m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画

スペシャル企画
Page
NEW妻を避け、家庭を避けて、病院の業務に励んだ【連載小説「朔風」第12回】2016/12/9

[連載第1回はこちら]バイトは週に一度の夜勤と研修日の日勤。二つの関連病院を掛け持ち、健太朗はがむし...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

押し切られたような学生結婚【連載小説「朔風」第11回】2016/12/6

[連載第1回はこちら]結婚してしばらくたった頃から、妻の慶子が彼に不満を募らせているのは知っていた。...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

医学生の成績、データベース化◆福井大学Vol.32016/12/5

「医学生の学力低下は、やはり感じている。医学部の定員増の恩恵を受けたのは、旧七帝大か、旧六医学くらい...

シリーズ:改革進む医学教育

「被災地がリーダーシップを」災害医学講座の取り組み◆岩手医大Vol.32016/12/5

東日本大震災を経験した医大だからこそできることを――。岩手医大では2011年9月、「災害医学講座(現...

シリーズ:改革進む医学教育

働きすぎるほど働いていたかつての自分【連載小説「朔風」第10回】2016/12/2

[連載第1回はこちら]【4】まさか、とは思う。まさか、この自分がこれほど優柔不断で、ひどく神経質だっ...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

地付きのナースとしての弁解【連載小説「朔風」第9回】2016/11/29

[連載第1回はこちら]ナースの大島結美が懇願するように告げた言葉に、健太朗は少しく困惑した。彼女が若...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

眸が涼やかな地付きの美人【連載小説「朔風」第8回】2016/11/25

[連載第1回はこちら]若くて、鞠のように弾んだ声だった。振り向いた彼はそこに外科のナースの大島結美(...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

押し寄せる波が鈍色に砕ける【連載小説「朔風」第7回】2016/11/22

[連載第1回はこちら]【3】水平線が遠くなだらかな円弧を描いて、富産別の海が広がっている。丸みを帯び...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

臨床実習、「学生用電子カルテ」も用意◆福井大学Vol.22016/11/21

「臨床実習への同意が取れた患者とそうでない患者がいる。その記録を残し、どのように医学生に割り振り、担...

シリーズ:改革進む医学教育

「私大であっても公的な役割を果たす」◆岩手医大Vol.22016/11/21

[第1回はこちら]――教育理念に「全人的地域総合医療」を掲げています。岩手県は北海道に次いで広く、四...

シリーズ:改革進む医学教育

院長給与引き下げの裏側【連載小説「朔風」第6回】2016/11/18

[連載第1回はこちら]ほう、ナースたちはそんなに貰っていたのか。健太朗はちょっと驚いたが、だからとい...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「職員の給与体系見直しが急務だからなんです」【連載小説「朔風」第5回】2016/11/15

[連載第1回はこちら]「ちょっと待ってください。突然言い出されても戸惑います」と健太朗は応えた。「私...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「教育こそ、我々大学人の使命」◆福井大学Vol.12016/11/13

医学部の「2023年問題」。2023年以降、米国で臨床に従事するためのECFMG(Education...

シリーズ:改革進む医学教育

創立120年、地域医療に貢献した歴史◆岩手医大Vol.12016/11/12

変化のただ中にある日本の医学教育の現状をリポートするスペシャル企画「改革進む医学教育」。m3.com...

シリーズ:改革進む医学教育

恬淡とした院長、やり手の事務長【連載小説「朔風」第4回】2016/11/11

[連載第1回はこちら]【3】「失礼します」院長室には先客がいた。事務長の伊藤だ。院長室のソファは大き...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

飯島のぼやき【連載小説「朔風」第3回】2016/11/8

[連載第1回はこちら]あとで気づいたのだが、車内が一瞬真っ暗になったのは、列車がトンネルに入ったから...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「図体だけでかくて廃兵院みたいだ」【連載小説「朔風」第2回】2016/11/4

[連載第1回はこちら]「でもなぁ、バトラー病院が最盛期だったのはほんとに一時期のことでね」と飯島は続...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

ナースたちの噂【連載小説「朔風」第1回】2016/11/4

11月よりm3.comでは小説家・久間十義氏による本格医療小説「朔風―バトラー病院の午後―」を連載を...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

事故の教訓生かし、医療の質・安全向上を◆Vol.52016/10/18

2006年に島根大“事故調”事件当時、島根大学産婦人科教授だった宮崎康二氏によると、本事件後、緊急帝...

シリーズ:島根大“事故調”事件を検証

裁判で「事故調報告書」を否定◆Vol.4 2016/10/12

「2008年2月6日付書面で、被告病院に対して、損害賠償金を請求した。被告病院は、平成20年3月28...

シリーズ:島根大“事故調”事件を検証

外科医に求められる4つの「意」とは?◆Vol.302016/9/30

――技術の習得だけではなく、新しい技術を生み出したり、新規技術の生涯習得を求められるのが外科医。今後...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

75歳、「元気な間は、仕事をせえ」◆Vol.292016/9/29

――北村氏は今年で75歳。いまだに多くの公職を務めている。周囲からは、「元気な間は、仕事をせえ」と言...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

主治医へのヒアリング、1回5分のみ◆Vol.3 2016/9/28

「2回目の吸引分娩が失敗した12時22分頃には、手術室に帝王切開の準備を依頼しており、その後の吸引は...

シリーズ:島根大“事故調”事件を検証

苦節30年、組織移植が2016年度から保険適用◆Vol.282016/9/28

――専門の心臓外科に関連した公務も多数務めた北村氏。関係学会の代表を務めるなど、医療技術の進歩を制度...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

「専門医と診療報酬を連動」はとん挫◆Vol.272016/9/27

――2005年からの日本専門医認定制機構の代表理事の時代、各学会の専門医制度を標準化するため、厚生労...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

専門医制、「10年前と同じ議論が展開」◆Vol.262016/9/26

――厚労省の審議会等の委員、委員長、関係団体の専門委員、スーパーバイザーやプログラムディレクターなど...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

赤字から一転、数億円以上の黒字計上◆Vol.252016/9/25

――地方独立行政法人堺市立病院機構の理事長は、2016年3月まで務めた。いい病院を作るには、やはりい...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

医師も交代、市立堺病院を大胆に改革◆Vol.242016/9/24

――市立堺病院は、2012年に地方独立行政法人化、北村氏はその初代理事長に就任した。2015年4月に...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

「政令指定都市でも、救命救急センターなし」◆Vol.232016/9/23

――2008年3月まで国立循環器病センター総長を務めた後、大阪府立病院機構や神戸市立中央市民病院の顧...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

国循の移転、財務省とも交渉し実現◆Vol.222016/9/22

――2000年7月から国立循環器病センター病院の院長、2001年4月からは総長に就任、2008年3月...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

「医師の唯一の宣伝法、それは論文」◆Vol.212016/9/21

――外科医の素養として、「腕」を磨くだけでなく、論文を書く重要性を北村氏は強調する。外科医の中には、...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

「同じ手術をするのが嫌い」、心臓移植の新手法◆Vol.202016/9/20

――内胸動脈を使う小児冠動脈バイパス手術を考案したように、心臓移植でも手法に開発を重ねた。北村氏が考...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

院内事故調、「事実認定に誤りあり」◆Vol.22016/9/19

裁判所に提出された担当医らの「陳述書」によると、主治医だった産婦人科医Aは、卒後約5年の医師だが、約...

シリーズ:島根大“事故調”事件を検証

国循、「副院長」ポストを用意したわけ◆Vol.192016/9/19

――国立循環器病センター(現国立循環器病研究センター)への赴任当時、院長ではなく、副院長というポスト...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

国循赴任、「組織移植医療」に本腰◆Vol.182016/9/18

――1997年10月、国立循環器病センター(現国立循環器病センター)病院に、副院長として赴任する。国...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

奈良医大の教授時代、「心臓移植を目指して」◆Vol.172016/9/17

――奈良医大で心臓移植の準備を進めていた頃、国立循環器病センターから副院長ポストへの誘いがかかった。...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

奈良医大学長「たまには教授会に出てください」◆Vol.162016/9/16

――今では、冠動脈バイパス手術では、内胸動脈を使うのは当たり前になっているが、北村氏が他に先駆けて実...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

ブラックジャックが手掛ける手術、「KITAMURA Operation」◆Vol.152016/9/15

――川崎病に対する小児冠動脈バイパス手術を世界で初めて実施。しかし、時間の経過とともに静脈グラフトが...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

世界初、川崎病に冠動脈バイパス手術◆Vol.142016/9/14

――日本人に多い川崎病。北村氏は、その外科の治療法である内胸動脈を利用した小児冠動脈バイパス手術「K...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

島根大“事故調”、患者と医師の悲劇◆Vol.12016/9/13

今年4月28日、最高裁判所で、島根大学医学部附属病院を訴えた医療事故訴訟の上告が棄却、産婦人科医の過...

シリーズ:島根大“事故調”事件を検証

教授就任から3年、当直もこなす日々◆Vol.132016/9/13

――新設の診療科は、医師や看護師の採用、ハード面の準備までさまざまな苦労が伴った。まだ若く、負けん気...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

39歳で奈良医大教授、「まさしくゼロからのスタート」◆Vol.122016/9/12

――再び1976年に、シカゴに留学、その後、また日本に戻り、1981年から奈良県立医大が心臓外科を立...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

帰国後、日本でも冠動脈バイパス手術を開始◆Vol.112016/9/11

――留学した1969年は、まさにベトナム戦争の最中だった。アメリカに留学した頃は、まだ人種差別があっ...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

心臓の機能解析、活用したのは「数学辞典」◆Vol.102016/9/10

――当時、留学は2年が基本だったが、2年目の終わり頃になると、ケイ先生から、「次の日本人が来た時の教...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

29歳、留学先で心臓外科の腕磨く◆Vol.92016/9/9

――1969年、北村氏は、28歳でアメリカに臨床留学。当時としては非常に若い年齢での留学だった。留学...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

「北村君、ノイヘレンなのに、そんなんするのか?」◆Vol.82016/9/8

――第一外科に入って最初の1年目は阪大病院、2年目は西宮にある明和病院でそれぞれ研修した。しかし、特...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

「北村、普通の心臓外科やれ」に不満◆Vol.72016/9/7

――心臓外科医として有名な北村氏だが、実はインターン修了後、まず入局したのは内科だった。インターン時...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

阪大を一番の成績で卒業◆Vol.62016/9/6

――子供時代からの母親の願い通り、阪大学医学部に入学したのは、1959年4月のことだ。私は長男で、下...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

無類の「蝶好き」、医師仲間も多数◆Vol.52016/9/5

――無類の蝶好きで、学会先でも足が赴くのは昆虫館。小学生の頃から今でも続いている趣味は、蝶。国際学会...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

「医学部だったら、阪大に」との母の願い◆Vol.42016/9/4

――両親は医師ではなかったものの、親戚には医師がおり、小学生の時代から医師という職業を意識するように...

シリーズ:私の医歴書◆北村惣一郎・国立循環病研究センター名誉総長

全1043件中 1-50件