m3.com トップ>医療維新>インタビュー

インタビュー
Page
地域医療構想「問題は調整の人材不足」-竹内公一・千葉大病院特任准教授に聞く◆Vol.32017/9/19

――「地域医療構想」を実現するために、厚労省が提示している手法やツール、例えば病床機能報告や急性期指...

医師偏在対策、保険医定数を人口比に - 米山隆一・新潟県知事に聞く◆Vol.32017/9/18

――医師の働き方についてはどのようなお考えをお持ちでしょうか。僕自身の経験も踏まえて言いますと、「非...

「民間病院再編には県立病院も一定関与」 - 米山隆一・新潟県知事に聞く◆Vol.22017/9/13

――医師出身の政治家として、医療分野は得意なのでしょうか。得意な分野だと思います。その点から、何でも...

「何のために?」を常に考え、舵取り - 松井道宣・京都府医師会会長に聞く◆Vol.42017/9/8

――3つの重要課題のうち、最後が医療安全対策です。はい。医療安全には、例えば患者さんの転倒・転落、薬...

病院間の「調整」、具体的やりとりは水面下-竹内公一・千葉大病院特任准教授に聞く◆Vol.22017/9/6

――2017年度はどのような関わり方をしているのでしょうか。これまでの実績も踏まえ、2017年度は「...

医師から弁護士、そして政治家へ - 米山隆一・新潟県知事に聞く◆Vol.12017/9/4

東京大学医学部卒業後、医師、弁護士としての活動を経て、2016年10月に新潟県知事に初当選した米山隆...

「奈良あんしんネット」を全県下に - 広岡孝雄・奈良県医師会会長に聞く◆Vol.22017/9/4

――当面、どんな課題に取り組んでいくとお考えですか。今後の医療において重要だと考えているのは、医療と...

京都府全体、「1つの同門」を目指す - 松井道宣・京都府医師会会長に聞く◆Vol.32017/9/4

――3つの重点課題のうち、2つ目の医師偏在対策についてお教えください。医師偏在対策も非常に重要な課題...

地域医療構想調整会議の『調整』を、千葉大病院の取り組み-竹内公一・千葉大病院特任准教授に聞く◆Vol.12017/8/31

地域医療構想調整会議を『調整』する――。千葉大学医学部附属病院地域医療連携部は千葉県からの依頼を受け...

「入院から在宅」コストではなく尊厳の問題―田中滋・地域包括ケア研究会座長に聞く◆Vol.42017/8/28

――一地域包括ケアシステムを説明する「植木鉢図」が一つ一つの家庭、利用者だとすると、個別事例はこれま...

次世代への医療継承に貢献-森本紀彦・島根県医師会会長に聞く◆Vol.22017/8/25

――地域医療構想を含めた医療提供体制の在り方のほか、医師会として注力していく取り組みは何でしょうか。...

奈良県との関係構築が一番の課題 - 広岡孝雄・奈良県医師会会長に聞く◆Vol.12017/8/25

6月28日の奈良県医師会長選挙で、現職の塩見俊次氏を破ったのが、広岡孝雄氏。塩見氏は、2011年の奈...

「3つの重要課題」、第一は地域医療構想 - 松井道宣・京都府医師会会長に聞く◆Vol.22017/8/25

――基本的にはまず森前会長の取り組みを継承されていくとのことです。継続して我々が取り組まなければいけ...

「働き方改革」医師固有の事情を考慮 - 鈴木康裕・厚労省医務技監に聞く◆Vol.32017/8/23

――医師の働き方改革は、医療機関の経営者および現場の医師にとって、非常に関心が高いテーマです。これも...

ADLが低下したまま入院患者を帰すのか―田中滋・地域包括ケア研究会座長に聞く◆Vol.32017/8/21

――改めて、地域包括ケア検討会の2016年度版報告書についてお聞きします。「2040年に向けた4つの...

「医師は労働者」、共通認識で議論を - 岡崎淳一・厚労省働き方改革担当参与に聞く2017/8/21

政府は今年3月、「働き方改革実行計画」を策定、長時間労働の是正に向け、罰則付きの時間外労働の上限規制...

“高齢県”、課題は地域医療構想への対応 - 森本紀彦・島根県医師会会長に聞く◆Vol.12017/8/20

島根県の人口は全国46位、一方、高齢化率は高く全国3位。高齢社会の“先進国”と言える島根県の医師会長...

新専門医制度、「2年延期は問題」- 門田守人・日本医学会会長に聞く◆Vol.22017/8/18

――具体的な活動としては想定されている課題があればお教えください。各種研究に関する倫理指針や個人情報...

「二人の親の背中」を見て会長に - 松井道宣・京都府医師会会長に聞く◆Vol.12017/8/17

高齢社会を見据え、行政や多職種と協同して「京都地域包括ケア推進機構」を設立するなど、都道府県医師会の...

仕組み作り「首長と地区医師会から始めるべき」―田中滋・地域包括ケア研究会座長に聞く◆Vol.22017/8/17

――2016年度報告書の副題は「2040年に向けた挑戦」とあり、「2025年はあくまで対応すべき課題...

「2025年問題」後の“引き戦”も視野に - 鈴木康裕・厚労省医務技監に聞く◆Vol.22017/8/16

――日本の医療が抱える問題としては、2025年に向けてどのように提供体制を構築していくかという問題も...

「日本医学会と日本医学会連合、併存の訳」 - 門田守人・日本医学会会長に聞く◆Vol.12017/8/13

この6月、日本医学会連合の会長選挙があり、12年の長きにわたって同職にあった高久史麿氏に代わり、新会...

新専門医制度、行方見えない不安- 医学連インタビュー◆Vol.22017/8/13

――自身のキャリアについては、どのような考えを持っていますか。また、情報はどのように得ているのでしょ...

医学生の声、吸い上げる役割 ー 医学連インタビュー◆Vol.12017/8/12

2016年12月から2017年3月にかけて、「目指す医師・医学者像についての意識調査」を実施した全日...

2018年度改定、「悪くならないよう注視」 - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.42017/8/11

――「診療報酬の抜本改定は無理」とのことですが、前回の2016年度改定で積み残した課題、2018年度...

地域包括ケア、「概念自体が深化・進化」―田中滋・地域包括ケア研究会座長に聞く◆Vol.12017/8/9

2025年を見据えた地域における医療提供体制の在り方を巡る動きが本格化している中で、最も重要な取組の...

医療行政が直面する「三つの境」越える - 鈴木康裕・厚労省医務技監に聞く◆Vol.12017/8/8

この7月、厚生労働省に「医務技監」という新たなポストが新設された。初代として就任したのは、鈴木康裕氏...

「診療報酬の抜本改革」は無理 - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.32017/8/6

――そのほか、中医協の議論や、診療報酬について、押さえておくべき基本的な考え方があれば、お願いします...

最重要課題は「医師の働き方改革」 - 猪口雄二・全日病会長に聞く◆Vol.42017/7/30

――2018年度には、診療報酬と介護報酬の同時改定が控えています。先生は中医協委員も務めていますが、...

迫井課長「地域医療構想に寄り添う」は名言 - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.22017/7/29

――先生が中医協で、繰り返し発言されていた基本的な考え方が幾つかあります。一つは、地域医療構想と診療...

日医と協力、皆保険維持に努める責務 - 菊岡正和・神奈川県医師会長に聞く◆Vol.22017/7/28

――県医師会の「連携機能」の中でも重要と考えておられることは何でしょうか。この6月には「骨太の方針2...

「緊急対応宣言」で新患や救急受け入れ制限 - 片柳憲雄・新潟市民病院院長に聞く◆Vol.22017/7/27

Vol.1はこちら――新潟労働基準監督署の是正勧告はどのような内容でしたか。医師の長時間労働が行われ...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

中医協委員、退任あいさつの真意 - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.12017/7/25

この7月、計6年近く務めた中医協委員を退任した、日本医師会副会長の中川俊男氏。舌鋒鋭く論点を逃さない...

地域医療構想、悲観的になる必要なし - 猪口雄二・全日病会長に聞く◆Vol.32017/7/23

――そのほか全日病として対応すべき課題は何であるとお考えですか。地域医療構想です。全日病の各支部から...

地域医療構想、医師会独自データで対応 - 菊岡正和・神奈川県医師会長に聞く◆Vol.12017/7/23

今年5、6月、13の都道府県で医師会長選挙が行われ、神奈川、京都、奈良、島根の4府県で会長が交代した...

病院の責任と「働き方改革」のジレンマ - 片柳憲雄・新潟市民病院院長に聞く◆Vol.12017/7/23

2016年1月に後期研修中の女性医師が過労自殺し、2017年6月に新潟労働基準監督署から長時間労働是...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

「全日病 病院総合医」を養成するわけ - 猪口雄二・全日病会長に聞く◆Vol.22017/7/16

――よく「中小病院の経営は厳しい」と言われますが、各地域の実情を踏まえれば、十分に取り組むべきこと、...

地域包括ケア、課題は「医療介護連携」 - 猪口雄二・全日病会長に聞く◆Vol.12017/7/10

この6月に、5期10年間、会長を務めた西澤寛俊氏に代わり、全日本病院協会会長に就任した猪口雄二氏(『...

「勤務医は労働者」との決めつけ、乱暴すぎる - 邉見公雄・全自病会長に聞く◆Vol.22017/7/6

――先生は「医師の働き方改革」の議論の難しさを指摘されています。まずどこまでが医師の「労働時間」に当...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

労基署に「踏み絵」を踏ませる覚悟 - 邉見公雄・全自病会長に聞く◆Vol.12017/7/3

全国自治体病院協議会は6月22日の常務理事会で、医師の働き方や労務管理などに関する実態調査の実施を決...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

専門医とは何か、根本的議論が必要 - 相澤孝夫・日本病院会会長に聞く◆Vol.42017/7/3

――最後にお聞きします。今医療界で関心が高いテーマの一つが、新専門医制度です。病院団体の視点で言えば...

次期改定、DPCデータ活用を期待 - 相澤孝夫・日本病院会会長に聞く◆Vol.32017/6/21

――今後の医療提供体制を考える上で、介護報酬と同時改定となる2018年度の診療報酬改定が重要になりま...

“暴風雨”、危機は改革のチャンス - 相澤孝夫・日本病院会会長に聞く◆Vol.22017/6/16

――昨今の医療情勢を踏まえ、日本病院会の会長のお立場として、今後取り組むべき重要課題は何だとお考えで...

群大病院の改革続く、「病院長の突然訪問」-田村遵一・群大病院病院長に聞く◆Vol.42017/6/14

[初回はこちら]――病院経営への影響はいかがでしょうか。特定機能病院の承認取消で、年間約3億円、がん...

シリーズ:群馬大学腹腔鏡死亡事故

「護送船団方式」の医療は終焉 - 相澤孝夫・日本病院会会長に聞く◆Vol.12017/6/10

日本病院会はこの5月、新会長に相澤孝夫氏を選出した(『日病新会長に相澤孝夫副会長、社員総会・理事会で...

解雇処分、「報告書で処分理由を追加」-田村遵一・群大病院病院長に聞く◆Vol.32017/6/9

[初回はこちら]――執刀医は懲戒解雇相当、診療科長は諭旨解雇処分となりました(『群大、執刀医と教授を...

シリーズ:群馬大学腹腔鏡死亡事故

「『適格性疑われる』も致し方ない」-田村遵一・群大病院病院長に聞く◆Vol.22017/6/4

[初回はこちら]――院内事故調の報告書から「過失あり」という文言を削除した後、新たな「事故調査委員会...

シリーズ:群馬大学腹腔鏡死亡事故

医療情報の特殊性を意識した法制を - 山本隆一・医療情報システム開発センター理事長に聞く◆Vol.22017/5/31

[Vol.1はこちら]――改正個人情報保護法は5月30日に全面施行されますが、次世代医療基盤法の施行...

会見直前、突然の新聞報道、群大腹腔鏡事故-田村遵一・群大病院長に聞く◆Vol.12017/5/29

2014年11月の新聞報道で明るみに出た、群馬大学医学部附属病院で腹腔鏡手術を受けた患者8人が死亡し...

シリーズ:群馬大学腹腔鏡死亡事故

医療情報の利活用と保護、両立が肝要 - 山本隆一・医療情報システム開発センター理事長に聞く◆Vol.12017/5/25

医療情報の取り扱いを厳格化する改正個人情報保護法が5月30日に施行される一方で、医療情報を利活用する...

全795件中 1-50件