m3.com トップ>医療維新>医師調査

医師調査
Page
「財政優先の医療制度いじりは邪道」「高齢者の負担増加を」◆Vol.15-32016/9/17

アメリカの医師の高い自殺率の背景に、自由診療制度が関わっている。アメリカでは、製薬会社や保険会社が巨...

シリーズ:どうなる?「日本の未来の医療」

「勤務医続けるのが情けない」「専門バカ増えた」◆Vol.15-22016/9/17

前回『「医療の目的、高齢維持に非ず」◆Vol.15-1』に引き続き、「これからの日本の医療のあるべき...

シリーズ:どうなる?「日本の未来の医療」

「医療の目的、高齢維持に非ず」「姥捨て山許すな」◆Vol.15-12016/9/17

最後に、「これからの日本の医療のあるべき姿」について、医師509人(勤務医253人、開業医256人)...

シリーズ:どうなる?「日本の未来の医療」

医師500人が予想、20年後の医療レベル◆Vol.142016/8/30

前回、『社会保障、「アクセス」犠牲で維持◆Vol.13』では、厳しい国家財政の中で、「保険給付範囲」...

シリーズ:どうなる?「日本の未来の医療」

社会保障、「アクセス」犠牲で維持◆Vol.132016/8/29

低コストでフリーアクセス、さらに高いレベルを維持してきた日本の医療。しかし、医療需要の増加や医療技術...

シリーズ:どうなる?「日本の未来の医療」

医学部定員、「現状維持」と「削減」で二分◆Vol.122016/8/26

2007年度に7625人だった医学部定員は、2016年度に9262人にまで増えた。医学部定員増と人口...

シリーズ:どうなる?「日本の未来の医療」

「公平はナンセンス」?診療科偏在◆Vol.102016/8/23

政府の2016年骨太の方針で、医師の診療科偏在、地域偏在について、「実効性のある」対策の推進が決まり...

シリーズ:どうなる?「日本の未来の医療」

「上が決め、下の世代が割を食う」「中途半端な期間長くなるだけ」◆Vol.32016/8/20

Q専門医取得をめぐるご自身の悩みや不安、さらには新専門医制度への意見、提言などがありましたら、ご自由...

シリーズ:若手・医学生に緊急調査◆新専門医制度

6割が反対、「専門研修へのマッチング導入」◆Vol.22016/8/20

新専門医制度は、2017年度からの開始を「1年延期」し、2018年度を目途に19の基本領域について開...

シリーズ:若手・医学生に緊急調査◆新専門医制度

若手医師、6割が新専門医制「1年延期」を支持◆Vol.12016/8/18

日本専門医機構は、2017年度から開始予定だった新専門医制度について、19の基本診療領域のいずれも「...

シリーズ:若手・医学生に緊急調査◆新専門医制度

医師の7割、「医療施設の集約化」支持◆Vol.112016/8/16

2008年ごろから、日本は人口減少社会に突入した。2016年5月現在の総人口(概算)は1億2696万...

シリーズ:どうなる?「日本の未来の医療」

「医学部生の夏を謳歌して」「やはり医学の勉強が第一」2016/8/13

医体(東医体/西医体)の参加経験を持つ医師からの回答が多いことから、「母校や出身競技の医体の結果に興...

シリーズ:「医体」の思い出・2016

医師の6割以上、「標榜科の制限は必要」◆Vol.92016/8/13

日本の自由標榜制に対する批判は根強い。厚生労働省の検討会が今年末までに「在り方を検討する」との中間と...

シリーズ:どうなる?「日本の未来の医療」

「卒業してからも付き合える仲間ができる」2016/8/10

体育会系か文化系かを問わず、医学生時代に部活動に参加する一番のメリットを聞いたところ、最も多かったの...

シリーズ:「医体」の思い出・2016

専門医で「診療報酬に差」、勤務医の約半数が支持◆Vol.82016/8/9

日本外科学会がこの4月に実施した若手を対象にしたアンケートでは、外科専門医資格を取得しても給料や地位...

シリーズ:どうなる?「日本の未来の医療」

開業医はよりシビアに評価、高額医薬品◆Vol.72016/8/8

高額新薬が社会保障費を圧迫しているとの批判が相次いでいる。分子標的薬、特に抗体医薬のオプジーボ(ニボ...

シリーズ:どうなる?「日本の未来の医療」

「医体」、1位はラグビー、2位硬式テニス2016/8/7

“スポーツの夏”。盛り上がるのは、リオデジャネイロオリンピックに限らない。医学生の部活の祭典、東日本...

シリーズ:「医体」の思い出・2016

医師の6割強、「多剤・重複投与の是正」を支持◆Vol.62016/8/7

2016年度診療報酬改定では、「薬」が医療費削減のターゲットになった。基本方針には、後発医薬品の使用...

シリーズ:どうなる?「日本の未来の医療」

勤務医の8割、フリーアクセス制限もやむなし◆Vol.52016/8/6

高齢化や医療技術の進歩で増え続ける医療費。厳しい財政状況の中で、医療費抑制のためには、フリーアクセス...

シリーズ:どうなる?「日本の未来の医療」

医師の7割以上は「かかりつけ医なし」◆Vol.42016/8/5

政府は、軽症患者の大病院受診を抑制し、地域の病院や診療所への受診を促すため、「かかりつけ医」制度の普...

シリーズ:どうなる?「日本の未来の医療」

医師の4割、最期は「自宅」を希望、病院支持者も◆Vol.32016/8/2

「長年住んだ自宅で最期を迎えたい」。そのような患者の希望を支えるため、診療報酬改定などで在宅医療が推...

シリーズ:どうなる?「日本の未来の医療」

医師の7割、終末期に胃ろうや点滴望まず◆Vol.22016/8/1

高齢者への人工的に栄養を補給する胃ろうや中心静脈栄養の是非をめぐって、意見が分かれている。日本は諸外...

シリーズ:どうなる?「日本の未来の医療」

高齢者の保険診療に制限、過半数の医師が支持◆Vo.12016/7/18

人口の高齢化と医療技術の進展への対応が求められ、医療制度改革が進む日本。医療の質向上だけでなく、医療...

シリーズ:どうなる?「日本の未来の医療」

「地域の町医者」「月収300万」若手医師の将来ビジョン◆Vol.212016/7/17

Q医師として成し遂げたい目標やビジョンなどについてのご記入ください。【地域医療】・専門分野で地域に貢...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

若手はこんな本を読んでいる2016◆Vol.202016/7/9

Q最近、読んだ中で印象に残った本を教えてください。【任意】2013年の調査は「若手はこんな本を読んで...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

尊敬する医療人、最多は「山中氏」と「ブラックジャック」◆Vol.192016/7/7

Q尊敬する医療人を教えてください。・山中伸弥先生3人・日野原重明先生2人・青木見佳子先生・家森幸男先...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

将来の日本の医療「格差拡大」「予防医療の充実」◆Vol.182016/7/3

Q将来の日本の医療の展望やあるべき姿などについてのお考えをご記入ください。【将来予測・展望】・高齢化...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

医療費増加への対策、「患者負担増」が最多◆Vol.172016/6/30

Q増え続ける医療費に対応するためにどうすれば良いと考えますか【複数選択】高齢化の進展や医療の高度化と...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

2035年の医療、若手医師の半数が「悪化」と予想◆Vol.162016/6/29

Q20年後、つまり「2035年の医療」は、現状と比べてどうなっていると思いますか。「2025年問題」...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

情報収集、「対面」が主流◆Vol.152016/6/28

Q日常の情報収集、学習手段として、どのようなものがありますか。【3つまで】日常の情報収集手段では、「...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

若手医師、ワークライフバランス重視の傾向◆Vol.14 2016/6/27

Q仕事とプライベートにかける時間について、理想と現実の比率を教えてください。仕事とプライベートの時間...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

医学博士号45%が取得、準備中◆Vol.132016/6/26

Q医学博士号の取得について教えてください。医学博士号については「取得済み」が9%、「取得希望・準備中...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

若手医師の「総合診療」への関心が低下◆Vol.122016/6/19

Q総合診療医に対する関心を教えてください。新専門医制度では19番目の基本領域として位置づけられる「総...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

偏在解消のための「強制力」、必要の割合高まる◆Vol.112016/6/15

Q診療科や地域による医師偏在を解消するため、行政や公的機関が「一定の強制力」を発揮する必要性について...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

半数が「地域の病院の臨床医」を目指す◆Vol.102016/6/11

Q自らの専門診療科を選ぶ際に何を重視しましたか(あるいは重視する予定ですか)。【複数】専門診療科を選...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

研修先として「大学」、復調の兆し◆Vol.92016/6/6

Q「一人前の医師」になるために大学での研修は必要ですか。研修先としての大学の必要性を尋ねたところ、「...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

若手医師、「医局に所属」は72%◆Vol.82016/6/4

Q医局の所属状況と意識について教えてください。医局への所属状況では、「所属」しているが、2016年は...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

35歳以下の勤務先、トップは医局人事が6割◆Vol.72016/5/30

Q現在の勤務先はどのようにして選びましたか。現在の勤務先の選び方として、最多は2013年と変わらず「...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

専門医、8割強が取得・準備中◆Vol.62016/5/22

Q専門医の取得について教えてください。専門医については40%が「取得済み」、44%が「取得準備中」で...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

優秀な指導・上級医「性格や人間性」◆Vol.52016/5/16

Q優秀な指導医・上級医の条件は、何だとお考えですか。【複数選択】指導医・上級医が優秀であると判断する...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

職場の満足度、「給与」「労働時間」の比重高まる◆Vol.42016/5/9

Q勤務環境の満足度を左右するものは何ですか。【複数】2013年との比較で最も変化が大きかったのが、勤...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

若手医師、勤務先への「満足」度、大幅上昇◆Vol.32016/5/7

Qご自身の勤務先の環境に満足していますか。勤務先の環境への満足度では、「大いに満足」が3%(2013...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

35歳以下、「1000万 - 1500万円」が38%◆Vol.22016/5/4

Q現在の年収(副収入含む)について教えてください。現在の年収(副収入含む)を尋ねたところ、38%を占...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

若手医師の労働時間、改善傾向◆Vol.12016/5/2

2025年に向けて医療提供体制が大きく変わろうとしている中で、将来を担う若手医師「U35ドクター」は...

シリーズ:今どきの「U35ドクター」2016

【福島】「天災以上に人災に苦労」「除染をやめてほしい」◆Vol.162016/3/24

Q東日本大震災からの復興に関して、行政や医療界に望むこと、広く知ってもらいたいことなどがあれば、ぜひ...

シリーズ:東日本大震災から5年

【宮城】「医療者用の支援物資を」「月に一度でも被災地考える日を」◆Vol.152016/3/22

Q東日本大震災からの復興に関して、行政や医療界に望むこと、広く知ってもらいたいことなどがあれば、ぜひ...

シリーズ:東日本大震災から5年

【岩手】「『絆』という言葉やめて」「ゆっくりとした復興で雇用維持を」◆Vol.14 2016/3/21

Q東日本大震災からの復興に関して、行政や医療界に望むこと、広く知ってもらいたいことなどがあれば、ぜひ...

シリーズ:東日本大震災から5年

被曝による健康被害、最多は「生じる可能性はない」◆Vol.132016/3/20

Q被曝による健康被害についてどのようにお考えですか。被曝による健康被害について尋ねたところ、最多は3...

シリーズ:東日本大震災から5年

「造影CT避けるよう指導」「御用学者と言われた」、福島の医師85%が相談受ける◆Vol.122016/3/19

Q日々の生活において、ご自身は放射線量を気にしていますか。福島県の医師131人に対して、福島第一原発...

シリーズ:東日本大震災から5年

【宮城】「東北大へのカンフル剤になれば」「東北大の分院にしか思えない」◆Vol.11-32016/3/17

Q2016年4月に新設される東北医科薬科大学医学部についてお聞きします。被災地をはじめとする東北地方...

シリーズ:東日本大震災から5年

全624件中 1-50件