m3.com トップ > 医療維新

医療維新

大きな転換期を迎えている医療界。新時代を切り開くため、より良き医療につなげるための様々な動きを、m3.com編集部が独自の取材・視点で取り上げていくとともに、当サイト会員の皆様へのアンケートを通じて、臨床の第一線で活躍する医療者の声をお届けします。

記事一覧(最新50件)

NEWwithコロナ時代、誰から感染したかは無意味では2020/10/25

秋もそろそろ終わりに近づき、「いつもと違う」冬が始まろうとしています。10月に入ってインフルエンザの予防接種が始まったかと思えば、在庫切れの医療機関も多数あり、マスクやハンドソープ、うがい薬など必要そ...

NEW東京の「7密」、新型コロナで露呈 - 邉見公雄・全自病名誉会長に聞く◆Vol.12020/10/25

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応に当たった医師、医療者ら医療・介護の現場からの報告などを盛り込んだ『新型コロナウイルスとの闘い現場医師120日の記録』(PHPエディターズ・グループ)が...

NEW地元の後押しで日医会長へ、綱領作成から着手 - 横倉義武前日医会長に聞く◆Vol.4 2020/10/25

【横倉義武・前日本医師会会長に聞く】Vol.1安倍政権の新型コロナ対応「ぎりぎり合格」Vol.2今だから明かせる診療報酬改定の舞台裏Vol.3改革の原点は「2013年の国民会議報告書」Vol.4地元の...

NEW医療機関クラスター「職員の休憩室、リハビリ」に注意、分科会で報告2020/10/24

政府は10月23日、新型コロナウイルス感染症対策分科会(会長:尾身茂・地域医療機能推進機構理事長)の第12回会合で、各自治体へのヒアリングに基づくクラスターの分析結果を報告した。医療機関では、入院患者...

NEW日本のコロナ対策「バランスの悪さが目立つ」-医師・医療経済ジャーナリストの森田洋之氏に聞く◆Vol.12020/10/24

医師で医療経済ジャーナリストの森田洋之氏がこのほど、『日本の医療の不都合な真実コロナ禍で見えた「世界最高レベルの医療」の裏側』(幻冬舎新書)を上梓した。「世界一病床が多い日本で、なぜ病院がすぐにパンク...

NEW「海外医学部卒医師は使えない」から発想の転換必要2020/10/24

2019年7月のことですが、社会保障審議会医療部会で、「海外の医学部卒で医師になるルートについて議論していく必要がある」と定員数について検討していることを示唆しました。私自身、英国の医学部を卒業し、日...

NEW薬剤師の卒後病院研修義務化、日病協が提言検討2020/10/23

日本病院団体協議会は10月23日に代表者会議を開催し、薬剤師が卒後に病院で研修することを義務づけるよう提言する方向で検討することを決めた。全国自治体病院協議会から提議があったもので、会議後に記者会見し...

NEW医師国試「出題範囲絞るべき」、改善検討部会2020/10/23

医道審議会医師分科会医師国家試験改善検討部会(部会長:中谷晴昭・千葉大学理事・副学長)は10月23日の第2回会議で報告書案について議論し、出題する疾患を厳選したり、単純な知識を問う領域を除外したりする...

NEW患者の不安と心配を解消して初めて本音が聞き出せる-大塚篤司・京大皮膚科特定准教授に聞く◆Vol.12020/10/23

医師と患者の間にはたくさんのコミュニケーション・エラーが発生していて、原因の一端は医師側にある――。そんな問題意識から、京都大学医学部皮膚科特定准教授の大塚篤司氏は、患者が医師と関わる際のコツや、最善...

NEW【愛媛】かかりつけ医の証し「あいろうカード」運用開始。登録者数は500人超‐宮内文久・愛媛労災病院長に聞く◆Vol.12020/10/23

内科、循環器内科など9つの診療科の患者を対象に、自院が「かかりつけ医」であることを示す「あいろうカード」の運用を2020年5月8日から開始した愛媛労災病院(新居浜市)。同院では、地域住民の健康を支える...

NEW【静岡】予防医療、リモート診療の普及を推進したい‐木内満・静岡県議会議員に聞く◆Vol.12020/10/23

静岡県の東部に位置し、東名高速道路、新東名高速道路、そして、新幹線といった交通の便に恵まれた富士宮市。東京まで2時間弱というロケーションながら、多くの地方と同様に医師不足といった問題に直面している。そ...

NEW【熊本】病院がタクシー運転手向けCOVID-19対策講習会を開催‐米満弘一郎・熊本機能病院理事長に聞く◆Vol.12020/10/23

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、熊本機能病院(熊本市北区)は2020年6月、タクシー運転手を対象に、利用者への対応や車内の消毒方法などを指導する講習会を開催した。熊本市では20...

NEW【佐賀】佐賀大学医学部は陽性反応に関する時事問題など入試の難易度アップ‐清川裕介・医大塾前代表と木谷恵里加・医大塾現代表に聞く◆Vol.12020/10/23

佐賀大学医学部の現役学生が2017年5月に開設した個別塾「医大塾」が3年目のシーズンを終え、国公立大学医学部に6人の合格者を出している。合格者輩出を続ける中で2020年3月、創立者の一人でもある清川裕...

NEW【秋田】ナラティブブック秋田で多職種のフラットな対話が可能に-伊藤伸一・秋田県医師会副会長らに聞く◆Vol.12020/10/23

秋田県医師会では医療連携ネットワークシステムの「あきたハートフルネット」、地域包括ケアシステムの「ナラティブブック秋田」を地域医療・介護連携の車の両輪として進めている。2018年には「情報共有の中心に...

NEW【石川】「助かる」との声多数。今後ますますニーズ高まるナースカー‐山下順子・能美市立病院看護部長らに聞く◆Vol.22020/10/23

2019年末に全国でも珍しいナースカーを導入した能美市市立病院。ナースカーとは、なるべく早く病院に行く必要がある患者を、看護師が同乗して迎えに行く車のこと。実績はまだ少ないが、着実に導入のメリットを感...

NEW【大阪】COVID-19軽症・無症状者の健康状態をスマホで管理‐三浦剛・大阪府健康医療部保健医療室感染症対策課企画推進グループ課長補佐に聞く◆Vol.12020/10/23

大阪府は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の軽症・無症状患者が健康状態を自らスマートフォンで入力し、情報を共有する「新型コロナウイルス対応状況管理システム」を2020年4月下旬より導入して...

NEW【兵庫】糖尿病診療は人間性を試される面白い仕事‐渡辺伸明・渡辺内科クリニック院長に聞く◆Vol.22020/10/23

西宮市の渡辺内科クリニックは、2001年の開院以来、糖尿病専門クリニックとして診療活動を続けている。同院の大きな特徴は、医師や看護師、薬剤師、管理栄養士などのチーム体制を整え、院内処方を続けていること...

NEW【島根】暮らしの中で心と身体の健康をサポートする「コミュニティナース」‐中澤ちひろ・Community Nurse Company取締役に聞く◆Vol.12020/10/23

病院や施設、在宅など決まった場所ではなく、日常の暮らしの中で地域住民の健康をサポートする。そんな役割を担う「コミュニティナース」の育成に力を入れているのが、島根県雲南市の「CommunityNurse...

NEW【青森】「津軽学」など特色ある地域医療教育で医学生に想いを託す‐鬼島宏・弘前大学医学部学務委員長に聞く◆Vol.22020/10/23

弘前大学医学部医学科は全国的にも地域枠学生の割合が高いが、ここ数年はほぼ100%の地域枠(地域定着枠)卒業生が同大学の医療圏に残っている。その一因には、低学年からの多彩な切り口での地域医療教育があるよ...

NEW【福井】妊婦情報事前登録制度は妊婦の不安を減らすお守り-堂本仁映・大野市健康長寿課保健師らに聞く◆Vol.22020/10/23

市内に分娩ができる医療機関がない大野市では、2020年2月から里帰り出産を含む妊婦情報事前登録制度を導入。緊急時には救急車でスムーズに搬送する体制を整え、妊婦の不安を軽減している。制度の運用を開始して...

NEW【三重】医療者にとって、無線は「まさかのときのツール」として必須‐堂本洋一・伊勢地区医師会救急・災害担当理事/伊勢慶友病院院長に聞く◆Vol.22020/10/23

伊勢地区医師会では、大規模災害が起きた際に連絡を取り合うため、伊勢地区医師会と地元のアマチュア無線家による「伊勢市アマチュア無線災害ネットワーク」を結成し、大規模災害に備えて訓練を行っている。伊勢地区...

NEW【山形】認定看護師を橋渡しにして地域の認知症対応力アップを-渋谷譲・日本海総合病院認知症疾患医療センター長に聞く◆Vol.22020/10/23

高齢化率の高まりとともに全国的に増加している認知症だが、限られた医療資源を効率よく投入するためには、急性期病院だけではなく診療所や高齢者施設の対応力向上も重要である。また地方においては一人暮らしの高齢...

NEW【山口】出産・育児は、まず不安解消することが産婦人科病院の役目‐田中泰雅・田中病院長に聞く◆Vol.12020/10/23

医療法人社団諍友会田中病院(周南市)は妊娠・出産を主とした産婦人科の病院である。妊娠SOSの相談や、自治体の委託による特定妊婦の支援などを担い、さまざまな困難を抱えた女性にも寄り添ってきた。2013年...

NEW【宮城】孤立する頭痛患者に手を差し伸べる「頭痛ラボ」‐松森保彦・仙台頭痛脳神経クリニック院長に聞く◆Vol.22020/10/23

仙台の大野田にある「仙台頭痛脳神経クリニック」は宮城県で唯一の頭痛に特化したクリニック。連載2回目は、頭痛患者や患者の家族が参加する「頭痛ラボ」や経営者として注力しているスタッフが働きやすい環境整備に...

NEW【愛知】性分化疾患の告知による衝撃は悪性腫瘍と同等。初期対応が極めて重要‐濱島崇・あいち小児保健医療総合センター内分泌代謝科医長に聞く◆Vol.22020/10/23

性の分化が先天的に非定型である性分化疾患。患者が生涯にわたって抱えていくこの疾患を、複数の診療科や多職種のチーム医療で支えるあいち小児保健医療総合センター(大府市)の取り組みについて、同センター内分泌...

NEW【東京】徹底した感染症対策でコロナ禍の経営をV字回復‐鈴木秀彦・リバーシティすずき整形外科院長に聞く◆Vol.12020/10/23

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で患者の受診控えが続く中、徹底した感染対策を行い、地域医療を守るために奮闘するクリニックがある。東京・月島にある「リバーシティすずき整形外科」だ。同院...

NEW【広島】認知症の人が生き生きと話し出す「認知症ブックカフェ」-谷川良博・広島都市学園大学健康科学部リハビリテーション学科教授らに聞く◆Vol.22020/10/23

広島都市学園大学と広島市立中央図書館が連携して行った「認知症にやさしい図書館」を経て、その次のステップとして開催された「認知症ブックカフェ」。その活動内容について、企画に携わる広島都市学園大学健康科学...

NEW【神奈川】COVID-19のECMO治療7例中6例生存。「最後の砦」を支える矜持‐竹内一郎・横浜市立大学附属市民総合医療センター高度救命救急センター長に聞く◆Vol.22020/10/23

2020年3月、横浜市立大学附属市民総合医療センターは全国的にも希少なECMOCar(エクモカー)を開発。重症呼吸不全患者などの広域的な救命活動に乗り出している。連携協定の締結を発表した横須賀市立市民...

NEW【富山】医学部入試、COVID-19で授業遅れ「現役・浪人生の差が広がるのでは?」‐学習塾「育英センター」に聞く◆Vol.12020/10/23

「富山育英センター」(富山市)は、富山・石川・福井の北陸3県に学習塾・予備校を展開している。医学部の入試傾向と、富山本部校に通う高校3年生の動向、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響など...

NEW【岡山】医院成功のカギは理念、人間関係、社風-華房寛城・はなふさ歯科医院理事長に聞く◆Vol.22020/10/23

女性スタッフとの人間関係に悩み続け、解決策を求めて何度も経営セミナーに参加。自分が変わらなければ相手も変わらないことに気づき、女性スタッフが活躍できる環境づくりとしくみを整えていった。一方で企業理念を...

NEW「ブレスト・アウェアネス」を目指した20年 - 福田護・認定NPO法人乳房健康研究会理事長に聞く◆Vol.12020/10/23

乳がんに関する正しい情報の発信をはじめ、早期発見のための環境づくりを目的に2000年5月に発足した乳房健康研究会が、今年20周年を迎えた。この11月3日には記念事業をWEB開催する。当初は任意団体、N...

大都市圏の研修医割合、過去最低41.12%に2020/10/22

2021年4月からの初期臨床研修先を決める2020年度医師臨床研修マッチングの最終結果が10月22日に発表され、大都市部の6都府県(東京、神奈川、愛知、京都、大阪、福岡)のマッチ者数は3647人(20...

入院・重症者数「直近では増加に」、アドバイザリーボード2020/10/22

厚生労働省の新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード(座長:脇田隆字・国立感染症研究所長)は10月22日、第11回会合を開き、全国の感染状況について「ほぼ横ばいから微増傾向となっている」との見...

大学人気低下傾向が続く、マッチ率100%は11大学2020/10/22

2021年4月からの初期臨床研修先を決める2020年度医師臨床研修マッチングの最終結果が10月22日に発表され、m3.com編集部が大学病院本院ごとに集計したところ、募集定員に対するマッチ者数の割合(...

地域医療構想、感染拡大時の受入体制をどう確保するか2020/10/22

厚生労働省の「地域医療構想に関するワーキンググループ」(座長:尾形裕也・九州大学名誉教授)の第27回会議が10月21日に開催され、「新型コロナウイルス感染症を踏まえた地域医療構想の考え方」に関する議論...

武漢チャーター機対応、院内外の不安払拭に奔走、亀田総合・細川医師2020/10/22

亀田総合病院(千葉県鴨川市)感染症科部長の細川直登氏はオンラインで開催された第61回日本臨床ウイルス学会の特別企画「COVID-19―19人の専門家からのアップデート」で、2020年1~2月に中国・武...

マイナンバー活用の情報提供はオールオアナッシング2020/10/22

厚生労働省は10月21日、オンラインで開催した「第4回健康・医療・介護情報利活用検討会、第3回医療等情報利活用WG及び第2回健診等情報利活用WG」(座長:森田朗・津田塾大学総合政策学部教授)で、データ...

オンライン診療「後ろ向きの人集めても」河野大臣2020/10/21

政府の規制改革推進会議医療・介護ワーキング・グループ(座長:大石佳能子・メディヴァ代表取締役社長)は10月21日、第2回会合を開き、オンライン診療・オンライン服薬指導の普及促進と、医薬品提供方法の柔軟...

女子医大のプロポフォール事件、麻酔科医6人を業過致死容疑で書類送検へ2020/10/21

東京女子医科大学病院で2014年2月、小児の鎮静には禁忌のプロポフォールを鎮静に使用、嚢胞状リンパ管腫の2歳10カ月の男児が手術後に死亡した事故で、警視庁は10月21日午後にも、医師6人を業務上過失致...

緊急事態宣言中の外勤、「同水準」がわずかに増◆Vol.72020/10/21

Q:緊急事態宣言発出(※)から解除(※※)までの外勤先での勤務時間は、2月と比べて変化はありましたか。※4月7日東京都、神奈川、埼玉、千葉、兵庫、福岡各県、大阪府4月16日全都道府県に拡大※※5月14...

研修医「一般的疾患の症例減」「ファーストタッチ禁止」◆vol.22020/10/21

調査結果はこちら⇒医師の4割「研修医教育に支障」新型コロナで◆vol.1Q.研修医の教育で、支障が出ていると感じた具体例を教えてください。【任意・自由記述】◆診療に支障・内視鏡検査ができていない。【勤...

医師の4割「研修医教育に支障」新型コロナで◆vol.12020/10/20

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大により、多くの研修医が制約の多い環境での研修を余儀なくされている。m3.com意識調査で、COVID-19の影響で研修医の教育に「支障が出ている」と答え...

医学生の9割、コロナ禍で臨床実習に制限、医学連調査2020/10/20

全日本医学生自治会連合は10月20日、全国31大学の医学生1082人から回答を得た「医学生の声を届ける!コロナ時代の意識と生活の実態調査」の分析速報を公表した。臨床実習を履修する学生のうち、前期のうち...

「流行予測」など野心的な研究テーマ多々- 西浦博・京大教授に聞く◆Vol.52020/10/20

【西浦博・京大教授に聞く】(2020年8月21日にインタビュー)Vol.1感染症疫学は“絶滅”の危機にあったVol.2海外でエグイくらい専門性を磨け!Vol.310年間で4大学に留学、「指導者には恵ま...

相模原中央病院「報道過熱で風評被害」、政府WGで報告2020/10/19

政府は10月16日、新型コロナウイルス感染症対策分科会の下に設置している「偏見・差別とプライバシーに関するワーキンググループ(WG)」の第3回会合を開き、医療従事者や福祉関係者、大規模クラスターの発生...

2021年度専攻医1次募集、11月4日から開始2020/10/19

日本専門医機構理事長の寺本民生氏は10月19日の定例記者会見で、2021年4月研修開始専攻医募集スケジュールを公表した。専攻医1次募集は、11月4日から開始し、面接・採用検討を経て、11月30日に採用...

「医療機器プログラム開発、日本がリードを」河野大臣2020/10/19

政府の規制改革推進会議医療・介護ワーキング・グループ(座長:大石佳能子・メディヴァ代表取締役社長)は10月19日に第1回会議を開き、医療機器プログラム(“SaMD”SoftwareasaMedical...

十三市民病院では挿管ゼロ、コロナ診療の分担のあり方- COVID-19座談会(大阪編) Vol.32020/10/19

【COVID-19対応の現在・過去・未来(大阪編)】Vol.1◆全国初のコロナ専門病院が抱える2つの課題Vol.2◆コロナ専門病院は毎月3億円の赤字Vol.3◆十三市民病院では挿管ゼロ、コロナ診療の分...

緊急事態宣言前、勤務医4割弱の外勤に影響◆Vol.62020/10/18

Q:2月の時点で外勤先(医局派遣、それ以外のアルバイトも含め全て)がありましたか。Q:3月から緊急事態宣言発出(※)までの外勤先での勤務時間は、2月と比べて変化はありましたか(前問で、「あった」と回答...

改革の原点は「2013年の国民会議報告書」 - 横倉義武前日医会長に聞く◆Vol.32020/10/18

【横倉義武・前日本医師会会長に聞く】Vol.1安倍政権の新型コロナ対応「ぎりぎり合格」Vol.2今だから明かせる診療報酬改定の舞台裏Vol.3改革の原点は「2013年の国民会議報告書」Vol.4地元の...