m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>CRP、医師を助けるか否か

CRP、医師を助けるか否か

CRPを使った感染症診断、どうするか◆Vol.5

2013年1月11日 星良孝(m3.com編集部)


基本必要昭和大学・二木芳人氏ほぼ不要自治医科大学・矢野晴美氏2012月12月14日対談第1回CRP、本当に要るのか第2回重症度、CRPで見る第3回「CRPで気付き」の意義第4回CRPというインフラへの挑戦論点整理CRP、医師を助けるか否か投票結果「CRP不要論」には反対CRPの測定の意義とは。医師の診療を助ける力をどう見ればよいだろうか。第4回まで感染症領域の有力医師が2人、持論を展開してきた。論点とは。日常診療に浸透しているCRPは医師を助けるか否か。むしろ、患者の状態を反映せずに、混乱を元と...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。