m3.com トップ > 医療維新

医療維新

大きな転換期を迎えている医療界。新時代を切り開くため、より良き医療につなげるための様々な動きを、m3.com編集部が独自の取材・視点で取り上げていくとともに、当サイト会員の皆様へのアンケートを通じて、臨床の第一線で活躍する医療者の声をお届けします。

記事一覧(最新50件)

NEW2035年、ニーズ高まる科は「総合診療」「内科」◆Vol.12018/1/21

依然として高偏差値の受験生に根強い医学部人気。優秀な人材が集まるという好ましい面がある一方で、医師としての適性に欠ける学生も少なからずいるという指摘も出ている。医師の働き方や医療現場の実態への理解、医...

NEW時間外の上限規制、「医師特有の基準」が約半数◆Vol.92018/1/21

Q:医師に対しても時間外労働の上限規制をすべきとお考えですか。男性男性医師全体で46.8%が「医師特有の基準による規制」と回答。職責ごとに見ても、いずれの職責もおよそ半数前後がこの回答だった。一方、上...

NEW「報酬」トップは米国、労働環境、基礎研究も◆Vol.102018/1/21

日米の医師は、自国および諸外国の医療事情や制度について、どのように見ているのだろうか。医療水準、基礎研究、医療制度、労働環境、報酬という5つのテーマについて、複数の国名を挙げて、1位から3位まで順位を...

NEWわたしの担当医 闘病をあきらめかけたわたしへの担当医の一言2018/1/20

「わたしの担当医」について「わたしの担当医」では、(元)患者さんの視点から、闘病体験や担当医との思い出を振り返っていただき、その内容を記事にしています。直接は聞きにくい患者さんの本音や、患者さんの心が...

NEW年収850万以上で医師も増税 2018年の税制2018/1/20

第1回では「所得」、第2回では「節税」のテーマで、税理士法人ひまわりで医療業界を担当している園田俊英(そのだとしひで)先生にインタビューをしてきました。3回目となる今回は「増税」に焦点を絞ってお話を伺...

NEW医師だから描ける漫画、漫画家だからできる医療貢献2018/1/20

本が整然と並ぶ優しい色使いの待合室。思わず手に取りたくなる愛嬌たっぷりの表紙のキャラクターに迎えられました。訪れた患者さんも思わずふっと不安な気持ちが緩むかもしれません。その本は全て“いばらきレディー...

NEW医師賠償責任保険は加入すべき?2018/1/20

リスクは過小評価せず、過大評価もせず患者の権利意識の高まりで、医師は患者に訴えられるリスクが高まっています。開業医だけでなく、勤務医も勤務先の病院と共同被告になるケースがあります。訴えられた時に損害賠...

NEWすべて公開!医学部選び最新データ2018 私立編vol.22018/1/20

私立大では「入試方法の多様化」が起きている。優秀な学生獲得のため受験機会を増やす動きがここ数年活発なのだ。「今までは入り口が一つだけという大学が多かったのです。後期日程を設けたり、センター試験利用入試...

NEWセカンドオピニオンの問題点「自費治療の認識」の欠如◆Vol.152018/1/20

Qセカンドオピニオンを提供する立場として、以下のように感じることはありますか?最近1年でのセカンドオピニオン提供経験のある医師226人に、セカンドオピニオンを提供する際に感じる問題点を4段階で尋ねた。...

NEW「病院は経営危機」、「プラスは遺憾」2018/1/20

中央社会保険医療協議会総会(会長・田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)の公聴会が1月19日に千葉市で開催され、県内の医療提供者のほか、保険者、患者が2018年度診療報酬改定に関する意見を発表...

NEW「大都市集中、内科激減は間違い」、日本専門医機構2018/1/20

日本専門医機構副理事長の山下英俊氏は、1月19日の理事会後の記者会見で、2018年度開始予定の新専門医制度の専攻医の2次募集状況を報告、「5都府県については、過去5年間の採用実績を超えて採用することは...

NEW1期生、留学生含め140人全員の国試合格目指す - 国際医療福祉大学◆Vol.32018/1/20

――順調な滑り出しとのことですが、今後の課題は何だとお考えでしょうか。北村一つは、20人の留学生の「漢字の壁」でしょうか。日本の医師国家試験に合格し、日本のライセンスを取得してもらいたいため、留学生向...

NEWダヴィンチ手術「保険診療増えるのは大きい」2018/1/19

東京医科歯科大学は医療系メディア向けの勉強会を1月18日に開催し、同大大学院消化管外科学分野教授で手術支援ロボット「ダヴィンチ」支援下での直腸がん手術で多くの実績がある絹笠祐介氏は、2018年度診療報...

NEW同期と結婚、その理由は?-女性外科医・コミックエッセイ作家:さーたり氏に聞く◆Vol.22018/1/19

女性外科医・コミックエッセイ作家:さーたり氏に聞く女性外科医でコミックエッセイも人気◆Vol.1同期と結婚、その理由は?◆Vol.2出産後の悩み、若手医師へのメッセージ◆Vol.3(近日公開)新作試し...

誰もが泥舟から逃げ出そうとしている【連載小説「朔風」第128回】2018/1/19

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「本当に力足らずで、申し訳ありません」電話口で那須は開口一番、健太朗にそう告げた。「本来ならば、私が城戸先生といっしょにバトラー病院の改革に向けて旗...

2018年度医学部入試、センター試験速報!2018/1/18

駿台予備校とベネッセコーポレーションは1月17日、大学入試センター試験(1月13~14日実施)の自己採点集計「データネット2018」や判定基準の偏差値順位、倍率などを公表した。受験生はこれらの結果など...

セカンドオピニオンの提供、6割が難しさ感じる◆Vol.142018/1/18

Q最近1年間で、セカンドオピニオンを患者に提供したことはありますか?最近1年でのセカンドオピニオン提供経験を尋ねたところ、「ある」が47.4%、「ない」が52.6%と拮抗した。Q紹介元の診察に対して、...

2018年、期待の医師や出来事は?◆Vol.102018/1/18

Q:2018年の医療界で社会の注目を集めそうな人、出来事、あるいは先生が注目されている医療界の動きなどがあれば、その名前や出来事、内容と理由をお書きください。(任意)【2018年はこの先生!】西田幸二...

終末期医療GLを年度内にも改訂へ、厚労省がたたき台を公表2018/1/17

厚生労働省は、国が示すいわゆる終末期医療ガイドライン(GL)に当たる「人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するGL」を、2017年度内にも改訂する方針だ。2007年に「終末期医療の決定プロセス...

先進医療102件、885施設、患者3万2984人2018/1/17

厚生労働省は、1月17日の中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)に対し、2017年6月30日時点での先進医療の実績について、技術数は先進医療Aが35種類、先進...

「ダヴィンチ」手術、一挙に12件を保険適用へ2018/1/17

中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は1月17日の会議で、手術支援ロボット「ダヴィンチ」を用いたロボット支援下内視鏡手術について12件を一挙に保険適用するこ...

オプジーボ、「用法用量変化再算定」で再引き下げ2018/1/17

中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は1月17日、2018年度薬価改定時に、市場拡大再算定(9成分18品目)、特例市場拡大再算定(2成分4品目)、用法用量変...

「I'm in love with medicine」と言える学生を期待 - 国際医療福祉大学◆Vol.22018/1/17

――1年生の2学期からは、授業が全て英語とのことです。学生たちはついていけるのでしょうか。医学部長の北村聖氏(以下、北村)英語の語学力が乏しい学生が理解できないと困ると心配していましたが、全員が苦労し...

医師の勤務実態、大学と大学以外で顕著な差2018/1/16

厚生労働省は1月15日の第6回医師の働き方改革に関する検討会で、病院勤務医の勤務実態を1分刻みで追ったタイムスタディ調査の速報結果の一部を公表した。先行して集計した10施設44人分。全体で一度の勤務時...

手を差し伸べてきたのは看護師たちだった【連載小説「朔風」第127回】2018/1/16

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【44】山根、まゆみ、健太朗の三者鳩首会談の後、バトラー病院の譲渡を狙った金子市長の動きは公然たるものになった。職員全員をそのまま継続雇用させる、と...

働き方改革の緊急対策、労働時間管理など5項目は「当然」2018/1/15

厚生労働省は1月15日の第6回医師の働き方改革に関する検討会(座長:岩村正彦・東京大学大学院法学政治学研究科教授)に「医師の労働時間短縮に向けた緊急的な取り組み」の骨子案を提案した。(1)労働時間管理...

加藤厚労相「2025年見据え医療体制構築を」2018/1/15

四病院団体協議会の賀詞交歓会が1月12日に東京都内で開かれ、加藤勝信厚生労働大臣が「団塊の世代が75歳以上になる2025年を見据え、多様なニーズに対応することができる医療体制を構築することが求められる...

セカンドオピニオン後の主治医変更、2割が「不快」に◆Vol.132018/1/15

Qセカンドオピニオンの紹介状作成はどの程度負担に感じますか?セカンドオピニオンの紹介状作成の負担度合いについて、「全く負担には感じない」は10.4%にとどまった。「そこまで負担には感じない」が37.5...

医師が「節税」を望むのは無理?2018/1/14

医療業界に詳しい税理士法人ひまわりの園田先生。収入源が多い勤務医が抱えるお金の問題について、所得税の区分や計算方法の内容に引き続き、今回は「節税」に焦点を絞りお話を伺いました。勤務医の収入はサラリーマ...

医師のライフプランニングと保険によるリスクヘッジ 開業医の保険2018/1/14

勤務医に比べ、加入する保険の種類も保障額も多くなるクリニックを開業すると、勤務医時代の勤務先の健康保険、年金などの保障から外れます。個人事業主なので医師国保、国民年金に加入します。個人で対応すべきリス...

医師のライフプランニングと保険によるリスクヘッジ 勤務医の保険2018/1/14

勤務先の保障を上積みできるように加入勤務医は、健康保険は組合健康保険または共済保険、年金は厚生年金または共済年金に強制加入になります。勤務先による保障を補完するように生命保険の死亡保険、医療保険、入院...

すべて公開!医学部選び最新データ2018 私立編vol.12018/1/14

この記事は、2017年10月末に発売された「プレジデントFamily医学部進学大百科2018完全保存版(2017年11月発行)」の記事を抜粋して掲載しています。私立大医学部の偏差値データを見ると、やは...

すべて公開!医学部選び最新データ2018 国公立編vol.22018/1/14

この記事は、2017年10月末に発売された「プレジデントFamily医学部進学大百科2018完全保存版(2017年11月発行)」の記事を抜粋して掲載しています。昨今の入試の流れで知っておきたいのは、英...

わたしの担当医 クールだった先生の病室で満面の笑みを見せたとき2018/1/14

「わたしの担当医」について「わたしの担当医」では、(元)患者さんの視点から、闘病体験や担当医との思い出を振り返っていただき、その内容を記事にしています。直接は聞きにくい患者さんの本音や、患者さんの心が...

働き方改革、半数は「行われていない」2018/1/14

昨年来、さまざまな議論が進行中の「働き方改革」。厚生労働省が2017年12月20日に発表した労働経済動向調査では、働き方改革のため事業所が行った取り組みとして、調査全体では「長時間労働削減のための労働...

【U35ドクター調査】医学部合格、3人に1人自信がなかった2018/1/14

【U35ドクター調査】では、35歳未満の医師を対象に、勤務実態や将来設計から休日の過ごし方や恋愛観まで、さまざまなテーマで今時の若手医師のリアルを紹介する。第11回は「受験体験とアドバイス」に関する調...

「医師の労働」とは何か?◆Vol.82018/1/14

医師の一日は診療から事務作業、各種委員会や勉強会、自己研鑽など多岐にわたり、「労働時間」の議論に入る前に、そもそも「どこからどこまでが労働か」が問題になる。「医師の労働」とは何かを聞いた。Q:下記のう...

「診療制限を感じる」日本76.9%、米国70.6%◆Vol.92018/1/14

人口の高齢化に伴い、医療費抑制圧力が高まっているのは、多くの先進諸国に共通する課題だ。米国は患者が加入する保険によって給付範囲が異なるなど、制約が多いと言われるが、日米医師への調査で、「保険制度による...

京都50.8%増、東京50.0%増、専攻医の地域差は拡大2018/1/13

日本専門医機構が12月15日に公表した2018年度新専門医制度の1次登録採用数(2018年度1次登録採用数)をm3.com編集部が分析した結果、47都道府県別の専攻医数は、「2014年医師・歯科医師・...

モチベーション高い学生が一番の自慢 - 国際医療福祉大学◆Vol.12018/1/12

2017年4月、2016年の東北医科薬科大学に続き、国際医療福祉大学が医学部を開設した。場所は、国家戦略特別区域に指定された千葉県成田市。1学年140人で、うち20人を留学生枠として設けたことが特徴だ...

「日本公的病院精神科協会」設立へ2018/1/12

全国自治体病院協議会副会長の中島豊爾氏(岡山県精神科医療センター理事長)は1月11日の記者会見で、精神科を持つ公立、公的病院で組織する「一般社団法人日本公的病院精神科協会」(略称:公精協)の設立総会を...

中医協、厚労相の諮問受け2月に答申へ2018/1/12

中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は1月12日、2018年度診療報酬改定に向けたこれまでの議論を取りまとめた。同日、加藤勝信厚労相から改定への意見について...

今夜で最後にするつもりなのだ…【連載小説「朔風」第126回】2018/1/12

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]その夜、健太朗とまゆみは寝た。いつものように周囲を気にして一人で部屋に戻った彼女が、誰の目もないことを確かめ、そっとドアを開けて、彼がその隙間にすば...

「大学病院こそ地域包括ケアを理解、教育する場」2018/1/11

一般社団法人「医療介護福祉政策研究フォーラム」は1月10日、「地域医療構想と地域包括ケア」をテーマに新春座談会を都内で開催した。司会を務めた慶應義塾大学名誉教授の田中滋氏は、2018年度診療報酬改定の...

女性外科医でコミックエッセイも人気-さーたり氏に聞く◆Vol.12018/1/11

現役の女性外科医で、コミックエッセイ作家としても大注目の「さーたり」先生の『腐女医の医者道!』。m3.comでは第1巻を掲載しているが、このほど第2巻の『外科医でオタクで、3人子育て大変だ!編』が発売...

「重症度、医療・看護必要度」の定義・判定基準を一部変更2018/1/10

中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は1月10日の会議で、入院医療(その10)として一般病棟入院基本料について議論した。厚生労働省は「重症度、医療・看護必要...

初再診料の「未妥結減算」、対象を拡大2018/1/10

厚生労働省は、1月10日の中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)に対し、薬価の毎年改定の実施に向けて、薬価調査の正確性を確保するため、現状で報告を求めている妥...

診療報酬改定に向け議論を整理2018/1/10

中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は1月10日、2018年度診療報酬改定に向けたこれまでの議論の整理を行った。1月12日の会議で最終的に取りまとめた上でパ...

「骨太2018で激しい議論」横倉・日医会長が年頭会見2018/1/10

日本医師会の横倉義武会長は1月9日の定例記者会見で、年頭所感として「骨太の方針2018」での社会保障費の伸びについて「激しい議論が予想される」との見解を示した。政府は経済財政諮問会議での議論をもとに、...

「かかりつけ医機能」を持つ医療機関の初診、加算で評価へ2018/1/10

厚生労働省は、1月10日の中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)に対し、かかりつけ医機能を有する医療機関における初診を評価する方針を打ち出した。大病院の外来は...