会専門医制度審議会会長に聞く◆Vol.12019/6/10

――外科系の症例登録では、NCDが有名です。内科でも「J-OSLER」を構築した背景や仕組みをお教え...

シリーズ:真価問われる専門医改革

最新技術の医療への適用、審査制度の見直し必要 - 佐久間一郎・東大工学部教授に聞く◆Vol.32019/6/8

――技術開発が進めば、専門家が実施している業務を、非専門家が行うことも可能になるとのことです。医療界...

「東京減点女子医大」を創設したわけースプツニ子!学長と西澤知美理事に聞く2019/6/8

「日本の医療界から排他された女性達による『東京減点女子医大』が生まれました!」「裏口入学受け付けてい...

働き方、地域医療構想、医師需給は「三位一体」- 迫井正深・厚労省審議官に聞く◆Vol.42019/6/5

――「医師の働き方改革に関する検討会」では、2018年2月に「医師の労働時間短縮に向けた緊急的な取組...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

ITやロボットの活用で技術の汎用化を - 佐久間一郎・東大工学部教授に聞く◆Vol.22019/5/30

――「未来イノベーションワーキンググループ」(WG)の議論を通じて、ロボット、IoT、ICT、AI(...

「最初から診療報酬で手当て」は想定せず - 迫井正深・厚労省審議官に聞く◆Vol.32019/5/29

――今後、労働時間管理、さらにはその縮減に向けてタスクシフティングをはじめ、さまざまな改革に医療現場...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

医療界と社会、双方の働き方改革が必須 - 迫井正深・厚労省審議官に聞く◆Vol.22019/5/25

――以前から医師の長時間労働、過労死の問題は指摘されていても、なかなか改善は進みませんでした。今回の...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

1860時間は例外、基本は960時間以内 - 迫井正深・厚労省審議官に聞く◆Vol.12019/5/22

この4月から、医師以外の医療従事者については時間外労働の上限規制が適用となった。医師に限っては、5年...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

約40年間、医用工学の研究に従事 - 佐久間一郎・東大工学部教授に聞く◆Vol.12019/5/22

厚生労働省と経済産業省が合同で開催した「未来イノベーションワーキンググループ」(WG)が今年3月、中...

総長4年の任期中に方向性を- 田中愛治・早稲田大学総長に聞く◆Vol.32019/5/20

――単科医科大学との対等合併のスケジュールは、どうお考えでしょうか。田中先生は2018年11月に総長...

1860時間は長いが、方向性は示した―森本正宏・自治労総合労働局長に聞く2019/5/14

厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」には、法学者や特定社会保険労務士など、医療界以外からも...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

各科教授にはマネジメント改革を要請 - 山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.42019/5/13

――ところで千葉大の場合、医師の労働時間管理は既にされているのですか。研修医から始めています。――厚...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

臓器別専門医と「Win-Win」の関係構築 - 草場鉄周・日本プライマリ・ケア連合学会理事長に聞く◆Vol.42019/5/10

――新理事長としてさまざまな取り組みをお聞きしました。これから先生が実践に移していくに当たって、一番...

単科医科大学との「対等合併or全面的連携」を目指す - 田中愛治・早稲田大学総長に聞く◆Vol.2 2019/5/10

――2018年6月の総長選挙の際、田中先生のマニフェスト「世界で輝くWASEDA」では次のように書か...

働き方改革、カギは医師自身の意識改革 - 山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.3 2019/5/7

――医師の時間外労働の上限規制は、2024年4月から適用されます。5年後を見据え、まずどの辺りから改...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

総合診療専門医、「若手の1割」を期待 - 草場鉄周・日本プライマリ・ケア連合学会理事長に聞く◆Vol.32019/5/5

――ただ、総合診療の専攻医数は、今一つ、伸び悩んでいます。1000人、1500人などのレベルで爆発的...

医学部設置は早稲田大学の悲願 - 田中愛治・早稲田大学総長に聞く◆Vol.12019/5/2

2018年11月、第17代早稲田大学総長に就任した田中愛治氏。総長選挙時のマニフェストに、生命医科学...

大学勤務医「研究の扱い」、今後の焦点 - 山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.22019/4/30

――厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」では、応召義務、宿日直、兼務の在り方、自己研さんな...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

総合診療専門医の一期生誕生が節目 - 草場鉄周・日本プライマリ・ケア連合学会理事長に聞く◆Vol.2 2019/4/23

――その一方で、対国民向け、対患者さん向けではどんな活動を想定されていますか。広報などに力を入れてい...

「年1860時間」はギリギリの妥協点 - 山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.12019/4/21

「一人一人の医師にスポットライトが当たった、初めての医療体制改革が、今回の医師の働き方改革」――。こ...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

44歳、1万2000人の会員率いる学会トップに - 草場鉄周・日本プライマリ・ケア連合学会理事長に聞く◆Vol.12019/4/19

日本プライマリ・ケア連合学会はこの3月の理事会で、新理事長を選出した。2012年4月から理事長を務め...

逮捕当日の病院声明「医師守るために毅然とした対応を」-八巻秀人・柳原病院外科医局長に聞く◆Vol.22019/4/17

乳腺外科医事件、前立ち医師「被害届に愕然とした」-八巻秀人・柳原病院外科医局長に聞く◆Vol.1――...

シリーズ:乳腺外科医準強制わいせつ逮捕・起訴事件

乳腺外科医事件、前立ち医師「被害届に愕然とした」-八巻秀人・柳原病院外科医局長に聞く◆Vol.12019/4/12

男性外科医が、自身が執刀した女性患者に対してわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつ罪で逮捕・起訴...

シリーズ:乳腺外科医準強制わいせつ逮捕・起訴事件

「医学と医療の深化と広がり」がテーマ - 齋藤英彦・第30回日本医学会総会会頭に聞く2019/4/2

来る4月27日から29日までの3日間、名古屋市で「第30回日本医学会総会2019中部」の学術集会が開...

県と市がタッグを組み、「元気な福岡に」- 武内和久・福岡県知事選挙立候補予定者に聞く◆Vol.32019/3/20

――そもそも福岡県知事選挙への出馬を決意されたのはいつ頃でしょうか(武内氏の医療関連の公約等は、『厚...

医師と政治家、「話を聞く」という共通点 - 川島実・奈良県知事選挙立候補予定者に聞く◆Vol.22019/3/20

――各地の医療機関に勤務する中で、地域による違いや医療の問題点をどう見ておられるのでしょうか。僕が行...

「最高の技術」「最善のケア」の両立目指す - 堀江重郎・順大泌尿器科教授に聞く◆Vol.22019/3/17

――「医は、聴くことからはじまる」とのことですが、先生ご自身はどんな医学教育を実践されているのでしょ...

医療の“司令塔”は国ではなく都道府県 - 武内和久・福岡県知事選挙立候補予定者に聞く◆Vol.2 2019/3/17

――福岡県の医療については、どんな問題意識を持っているのですか。第一は、福岡市のような大都市と過疎地...

44歳現役医師、県知事選挙に出馬の訳 - 川島実・奈良県知事選挙立候補予定者に聞く◆Vol.12019/3/16

今年の統一地方選挙では、11道府県で知事選挙が予定されている。医療に縁のある候補者が出馬を予定してい...

厚労官僚、コンサルタントを経て、政治に挑む - 武内和久・福岡県知事選挙立候補予定者に聞く◆Vol.12019/3/14

今年の統一地方選挙では、11の道府県で知事選挙が予定されている。少子高齢社会の時代にあって、医療を含...

第一線の外科医、14人の各界の第一人者と対談 -堀江重郎・順大泌尿器科教授に聞く◆Vol.12019/3/7

『いのち人はいかに生きるか』(かまくら春秋社)政治、哲学、文学、医療、芸能、スポーツなど各界の第一人...

検事控訴をさせないための一審判決-高野隆・主任弁護人に聞く◆Vol.22019/3/2

判決はこちら⇒『乳腺外科医裁判で無罪判決、わいせつ行為否定』第2回公判での高野氏の弁護側冒頭陳述はこ...

シリーズ:乳腺外科医準強制わいせつ逮捕・起訴事件

「あり得ないと肌で感じた」、乳腺外科医裁判-高野隆・主任弁護人に聞く◆Vol.12019/2/27

自身が執刀した女性患者に対してわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつ罪で逮捕・起訴された男性外科...

シリーズ:乳腺外科医準強制わいせつ逮捕・起訴事件

“医療事故調”、当事者の一証言を記録に - 小田原良治・医療法人尚愛会理事長に聞く2019/2/17

医療法人尚愛会(鹿児島市)の理事長で、日本医療法人協会常務理事・医療安全部会長を務める小田原良治氏は...

目指すのは「医学モデル」からの脱却 - 佐々木淳・医療法人悠翔会理事長に聞く◆Vol.42019/1/27

――先生は台湾、中国などに時々行かれています。海外では、「食べられなくなると、経管栄養になる」という...

シリーズ:著者インタビュー

「健康に良い食事」も医師の働き方改革 - 津川友介・UCLA助教授に聞く ◆ Vol.32019/1/20

――先生ご自身は普段の食事をどうしているのでしょうか。意識的に、栄養を摂取する「食事」と、楽しみとし...

シリーズ:著者インタビュー

若手、外科系医師が在宅医療に関心 - 佐々木淳・医療法人悠翔会理事長に聞く◆Vol.32019/1/20

――先ほど少し触れられましたが、先生が在宅医療に取り組まれたのは、何がきっかけなのでしょうか。佐々木...

シリーズ:著者インタビュー

「大学病院こそ危機意識を持ち、10年後に960時間を目指す」と宣言を - 渋谷健司・東大教授に聞く2019/1/15

厚生労働省での「医師の働き方改革に関する検討会」の議論が、大詰めを迎えている。焦点は時間外労働(休日...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

当直する常勤2人、23区以上の面積支える - 阿部吉弘・小国町立病院院長に聞く2019/1/14

山形と新潟の県境に近く、両県の中心部からほぼ等距離にある山形県小国町。小国町立病院(一般病床55床、...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

日常診療で使える「究極の食事」 - 津川友介・UCLA助教授に聞く ◆ Vol.22019/1/13

――執筆理由の一つに、「かつてのご自身も含め医療者でも、健康に良い食事については意外に詳しくない」と...

シリーズ:著者インタビュー

「患者を不幸にしていた反省」から在宅へ - 佐々木淳・医療法人悠翔会理事長に聞く◆Vol.22019/1/12

――「在宅医療カレッジ」のテーマは、「認知症ケアの学び」「高齢者ケアの学び」に、「地域共生社会の学び...

シリーズ:著者インタビュー

「今のままではやばい!」、気付きが学びの原点 - 佐々木淳・医療法人悠翔会理事長に聞く◆Vol.12019/1/5

「ケアする人を支えるのは学びの場だ」――。そんな思いから、2015年にスタートしたのが、「在宅医療カ...

シリーズ:著者インタビュー

ホリエモンらと進める「予防医療」の普及 - 鈴木英雄・筑波大学附属病院つくば予防医学研究センター副部長に聞く2019/1/5

知ることで、行動することで、防げる病気があります――。医師と実業家の堀江貴文さん(ホリエモン)、クリ...

医学生は勉強よりも「部活」「バイト」を - 寺澤秀一・福井大学名誉教授に聞く◆Vol.42019/1/5

――寺沢先生の「研修医当直御法度」は、1996年の初版以来、研修医達のバイブル的書籍になっており、累...

シリーズ:著者インタビュー

全972件中 1-50件