m3.com トップ > 医療維新

医療維新

大きな転換期を迎えている医療界。新時代を切り開くため、より良き医療につなげるための様々な動きを、m3.com編集部が独自の取材・視点で取り上げていくとともに、当サイト会員の皆様へのアンケートを通じて、臨床の第一線で活躍する医療者の声をお届けします。

記事一覧(最新50件)

NEW大学入試の女性差別対策、「1枚のカーテンが有効か」2018/9/23

木戸道子氏日本赤十字社医療センター第一産婦人科部長の木戸道子氏は9月22日、都内で開かれた医療勤務環境改善マネジメント研究会の第12回定期研修会で、「女性が医療現場でさらに活躍するために―医学部入試女...

NEW1位虎の門、2位聖路加、3位関東労災 2018マッチング中間2018/9/23

2019年度からの初期臨床研修先を決める、2018年度医師臨床研修マッチングの中間結果が9月21日に公表された。全国の市中病院と大学病院分院について、1位希望人数を基にランキングした結果、1位は虎の門...

NEW同様の麻酔事故で指摘された教訓は - 東京地裁判決を詳報◆Vol.32018/9/23

公益財団法人日本心臓血圧振興会の榊原記念病院(東京都府中市)で、心臓カテーテル検査時の麻酔薬選択や麻酔管理、血圧測定などの注意義務違反・過失を巡って死亡した男児の両親が財団に賠償を求めた訴訟に関する地...

NEW投資型医療には“保険者の復権”が必要-ミナケア代表取締役・山本雄士氏◆Vol.22018/9/23

ミナケア代表取締役・山本雄士氏東大教授の一言で臨床医から転身◆Vol.1投資型医療には“保険者の復権”が必要◆Vol.2大事なのは「その議論で、世界はどう変わるんですか」◆Vol.3(近日公開)中山:...

NEW米国は好きなところを伸ばす、日本はすくい上げる2018/9/23

[連載第1回はこちら]Toshiさんと北原氏(北原氏提供)北原大学進学はどんな感じでやったの?Toshi大学進学するために、全国統一試験のSAT(数学、英語のみ)かACT(数学、英語、理科、社会)のど...

NEW重症児の麻酔、適切なリスク管理とは - 東京地裁判決を詳報◆Vol.22018/9/22

公益財団法人日本心臓血圧振興会の榊原記念病院(東京都府中市)で、心臓カテーテル検査時の麻酔薬選択や麻酔管理、血圧測定などの注意義務違反・過失を巡って死亡した男児の両親が財団に賠償を求めた訴訟に関する地...

NEW国際認証、自律できる学生の育成……課題多々 - 札幌医科大学◆Vol.32018/9/21

――今の学生には、幼さがあり、社会的問題への関心は高くはないとのことですが、その解決に向けた取り組みをお教えください。札幌医科大学医学部長の三浦哲嗣氏精神的に幼い学生が多いという現状の背景には、少なく...

NEW東大5年ぶり1位、東京医科歯科大が2位、2018マッチング中間2018/9/21

2018年度医師臨床研修マッチングの「中間公表」の結果が9月21日に公表された。防衛医科大学校と2017年4月に医学部を新設した国際医療福祉大学を除く、全国80の大学病院本院を「1位希望」として登録し...

NEWなぜ内部情報が漏洩したのか、由々しき事態 - 寺本民生・日本専門医機構理事長に聞く◆Vol.2 2018/9/21

――日本専門医機構のガバナンスの問題を挙げられたので、関連でお聞きします。日本専門医機構の内部情報漏洩疑惑があり、第三者委員会を設置して調査することが8月の理事会で決定しました(『専攻医採用、2019...

「ノーベル賞候補」引用栄誉賞に京大・金久實氏2018/9/20

クラリベイト・アナリティクス社は9月20日、2018年の「クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞」の受賞者17人を発表し、日本人では医学・生理学分野で京都大学化学研究所特任教授の金久實氏(70歳)が選...

応召義務「無制限に働け」ではない2018/9/20

厚生労働省の第10回「医師の働き方改革に関する検討会」(座長:岩村正彦・東京大学大学院法学政治学研究科教授)が9月19日に開催され、「医療を取り巻く状況の変化等を踏まえた医師法の応召義務の解釈について...

東京医大の次期学長予定者に女性教授2018/9/20

女子受験者の点数を一律で減点するなど入試不正問題で揺れる東京医科大学で、次期学長予定者として医学部医学科病態生理学主任教授の林由起子氏が選ばれたことが9月20日、分かった。前日19日の教授会で選出され...

消費税対応、初再診・入院料か?個別項目か?2018/9/19

厚生労働省は、9月19日の中医協の診療報酬調査専門組織「医療機関等における消費税負担に関する分科会」(分科会長:荒井耕・一橋大学大学院商学研究科教授)に対し、2014年度の消費税率8%への引き上げに伴...

免許取消、準強制わいせつ罪の歯科医師1人のみ2018/9/19

厚生労働省は9月19日、医道審議会医道分科会の答申を受け、医師7人、歯科医師4人の計11人の行政処分を決定した。効力発効日は10月3日。同分科会には計18人が諮問されたが、残る6人は厳重注意、1人は保...

日医と医学会、10月にHPVワクチンで公開フォーラム2018/9/19

日本医師会常任理事の釜萢敏氏は9月19日の定例記者会見で、来る10月13日に日本医学会と合同で、公開フォーラム「HPVワクチンについて考える」を開催することを説明した。場所は日本医師会館(東京都文京区...

厚労省保険局長が「お詫び」、消費税の補てん状況調査ミスで2018/9/19

厚生労働省保険局長の樽見英樹氏は、9月19日の中医協の診療報酬調査専門組織「医療機関等における消費税負担に関する分科会」(分科会長:荒井耕・一橋大学大学院商学研究科教授)の冒頭、消費税率の8%への引き...

重症心疾患男児の心カテ検査時に過失か - 東京地裁判決を詳報◆Vol.12018/9/19

公益財団法人日本心臓血圧振興会が運営する榊原記念病院(東京都府中市)で、心臓カテーテル検査時の麻酔薬選択や麻酔管理、血圧測定などに注意義務違反・過失があったため、検査の中止後に男児患者は低酸素脳症を発...

“医療代理人”の明確化も検討を‐高久史麿・JADECOM会長に聞く◆Vol.22018/9/19

Vol.1『積極的安楽死「日本では困難」』はコチラ高久氏――終末期医療についての提言などをまとめた日医・懇談会の答申では、高齢者人口がさらに増え、年間死亡者数も増えていく今後の備えとして、本人の意思決...

駅前広場、西友跡地除外 佐賀市方針転換2018/9/18

3月に閉店した西友佐賀店(佐賀市駅前中央)の跡地取得を目指してきた佐賀市は14日、JR佐賀駅前広場の再整備構想から西友跡地を除外する方針を固めた。今後も購入に向けた地権者との交渉は続けるものの、1年間...

少人数学級、小中全学年に 佐賀県教委、来年度から2018/9/18

佐賀県教育委員会が来年度から市町立学校の小学3~6年と中学2、3年を対象に、1クラス35人以下の少人数学級を導入できるようにする方針を固めた。複数の教員で指導する「チームティーチング(TT)・少人数指...

摘発密漁者8割県外、愛知県が突出2018/9/18

敦賀海上保安部は9月11日、今年1~8月の福井県内沿岸部における密漁の摘発が74人、110件となったと発表した。昨年同期に比べ23人、23件の増加。県外者は61人で8割を超えた。密漁数はサザエが238...

ICOCA導入、福井県民大喜び2018/9/18

福井県内のJR北陸線各駅で9月15日、ICカード乗車券「ICOCA(イコカ)」の運用が始まり、福井市の福井駅では早速、自動改札機にカードをかざして利用する姿が見られた。イコカは、現金をチャージ(入金)...

福井市の中核市移行、県議会が同意2018/9/18

福井県福井市の中核市移行に必要な同意議案が9月14日、9月定例県議会最終日の本会議で可決された。2月の記録的な大雪の影響などで市が財政難に陥ったため、移行の大前提となる財政再建の道筋を確かめる必要があ...

九大箱崎キャンパス火災 元院生の男性 放火し自殺か 身元判明、福岡東署2018/9/18

福岡市東区箱崎6丁目の九州大箱崎キャンパスで7日朝に研究室を焼いた火災で、福岡東署は15日、焼け跡から見つかった遺体は研究室に出入りしていた同区の職業不詳の男性(46)と発表した。署によると、死因はや...

「忘れられる権利」どこまで ネットで逮捕記事拡散 不起訴の男性、削除要請後も中傷続く2018/9/18

2年前の夏、福岡県久留米市の窃盗未遂事件で容疑者として逮捕された男性から、特命取材班に訴えが届いた。「インターネット上で逮捕記事が拡散し、誹謗(ひぼう)中傷を受けている」。男性は不起訴となり、罪に問わ...

「商都の顔」縮小に困惑 岩田屋久留米店新館閉鎖へ 市民、不安や惜しむ声 [福岡県]2018/9/18

西鉄久留米駅(久留米市東町)東口に立つ岩田屋久留米店新館の来年3月での閉鎖が発表された14日、利用客や地元関係者から驚きと戸惑いの声が上がった。一方で本館が残ることに対する安堵(あんど)感も広がった。...

在宅医療の充実が政策の要!「埼玉県地域医療構想」-福田智樹・埼玉県保健医療部保健医療政策課政策企画担当主査に聞く◆Vol.22018/9/18

高齢化のスピード全国1位(2015年時点)という大きな課題を抱える埼玉県。在宅患者を支援する在宅医療連携拠点の設置や、在宅医療・介護連携促進のためのICTシステム導入など、県独自のさまざまな取り組みを...

CLSの重要性と、結果が見えづらいという課題ー横浜市立大学附属病院CLS石塚愛さんに聞く ◆Vol.22018/9/18

2018年4月に、横浜市立大学附属病院初の、CLS(チャイルド・ライフ・スペシャリスト)として働き始めた石塚愛さんにインタビュー。第2回では、CLSの重要性と、それに対して働き口が少ないという、日本の...

放送大学で初の博士号、生活者と歯科医師の関係探る-小林歯科医院副院長・小林富貴子さん◆Vol.12018/9/18

千葉県南房総市千倉町にある小林歯科医院の副院長を務める歯科医師・小林富貴子さんは、放送大学で初の博士号(学術)を取得し生活者と歯科医師のより良い関係作りに力を入れている。なぜ博士号を取得しようと思った...

多摩市における医療・介護・福祉の地域ネットワーク地域包括ケアでの医療機関の役割―明石のぞみ・河北医療財団多摩事業部事業部長に聞く◆Vol.12018/9/18

東京都・多摩ニュータウンを中心に医療・介護・福祉のトータルケアを展開している社会医療法人「河北医療財団」多摩事業部事業部長で医師でもある明石のぞみ先生に多摩市の医療・介護・福祉の連携について伺った。(...

東京で世界の一流を学ぶ-東京医科歯科大学大学院グローバルヘルスリーダー養成コース2018/9/18

2018年4月、東京医科歯科大学に公衆衛生学修士号(MPH)が取得できる大学院「グローバルヘルスリーダー養成コース」が設置された。同コースは、グローバルヘルス領域で現在、課題とされている健康問題を解決...

【富山】地域医療再生から、在宅医療・介護連携体制を築くー南砺市民病院前院長、南砺市政策参与・南眞司氏に聞く ◆VOL.22018/9/18

南砺市民病院の前院長であり、現在も医師として現場に立ちながら、南砺市政策参与、地域包括ケア課顧問を務める南眞司氏は、地域医療崩壊の危機にさらされた南砺市民病院の医療再生を行い、さらには在宅医療・介護連...

院内の全員が自ら動き、地域のニーズに応えていく-唐津市民病院きたはた・大野毎子院長に聞く◆Vol.22018/9/18

第1回では、周囲との連携を強化して、成功事例を増やしていく過程を語ってくれた大野毎子院長。2回目は今後の展望や目標などについて、話を伺った。(2018年7月23日インタビュー、計2回連載の2回目)[連...

地域の基幹病院としての役割と今後求める人材に関して-北九州市立八幡病院 市川光太郎院長に聞く ◆vol.32018/9/18

北九州市立八幡病院は、救急や小児に尽力している総合病院であり、地域の基幹病院としての役割も持つ。連載最後は基幹病院としての役割と、求める人材像に関して北九州市立八幡病院の市川光太郎院長に話を伺った。(...

質問に速やかに回答できず、不信感に - 寺本民生・日本専門医機構理事長に聞く◆Vol.12018/9/17

去る7月20日、日本専門医機構の第3代理事長に就任したのが、帝京大学臨床研究センター長の寺本民生氏。新専門医制度は2018年度からスタート、当初予定ではこの9月から2019年度研修開始の専攻医登録が始...

昨今の医学生気質、“幼さ”が気になる - 札幌医科大学◆Vol.2 2018/9/17

――札幌医科大学では、医学部の「2023年問題」に対応するために、臨床実習の時間を延長するだけでなく、それを実効性のあるものにするために、さまざまな工夫をされています。これは本学だけ、また医学生だけに...

厚労省「働き方検討会」、年内の議論がカギ◆Vol.52018/9/17

※日医副会長の今村聡氏と東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室教授の渋谷健司氏の対談。文中、敬称略。Vol.1、Vol.2、Vol.3、Vol.4を参照)――厚労省の「医師の働き方改革に関する検...

リフィル処方せん、薬剤師の半数超が「導入すべき」◆Vol.82018/9/17

Qリフィル処方せん(一定期間内に反復使用できる処方せん)の導入についてお考えをお聞かせください。日本では導入されていない「リフィル処方せん」。慢性疾患で症状が安定している患者にとっては通院の手間暇がな...

医師の過労死防止、”実勤務”の管理や“業務外”の例示で2018/9/16

全国に57病院を持つ公的病院グループの地域医療機能推進機構(JCHO、尾身茂理事長)が、医師の過労死や過重労働などを防ぐ目的で、労働時間を適正に把握できるよう独自の取り組みを進めている。2018年度か...

東大教授の一言で臨床医から転身 - 山本雄士・ミナケア代表取締役◆Vol.1 2018/9/16

メディアでも活躍する12年目の外科医、中山祐次郎氏(福島県郡山市の総合南東北病院外科)が医療界内外の「憧れの人」に会いに行く対談企画「一介の外科医、憧れの人に会いに行く」。第8弾は投資型医療を提唱し、...

救急クリニックから見るマスメディアの医療報道2018/9/16

毎回、コメントありがとうございます。いつも勉強になることがたくさんあり、目から鱗です。前回の『実感とは異なる「地域間医療格差がない日本」』に対していただいたご意見を簡単に振り返ります。『報酬が多ければ...

過去3年間で1729億円を執行、医療介護総合確保基金2018/9/15

厚生労働省は、9月14日の第12回医療介護総合確保促進会議(座長:田中滋・埼玉県立大学理事長)で、2014-2016年度の3年度分の地域医療介護総合確保基金は、医療分の交付額2711億円に対し執行額は...

総合診療専門医、「乗り越えるべき課題」とは?2018/9/15

公益財団法人医療科学研究所が「総合診療専門医―期待と課題―」をテーマに9月14日、都内でシンポジウムを開催、司会を務めた地域医療機能推進機構(JCHO)理事長の尾身茂氏は、「総合医がこれからの地域医療...

患者個別の手術リスク、「JapanSCORE」で説明 - 聖マリアンナ医大心臓血管外科◆Vol.22018/9/15

――聖マリアンナ医科大学心臓血管外科では、「JapanSCORE」を日常診療で使用されているとお聞きしました(Vol.1を参照)。心臓血管外科領域の手術でリスクを解析する有名なモデルとしては、「STS...

保険調剤薬局の経営「規制必要」が7割◆Vol.72018/9/15

Q保険調剤薬局の経営には一定の規制が必要という意見もあります。お考えをお聞かせください。経営陣の高額報酬など、もうけすぎ批判がある保険調剤薬局の経営。規制の必要性については、医師、薬剤師とも7割超で「...

地方大学のミッションは「地域医療貢献」- 島根大学◆Vol.32018/9/14

(※島根大学医学部医学科長の熊倉俊一氏へのインタビュー。本文中、敬称略。Vol.1、Vol.2の記事を参照)――島根大学では、入試の段階から、島根県内に医師を定着させるさまざまな工夫をされています。島...

全自病、医師の働き方の指針を作成、10月半ば2018/9/13

全国自治体病院協議会会長の小熊豊氏は9月13日の記者会見で、医師の働き方について会員病院向けの指針作成を進めていることを明らかにした。副会長の望月泉氏を委員長とする医師の働き方委員会を8月24日に設置...

ディオバン裁判、高裁は即日結審、11月に判決2018/9/13

ノバルティスファーマ社の降圧剤(一般名バルサルタン:商品名ディオバン)を巡る京都府立医科大学での医師主導臨床試験の論文データ改ざん事件の控訴審が9月13日、東京高裁(芦澤政治裁判長)で開かれ、即日結審...

前立ち医師「2人で240件の手術、問題生じたことない」2018/9/13

東京都足立区の柳原病院で自身が執刀した女性患者に対してわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつ罪で逮捕・起訴された男性外科医に対する東京地裁(大川隆男裁判長)での第4回公判が9月12日に開催され、午...

日医中川副会長「ライフライン重要と改めて認識」2018/9/13

日本医師会副会長の中川俊男氏は9月12日の記者会見で、9月6日に発生した北海道胆振東部地震で道全域が停電に見舞われたことについて、「ライフラインが重要な要素だと改めて認識した。どういう手立てがあるのか...