m3.com トップ > 医療維新

医療維新

大きな転換期を迎えている医療界。新時代を切り開くため、より良き医療につなげるための様々な動きを、m3.com編集部が独自の取材・視点で取り上げていくとともに、当サイト会員の皆様へのアンケートを通じて、臨床の第一線で活躍する医療者の声をお届けします。

記事一覧(最新50件)

NEW民間病院の診療実績や競合状態「可視化」、新たな財政支援も提示へ2019/11/12

総務、厚生労働の両省は、11月12日に開催した「地域医療確保に関する国と地方の協議の場」の第2回会議で、地域医療構想について、民間病院についても診療実績や公立・公的医療機関等との競合状況を可視化するデ...

NEW【群馬】公立藤岡総合病院の研修医が第9回グランプリ、ぐんまレジデントグランプリ20192019/11/12

臨床研修での学びを共有し、群馬での臨床研修の魅力を伝える「ぐんまレジデントグランプリ2019」(ぐんまレジデントサポート協議会主催)が、11月8日、群馬大学医学部臨床大講堂(群馬県前橋市昭和町)で開催...

NEW「AIホスピタル」慶應大・阪大など4病院で実装2019/11/12

内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「AI(人工知能)ホスピタルによる高度診断・治療システム」の成果発表シンポジウムが11月11日、日本医師会館で開催され、AIホスピタルシステムの実現...

NEWRWD研究は「交絡との戦い」、限界に留意 - 康永秀生・東大臨床疫学・経済学教授に聞く◆Vol.32019/11/12

――リアルワールドデータ研究も万能ではなく、使い方に注意点があると思います。最大の問題点は、やはり交絡の問題。RWD研究は交絡との戦いです。RCTとの違いもまさにそこにあります。きちんと交絡調整を行っ...

NEW【岡山】しくじりテーマのカンファレンスを2病院合同で医師、検査技師らが開催-藤田浩二・津山中央病院総合内科・感染症内科医長に聞く◆Vol.12019/11/12

岡山県の津山中央病院(津山市)と倉敷中央病院(倉敷市)とが2017年から始めた「しくじり感染症カンファレンス」は、感染症診療における失敗事例を明るく共有し、エラーを防ぐ仕組みを考える、珍しい勉強会だ。...

NEW【高知】学部生が続々と学会賞を受賞する先端医療研究プログラム‐本家孝一・高知大学医学部先端医療学推進センター長に聞く◆Vol.12019/11/12

高知大学医学部「先端医療学推進センター」は、大学本来の使命である最先端医療の開発などを目的に2009年に設立された学内組織。6部門で24の研究班が活動し、学生は2年生から4年生までの3年間、教員の指導...

NEW厚労省、193業務はタスク・シフト可能2019/11/11

厚生労働省は11月8日、医師の働き方改革を進めるためのタスク・シフト/シェアの推進に関する検討会(座長:永井良三・自治医科大学学長)で、各種団体から医師以外への移管が提案されるなどした284業務のうち...

NEW【福岡】既存のネットワークを活用し地域包括ケアシステムの問題点を解消-青木穂高・北九州市役所地域医療課課長らに聞く◆Vol.12019/11/11

北九州市では高齢者の緊急搬送時や入院時に備え、病名や服用中の薬、要介護度、認定期間、ケアマネジャーの事業所名などを医療機関が確認できるモデル事業を今秋からスタートする。既に運用中の診療情報ネットワーク...

NEW【北海道】開業2年でひと冬3000人以上、55カ国の外国人患者。全スタッフが英語対応-師井邦竹・ニセコインターナショナルクリニック院長に聞く◆Vol.12019/11/11

米国医師資格を有する家庭医療専門医と、イギリス人の家庭医がいるニセコインターナショナルクリニックは、全医療スタッフが英語対応をする。開業2年ひと冬で3000人以上、計55カ国の外国人患者が訪れた。各種...

NEW【神奈川】若年性認知症患者の「伴走者」として長期的に支援‐田中香枝・曽我病院若年性認知症支援コーディネーターに聞く◆Vol.12019/11/11

厚生労働省は2015年1月に制定した認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)の中で若年性認知症施策の強化を柱の一つに掲げており、各都府県・指定都市への若年性認知症支援コーディネーターの配置を進めてい...

NEW【大分】開放型病院として手術室のさらなる充実が必要‐柏木孝仁・宇佐高田医師会病院長に聞く◆Vol.12019/11/11

北部医療圏の中核病院の一つで地域医療支援病院である宇佐高田医師会病院病院長の柏木孝仁氏は「地域の診療所が当院の手術室を利用する機会が今後さらに増えていく」と語る。北部医療圏における同院の役割、宇佐高田...

NEW【沖縄】大学病院で20年間勤務後、新天地の宮古島に移住・開業‐竹井太・うむやすみゃあす・ん診療所院長に聞く◆Vol.12019/11/11

大学病院で20年間勤務した後、2001年に新天地として沖縄の宮古島に移住を果たした竹井太氏。2006年に「うむやすみゃあす・ん診療所」を開業し、現在では宮古地区医師会長も務める。島の医療を支える竹井氏...

NEW【和歌山】小児医療に関するワークショップ「こどものみかた」‐児玉和彦・こだま小児科理事長に聞く◆Vol.12019/11/11

小児科・家庭医療の専門医および指導医である児玉和彦氏は、病院での診療業務だけでなく、日本全国で講演やワークショップなどの活動を行う。子どもの病歴と身体診察を学ぶワークショップ「HAPPY」、一般社団法...

NEW【山形】公立病院&私立病院の再編で基盤を作り、地域を巻き込んでいく‐米沢市立病院と三友堂病院に聞く◆Vol.32019/11/11

2019年9月、厚生労働省は公的病院のなかで「再編統合について特に議論が必要」な424病院を公表した。この流れに先んじて、山形県米沢市では市立病院と私立病院の組み合わせでの再編統合のプロジェクトを進め...

NEW【三重】関心のなかったへき地医療に真正面から向き合い「やぶ医者大賞」受賞‐小泉圭吾・鳥羽市立神島診療所所長に聞く◆Vol.12019/11/11

三重県東端、鳥羽港の北東約14キロの場所に三島由紀夫の小説『潮騒』の舞台となった神島がある。周囲3.9キロ、島民約330人の小さな離島の医療を担う、神島診療所の小泉圭吾氏は、医師として島民の健康を支え...

NEW【富山】ダーク・ツーリズム先として海外からも注目を集める公害被害の発信基地‐飯田博行・富山県立イタイイタイ病資料館館長に聞く◆Vol.32019/11/11

富山県立イタイイタイ病(以下、「イ病」と表記)資料館は開館して8年目を迎え、年間来館者は約3万人。取材時までに累計で約22万5000人が同館を訪問している。小中学生の課外授業での見学や、一般の団体・個...

NEW【愛知】医療ツーリズム利用件数は2018年度264件と右肩上がり。PET健診が約4割‐高橋忍・偕行会グループ病院医療事業部 国際医療部部長に聞く◆Vol.22019/11/11

訪日外国人向け「医療ツーリズム」に積極的に取り組んでいる、偕行会グループ。4つの病院をはじめ、透析クリニックや健診センターなどによる、それぞれの特色・技術を生かした医療の提供が行われている。また、グル...

NEW【鹿児島】「民間医療用ヘリ」で県の救急医療をバックアップ‐米盛公治・米盛病院長に聞く◆Vol.12019/11/11

2014年の移転・開院に合わせて、民間医療用ヘリコプター「レッドウイング」を導入した米盛病院。県のドクターヘリに重複要請があった場合や多数傷病者事案が発生した場合に出動する「補完ヘリ」として運航し、プ...

NEW【愛媛】医師高齢化の中、救急医療体制をいかに維持するか‐岡本茂樹・松山市医師会長に聞く◆Vol.12019/11/11

小児救急医療体制や二次救急医療体制がしっかり機能しているとの評判もある松山市の地域医療。岡本眼科クリニックの院長として日々現場で診療を続けながら松山市の医師会長を務める岡本茂樹氏に、松山市の地域医療の...

NEW【広島】「問いかけ」の継続で在宅医療チームの精度を上げる‐東條環樹・北広島町雄鹿原診療所所長に聞く◆Vol.12019/11/11

広島と島根の県境に位置する、山県郡北広島町。山深いこの地域で10年以上、地域医療に携わり続ける医師がいる。北広島町雄鹿原診療所の東條環樹所長は、外来診療から終末期を見据えた在宅医療まで、患者に寄り添い...

NEW【滋賀】患者家族の自立と交流を促す「食物アレルギー対応子ども食堂」‐楠隆・滋賀県立小児保健医療センター小児科主任部長に聞く◆Vol.22019/11/11

アレルギー児と家族に安全な食事と交流の場を提供する「食物アレルギー対応子ども食堂・スマイルシード」。運営の方法や課題、行政とのかかわり方などを、活動のスタート時からサポートしている、滋賀県立小児保健医...

NEW【宮崎】ユーチューバーは現代の分身の術、がん専門医が発信する理由‐押川勝太郎・宮崎善仁会病院医師に聞く◆Vol.12019/11/11

宮崎善仁会病院でがん専門医として勤務する傍ら、YouTubeを使った情報発信をおこなっている医師の押川勝太郎氏。治療解説や公開セカンドオピニオンなど、がんにまつわる動画を精力的に発信していると同時に「...

NEW【栃木】地域の先生が中心になる地域医療連携‐森澤雄司・自治医科大学附属病院患者サポートセンター長に聞く◆Vol.22019/11/11

自治医科大学医学部は地域医療を担う人材育成で名声高い。制度上、卒業生は直ちに出身都道府県に戻り地域の医療を担うため、研修医として県内や大学病院に留まるのは栃木県出身者の5〜6人。医療圏に...

NEW【山梨】県内重症救急患者3割を受け入れる、継続の鍵はこまめな地域連携-神宮寺禎巳・山梨県立中央病院長に聞く◆Vol.12019/11/11

山梨県立中央病院は県内救急医療の基幹病院であり、重症救急症例の3割を受け入れている。救急医療の現状と地域との連携について院長の神宮寺禎巳(よしみ)氏に聞いた。(2019年8月26日インタビュー、計3回...

NEW【奈良】医大生による地域貢献のサークル活動‐奈良医大チームPREドクターズメンバーに聞く◆Vol.12019/11/11

チームPREドクターズは、奈良県立医科大学医学部の学生が2011年に立ち上げた学内で数少ないサークルのひとつだ。大学近隣の町家を改装して、学習塾を運営するなど地域貢献活動を展開。その活動ぶりやサークル...

NEW【千葉】心の苦痛を和らげるために臨床宗教師を導入‐細田亮・くぬぎ山ファミリークリニック院長に聞く◆Vol.12019/11/11

高度な医療が発達する一方で、どのような医療で介入しても患者にはどうにも難しいさまざまな苦痛がある。くぬぎ山ファミリークリニック(千葉県鎌ケ谷市)では、患者や家族のスピリチュアルペイン(心の苦痛)を少し...

NEW【宮城】大震災の直後から5000人をトリアージ診察、災害時の病院運営とは‐内藤孝・坂総合病院長に聞く◆Vol.12019/11/11

宮城県塩釜市にある坂総合病院は東日本大震災の中、災害拠点病院として被災当日から5000人の診察を行った。人や物資が不足する状況下で行った医療の様子を、院長の内藤孝氏に聞いた。(2019年8月5日インタ...

NEW【奈良】障害者が当たり前に働ける社会を目指す、全盲の精神科医‐守田稔・かわたぺインクリニック医師に聞く◆Vol.22019/11/11

日本で初めて全盲で医師免許を取得した、精神科医の守田稔氏。視覚障害をもつ医療従事者の会「ゆいまーる」代表をはじめ、さまざまな活動で障害者の社会参加を推進している。そんな守田氏に、医師としての業務内容や...

NEW【京都】府下で初めてホスピスカーを導入して地域の在宅医療を支える‐渡辺康介・渡辺西賀茂診療所院長らに聞く◆Vol.22019/11/11

地域でいちばんおせっかいな診療所と呼ばれる理由、そして在宅医療の今後について、後編では院長の渡辺康介氏と副所長の小原章央氏にも加わっていただき、話を聞いた。(2019年7月12日インタビュー、計2回連...

NEW【静岡】大胆な広報戦略と地道な地域連携活動を実践‐石山純三・静岡済生会総合病院長に聞く◆Vol.22019/11/11

静岡市駿河区の急性期総合病院である静岡済生会総合病院は、地域との連携や交流に力を入れている。「済生会フェア」「市民公開講座」「ナーススクール」「職場体験」といった地域住民との連携や、広報誌の発行による...

NEW【長野】「不安を安心に変える」工夫を散りばめた、人生に寄り添うクリニック‐麻植ホルム正之・ライフクリニック蓼科院長に聞く◆Vol.12019/11/11

2017年9月、八ヶ岳連峰のゆるやかな裾野にリゾートホテルかと見まがうスタイリッシュな医療機関、「ライフクリニック蓼科」がオープンした。本当に必要な医療とは何か?それを問い続けた証がこのクリニックであ...

NEW【長野】病院祭や医療ネットワークで地域と密接に交流‐伊澤敏・佐久総合病院統括院長に聞く◆Vol.22019/11/11

長野県厚生農業協同組合連合会佐久総合病院では、大規模な病院祭の開催、地域医療機関とのネットワーク構築など、つながりを重視している。地域とつながるための取り組みと今後について、統括院長の伊澤敏氏に聞いた...

NEW【熊本】壮年男性の孤立を防ぐため仮設団地に「バー」を出店‐山本智恵子・全国訪問ボランティアナースの会・キャンナス熊本代表に聞く◆Vol.22019/11/11

2016年4月に発生した熊本地震の震源地、益城町で被災した住人が暮らす、熊本県下最大の仮設住宅「益城町テクノ仮設団地」。ピーク時には516戸すべての住居が使用され、入居者数は1500人を超えていた。地...

NEW【長崎】暮らしに身近な医療情報を講演会や広報誌で発信-鬼塚正成・長崎北徳洲会病院長に聞く◆Vol.12019/11/11

地域の総合病院として多くの患者を支えてきた長崎北徳洲会病院。救急外来や在宅医療など、暮らしと密着した医療に開院当初から力を入れている。また医療講演や広報誌『かたらんね』、地域を巻き込んだイベント「病院...

NEW【大阪】学校の先生の悩みを聞くため2017年に開設‐生野照子・大阪メンタルヘルス総合センター長に聞く◆Vol.12019/11/11

年々増える日本人のメンタル関連のトラブル。その中でも特に教育現場では子どものいじめ、教師のうつなど課題は非常に多い。これからより求められていくであろう学校保健での医療職の役割と現場での実情を大阪メンタ...

NEW【佐賀】進化した「セーフティカード」を佐賀から発信していきたい‐阪本雄一郎・佐賀大学医学部附属病院高度救命救急センター長に聞く◆Vol.22019/11/11

佐賀のJリーグチーム、サガン鳥栖が掲げた「世界一安全なスタジアム計画」、その思いを具現化する形で始動した「セーフティカード」。一つのスタジアムの取り組みからどんな未来が広がっているのか。監修に携わった...

NEW【兵庫】聴診の達人はサックス奏者-室生卓・みどり病院長に聞く◆Vol.22019/11/11

みどり病院院長の室生卓(たかし)氏の身体所見には定評があるが、その一方で同氏は知る人ぞ知るテナーサックスの名手でもある。連載第2回では、聴診とサックス演奏との兼ね合いと、地域中核病院の院長としての今後...

NEW【静岡】ホスピス、ドクターヘリの先駆けが地域の最終病院の役割を担う‐荻野和功・聖隷三方原病院長に聞く◆Vol.12019/11/11

静岡県浜松市にある社会福祉法人聖隷福祉事業団総合病院聖隷三方原病院は県下最大の病床数を持つ。ドクターヘリの施設間運用やホスピス活動など日本初の取り組みも行ってきた。地域医療機関として目指す役割について...

NEW【埼玉】ドラマ『グッド・ドクター』の医療監修を経験して-埼玉県立小児医療センター小児外科科長の川嶋寛氏に聞く◆Vol.22019/11/11

埼玉県立小児医療センターの小児外科を統括する川嶋寛氏は、医師として多忙な毎日を送りながら、2018年にはフジテレビ系の人気ドラマ『グッド・ドクター』において医療監修に初挑戦し、ドラマを通して小児外科医...

NEW【宮城】がんをただ「治す」のではなく、「よりよく治す治療」を目指す-山田秀和・宮城県立がんセンター病院長に聞く◆Vol.32019/11/11

がん患者の高齢化を見据え、宮城県立がんセンターでは、手術の低侵襲化、合併症対策、がんとの共生に取り組んでいる。がんを「よりよく治す治療」について病院長の山田秀和氏に聞いた。(2019年6月20日インタ...

NEW【大阪】行政、医師会、病院が重層的に善意で推進する大阪の周産期医療-大阪母子医療センター副院長の光田信明氏に聞く◆Vol.22019/11/11

産婦人科診療相互援助システム(OGCS)におけるインタビュー後半をお送りする。大阪母子医療センター副院長の光田信明氏に、具体的なシステムの強みや抱えている課題、今後の展望などについて話を聞いた。(20...

NEW【東京】半径3km内で患者130人「精神科在宅のニーズ非常に高い」-こころのホームクリニック世田谷院長の高野洋輔氏に聞く◆Vol.22019/11/11

患者が病気を抱えながらも豊かに暮らせる「パーソナル・リカバリー」の実現を目指す、こころのホームクリニック世田谷院長の高野洋輔氏は、薬物療法や心理療法だけではなく、患者の生活や人生に焦点を当てたアプロー...

NEW【北海道】「公的病院、住人から信頼がない」「道南地区は少なくとも妥当」◆Vol.3 2019/11/11

調査結果はこちら⇒『【北海道】「再検証」医療機関リスト、49.2%が妥当◆Vol.1』Q北海道の地域医療構想、今回の「再検証」要請対象病院などについて、ご意見があればお寄せください。また地域で公立・公...

NEW産婦人科医の過労自殺、行政訴訟で労災認定◆Vol.42019/11/11

【産婦人科医の過労自殺、行政訴訟で労災認定】Vol.12019年5月広島地裁判決で原告勝訴、国は控訴せずVol.2判決で男性医師の文書引用、地元市長への訴えもVol.3岩城穣弁護士に聞く「約400人分...

コクランを「エビデンスのワンストップソリューションに」-渡辺範雄・コクランジャパン代表/京都大大学院准教授◆Vol.32019/11/10

渡辺範雄・コクランジャパン代表/京都大大学院准教授:中山祐次郎・対談企画現時点で最も正しい医療情報が分かる仕組み◆Vol.1世界中の論文を専門家が調べてピックアップしてくれる◆Vol.2中山:実は先日...

台風19号当日、山岳耐久レースのはずが……2019/11/10

さて18回目です。今秋、東日本を立て続けに台風や大雨が襲い大きな爪痕を残しました。被災された皆様には謹んでお見舞い申し上げます。今回はトレイルランニングと学会の話です。超大型の台風19号が来た10月1...

【神奈川県】「結核の単科病院が対象、現実的ではない」「神奈川県では妥当、「おらが病院守る」はダメ」◆Vol.22019/11/10

調査結果はこちら⇒『【神奈川県】「再検証」医療機関リスト、56.0%が妥当◆Vol.1』Q神奈川県の地域医療構想、今回の「再検証」要請対象病院などについて、ご意見があればお寄せください。また地域で公立...

【栃木県】「これ以上、栃木の病院をつぶす必要なし」「栃木市、既に3病院が統合」◆Vol.22019/11/10

調査結果はこちら⇒『【栃木県】「再検証」医療機関リスト、61.4%が妥当◆Vol.1』Q栃木県の地域医療構想、今回の「再検証」要請対象病院などについて、ご意見があればお寄せください。また地域で公立・公...

【福島県】「これ以上のダウンサイジングは福島医療の崩壊を意味」◆Vol.22019/11/10

調査結果はこちら⇒『【福島県】「再検証」医療機関リスト、42.2%が妥当◆Vol.1』Q福島県の地域医療構想、今回の「再検証」要請対象病院などについて、ご意見があればお寄せください。また地域で公立・公...

【山形県】「好事例は日本海総合病院、公立置賜総合病院」◆Vol.22019/11/10

調査結果はこちら⇒『【山形県】「再検証」医療機関リスト、78.6%が妥当で全国トップ◆Vol.1』Q山形県の地域医療構想、今回の「再検証」要請対象病院などについて、ご意見があればお寄せください。また地...