m3.com トップ > 医療維新

医療維新

大きな転換期を迎えている医療界。新時代を切り開くため、より良き医療につなげるための様々な動きを、m3.com編集部が独自の取材・視点で取り上げていくとともに、当サイト会員の皆様へのアンケートを通じて、臨床の第一線で活躍する医療者の声をお届けします。

記事一覧(最新50件)

NEW新専門医制度、1次登録は7989人、卒後2年目医師の約9割2017/11/17

日本専門医機構は11月17日の理事会後の記者会見で、11月15日に締め切った1次登録者数は、卒後2年目の臨床研修医の約9割に当たる7989人に上ることを公表した。最も多いのは内科で2554人、新たに基...

NEW療養病棟入院基本料の一本化を提案2017/11/17

中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は11月17日、「入院医療(その6)」として療養病棟入院基本料などについて議論した。厚生労働省は、療養病棟入院基本料1(...

NEW「地域包括ケア」「専門医療提供」、有床診に二つのモデル2017/11/17

厚生労働省は11月17日の中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)に対し、主に地域医療を担う有床診療所は「地域包括ケアモデル」、主に専門医療を担う有床診は「専門...

NEW 「院外処方、なぜ院内の3倍の技術料か」、疑問の声2017/11/17

内閣官房行政改革推進本部の行政事業レビューで11月16日、調剤技術料が取り上げられた。同事務局は、1処方の平均的な技術料について、院内処方と院外処方で約3倍の差が生じていることを指摘する資料を提出。評...

NEW一種の運命だと思って【連載小説「朔風」第110回】2017/11/17

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]――城戸先生!俯きかげんで、白日夢めいた感覚に陥っていた健太朗に声がかかった。彼はふっと顔を上げて、声のした方向に山根医師を認めた。「院長先生から聞...

NEWマッチングで「地域密着型臨床研修病院」を新設2017/11/16

厚生労働省の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・東京大学名誉教授)は11月15日、初期臨床研修マッチングにおいて地域枠学生を優先的に採用する「地域密着型臨床研修病院(仮称)」を新設...

NEW「複数名での訪問看護、算定回数制限を」2017/11/16

中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は11月15日の会議で、「在宅医療(その4)」として訪問看護について議論した。厚生労働省は、複数名による訪問看護の算定回...

NEWオンジ製剤の製品名、厚労省「メーカー戦略予測できず、反省材料」2017/11/15

厚生労働省は11月15日の厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会(部会長:森田朗・津田塾大学総合政策学部教授)で、一般用医薬品のオンジ製剤が「アレデル顆粒」「キオグッド顆粒」「ワスノン」などの製品名で販...

NEWMRによる不適切宣伝、3カ月間で39医薬品等、延べ64件2017/11/15

厚生労働省は11月15日の厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会(部会長:森田朗・津田塾大学総合政策学部教授)で、「医療用医薬品の広告活動監視モニター事業」の結果を公表、2016年度中の3カ月間の調査対...

NEW医師のベア実施率、過去6年一貫して低調、四病協2017/11/15

四病院団体協議会は11月15日、厚生労働省内で記者会見を開き、過去6年間で賃金ベースアップの実施率が、全産業に比べて病院は低く、特に医師では低かったとする調査結果を公表した。全日本病院協会の猪口雄二会...

NEW新薬12成分、25品目の薬価を了承2017/11/15

中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は11月15日、新薬12成分、25品目の薬価を了承した。薬価収載は2017年11月22日の予定。内訳は、内用薬5成分、7...

NEW「出身大学と同一都道府県で臨床研修」、52.5%◆Vol.12017/11/15

医師の卒後2年間の臨床研修先を決めるシステムが、医師臨床研修マッチング。臨床医としてスタートする段階での臨床研修先選びは、医学生らにとって非常に重要である上、研修医を受け入れる病院側にとってもどんな視...

NEW厚労省医事課長の“21条発言”、偶然の産物 - 有賀徹・労働者健康安全機構理事長に聞く◆Vol.22017/11/15

――2011年3月に発生した東日本大震災の対応もあり、厚労省が「医療事故に係る調査の仕組み等のあり方に関する検討部会」を設置し、議論を再開させたのは、2012年2月です。先生も構成員の一人でした。私が...

「組織としてのCOI管理」など重視2017/11/14

全国医学部長病院長会議は11月13日の記者会見で、「医系大学・研究機関・病院のCOI(利益相反)管理ガイドライン(改定案2017)」を公表した。2014年2月以来の改定となり、「COI申告の開示基準」...

特定入院料の算定日数要件緩和など要望2017/11/14

全国医学部長病院長会議は11月13日の記者会見で、2018年度診療報酬改定に関する要望事項について説明した。9月25日に、同会議と国立大学附属病院長会議、全国公立大学附属病院長・事務長会議、日本私立医...

働き方改革「大学病院の特性に理解を」2017/11/14

全国医学部長病院長会議は11月13日の定例記者会見で、医師の働き方改革について、大学病院の医師の仕事の特性に配慮することなどを求める声明を発表した。加藤勝信厚生労働大臣宛てで、11月2日に厚労省医政局...

再びデジャヴの中で【連載小説「朔風」第109回】2017/11/14

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「苫小牧に搬送されると訊いたが、私の状態はそんなに重大なのかね?自己診断ではだいぶ具合が良くなってきているんだが?」「いえ、うーん……」と院長の言葉...

「複数医療機関による訪問診療」、診療報酬で評価2017/11/13

中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は11月10日、在宅医療を議題とした。複数の医療機関による訪問診療について、厚生労働省は主として在宅医療を担う医療機関の...

全日病会長「本当にひどい経営状況」、実調に見解2017/11/13

全日本病院協会の猪口雄二会長は11月10日、東京都内で記者会見し、2018年度診療報酬改定の基礎資料となる「第21回医療経済実態調査(医療機関等調査)」について、「本当にひどい状況。(診療報酬改定に当...

全日病、10年以上の医師対象に「総合医プログラム」開始2017/11/13

全日本病院協会の猪口雄二会長は11月10日、東京都内で記者会見し、同会会員施設の医師に対し、「全日病総合医プログラム」を提供することを公表した。対象はおおむね10年以上の医師で、50万円程度と見込まれ...

あはきへの受領委任導入「不正対策の強化に」、整形外科シンポ2017/11/13

日本臨床整形外科学会のシンポジム「療養費と受領委任」が11月12日に東京都内で開催された。柔道整復における受領委任制度が不正の温床になっていると指摘される中、2018年度中に、あはき(あん摩マッサージ...

「CPA、ROSC後即オペ、即退院」憧れの上級医2017/11/12

【U35ドクター調査】では、35歳未満の医師を対象に、勤務実態や将来設計から休日の過ごし方や恋愛観まで、さまざまなテーマで今時の若手医師のリアルを紹介する。前編では、前期研修医、後期研修以降の医師に対...

外科医の弁慶は義経を待ち望んでいる - 対談:天野篤・順天堂医院長◆Vol.32017/11/12

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画「ずっとloserだった」◆Vol.1」「多くの医師は『ごっつあん体質』」◆Vol.2」中山祐次郎氏ちょっと先のお話すぎて、まだ自分には想像がつ...

中流家庭でも余裕「医学部入学」の奥の手(1/2)2017/11/12

私立大学医学部の学費は高い。日本一学費の高い大学は川崎医科大学(岡山県倉敷市)で、6年間の総額は4550万円だ。しかし、年収600万円ほどの「中流世帯」でも、子供を医学部に進学させることは十分可能だと...

しし座流星群、2017年は好条件…11/18未明から明け方に見頃2017/11/12

しし座流星群が2017年11月18日、活動のピークを迎える。見頃となる18日未明から明け方にかけては、月明かりの影響もなく、好条件。1時間あたり5個程度の流星出現が予想されている。しし座流星群は、テン...

英語能力ランキング2017、日本は80か国中37位…年々下降2017/11/12

イー・エフ・エデュケーション・ジャパンは、英語能力ランキング「EFEPI2017」を発表した。日本は80か国中37位と前年(2016年)より順位を2位落とした。世界ランキングはオランダが1位、アジアで...

クリスマス、みんなが選ぶレストランは?2017/11/12

ハロウィンが終わり、今年も残すところあとわずか。街はそろそろイルミネーションが灯りだすころ。クリスマスのご予定を検討されているm3会員も多いのではないでしょうか。昨年度実施したm3.com会員への意識...

「不都合感じず」「患者の心理的抵抗大」、介護保険への移行困難な理由2017/11/12

厚生労働省がリハビリテーションを行う病院を対象に実施した調査によると、「維持期リハビリテーションを行っている要介護被保険者のうち、通所リハビリへの移行が困難な理由」は、「月13単位のリハビリで十分であ...

医療者の秋、「学会、科研費、尿路結石の秋」2017/11/12

2017年10月3日(火)~10月9日(月)に実施したm3.com意識調査『医療者にとっての「○○の秋」は何?』において、秋と聞いて想起する言葉について質問したところ、全体の約3分の1(33.8%)が...

「週7日勤務」、日本6.2%、米国4.2%◆Vol.22017/11/12

医師の「働き方改革」や過労死などがクローズアップされている昨今、医師の長時間労働の改善が急務になっている。日本の医師の勤務実態に関する調査は多々あるが、日米両国の現状を比較するため、今回の調査でも改め...

処方せん、医薬品の「変更不可」は16.5%に減少2017/11/11

11月10日の中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で、「後発医薬品の使用促進策の影響及び実施状況」に関する調査の結果概要が公表され、2017年度の一般名処方...

「当事者が罰を受ける仕組み」、瞬間的に察知 -有賀徹・労働者健康安全機構理事長に聞く◆Vol.12017/11/11

2015年10月にスタートした医療事故調査制度。さかのぼれば、自民党政権時代の2007年10月に第2次試案、2008年4月に第3次試案、同年6月に「医療安全調査委員会設置法案(仮称)大綱案」の作成まで...

四病協調査「宿日直許可得ず」19%、「36協定なし」15%2017/11/11

厚生労働省は11月10日、「第4回医師の働き方改革に関する検討会」を開催し、日本医師会と、全国自治体病院協議会、四病院団体協議会、全国医学部長病院長会議からヒアリングを行った。各団体は、それぞれが行っ...

費用対効果評価、企業と第3者の分析に開き2017/11/11

中央社会保険医療協議会の費用対効果評価・薬価・保険医療材料の各専門部会の合同部会が11月10日に行われ、試行的導入の対象13品目のうち一部で、企業による分析と第3者による再分析の結果が大きく異なってい...

「自己負担額なし患者」にも明細書の無料発行が普及2017/11/11

11月10日の中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で、「公費負担医療に係るものを含む明細書の無料発行の実施状況」に関する調査の結果概要が報告され、「自己負担...

研修医「上級医との関わり方、難しい」9割強2017/11/11

【U35ドクター調査】では、35歳未満の医師を対象に、勤務実態や将来設計から休日の過ごし方や恋愛観まで、さまざまなテーマで今時の若手医師のリアルを紹介する。第7回は「指導医と研修医の関係」に関する調査...

「先生がいたから、最期まで幸せだったと思う」2017/11/11

2017年9月26日(火)~10月2日(月)に実施したm3.com意識調査「接遇マナー、習ったことある?」において、言われてうれしかった患者さんからの言葉に関する質問への回答を紹介する。自身の存在感を...

「残薬の相談経験あり」、患者の14.2%2017/11/10

11月10日の中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で、2016年度の診療報酬改定の結果検証に係る特別調査(2017年度調査)の結果概要が報告され、2017年...

「公私、医療機関の扱いは原則平等」、医療部会で確認2017/11/10

厚生労働省は、11月10日の社会保障審議会医療部会(部会長:永井良三・自治医科大学学長)で、同省の各種審議会・検討会で進む医療提供体制をめぐる議論の進捗状況を説明、委員の間で特に議論になったのは、医師...

医師が望むのは「完全休日」、そのためには増員2017/11/10

全国医師ユニオンは11月9日、「勤務医労働実態調査2017」の集計結果の概要を発表した。この中で、勤務医の労働条件改善策として多くの回答を集めたのは、「完全な休日を増やす」。改善に有効な方法としては、...

厚労省、「医療経済実態調査の結果は適切」2017/11/10

11月10日の中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で、厚生労働省保険局保険医療企画調査室長の矢田貝泰之氏は、11月8日の中医協総会で公表された医療経済実態調...

紹介状なし定額負担、どこまで拡大?2017/11/10

11月8日の中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)では、紹介状なしで大病院を受診した場合の定額負担について議論した。2016年度診療報酬改定では「特定機能病院...

先生、院長先生がお話になりたいそうです【連載小説「朔風」第108回】2017/11/10

無題ドキュメント[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「すみません、先生方!」山根と健太朗に加えて、後から花島看護部長、事務の都筑君などがやってきて、鳩首して院長の他病院への搬送可能性に...

「財務省の分析、疑念すら覚える」、横倉日医会長2017/11/9

日本医師会会長の横倉義武氏は11月9日、記者会見を開き、財務省が第21回医療経済実態調査の結果について、国公立を除く一般病院の経営は改善しているなどの解釈を公表していることについて、「診療報酬引き下げ...

「医師少数区域」の勤務医師、厚労省が「認定」を検討2017/11/9

厚生労働省は11月8日の「医療従事者の需給に関する検討会」の第14回医師需給分科会(座長:片峰茂・長崎大学前学長)で、医師偏在対策として「医師少数区域」での一定期間以上の勤務経験を有する医師を厚労省が...

「全入院基本料の大幅引き上げ、不可欠」、日病協2017/11/9

14の病院団体で構成する日本病院団体協議会は11月9日、全入院基本料の大幅な引き上げなど、計7項目から成る「2018年度診療報酬改定に係る要望書」(第2回)を、厚生労働省保険局長宛てに提出した。提出後...

被保険者番号を個人単位に、医療等IDにも活用、医療保険部会2017/11/9

厚生労働省は11月8日、社会保障審議会医療保険部会(部会長:遠藤久夫・国立社会保障・人口問題研究所所長)に2020年8月から本格稼働が予定されている医療保険のオンライン資格確認について、世帯単位となっ...

診療側、働き方改革で診療報酬上の対応求める2017/11/8

中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は11月8日の会議で、横断的事項として「医療従事者の働き方、病床数の取扱い、地域の実情を踏まえた対応」を議題とした。厚生...

「プラス改定、必要性は明白」、中川日医副会長2017/11/8

日本医師会副会長の中川俊男氏は11月8日の定例記者会見で、同日の中医協で公表された「第21回医療経済実態調査」で、2016年度の一般病院の損益差額率はマイナス4.2%であるなど、医療機関の経営悪化が示...

医療法人の無床診、経営改善は皮膚科のみ2017/11/8

11月8日の中央社会保険医療協議会の総会と調査実施小委員会で公表された第21回医療経済実態調査(医療機関等調査)のうち、医療法人の無床診療所の診療科別に見ると、利益率に当たる「損益差額の構成比率」(以...