m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>うつ病の激励、「一律に禁忌」の時代は終わった

うつ病の激励、「一律に禁忌」の時代は終わった

激励禁忌とされたが考え方に変調も

2010年10月12日 星良孝(m3.com編集部)


うつ病の患者は励ましてはならない。日本においては定説となっている。一見好ましいとも見られる激励が、症状悪化を招きかねないという理由からだ。しかし、一律にタブー視せずに、積極的に激励すべきという見方が出ている。賛成一律に禁忌とはしない「一律に激励を禁忌とする見方は根強いが、むしろ社会復帰を妨げることになる」と話す獨協医科大学の井原裕教授「うつ病の人への激励は禁忌とされてきたが、一律にタブーとする時代ではもはやなくなっている。ケースバイケースなのに、いまだにタブーという考えは根強い」。獨協医科大学越...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。