m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画

スペシャル企画
Page
NEW富産別の現状を知ってもらう【連載小説「朔風」第101回】2017/10/17

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【36】大迫院長の精力的な動きは、院長自身が言う...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

わたしは院長の”お気に入り”ですから【連載小説「朔風」第100回】2017/10/13

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]めまいは方便と言われて健太朗は、まゆみの言い分に...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

今回の「査問騒動」のあらまし【連載小説「朔風」第99回】2017/10/10

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]院長の容態はその場で直ぐに回復した。というか、吉...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

患者の8割超が「言いづらさ」感じる◆Vol.12017/10/9

若くして乳がんで亡くなった、元フリーアナウンサーの小林麻央さんのニュースでも、注目を集めた「セカンド...

シリーズ:セカンドオピニオン「医師×患者」調査

学生と対話、集中講義に「ミニ国試」- 大阪医科大・大槻勝紀学長に聞く◆Vol.22017/10/6

Vol.1はこちら――医師国家試験対策を今年度から開始したそうですね。これまで医師国試の合格率はそん...

シリーズ:改革進む医学教育

謀反を起こすような人は一緒にはやっていけない【連載小説「朔風」第98回】2017/10/6

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]金子市長は約束を守った。しかも迅速に守った。当選...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

発表は12時近くにまでずれ込んだ【連載小説「朔風」第97回】2017/10/3

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]選挙は即日開票。当落は夜の10時頃には大勢が決す...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

納得できる最期と“死”、自ら選ぶ◆Vol.302017/9/30

――第一線の外科医時代も、その限界を感じつつ、メスを握っていた石飛氏。その人生を振り返ると、幼少期か...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

超高齢化への対応は、大学の使命-大阪医科大・大槻勝紀学長に聞く◆Vol.12017/9/29

大阪医科大学は2014年から兵庫県、翌2015年からは高知県と協定を結び、「医師派遣プロジェクト」と...

シリーズ:改革進む医学教育

「結局、みんな自分の都合しか考えていない」【連載小説「朔風」第96回】2017/9/29

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]選挙の日はすぐにやって来た。富産別市の有権者数は...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

母校の慶應大医学部でも講義◆Vol.292017/9/29

――「『平穏死』のすすめ」を上梓した反響は大きく、医学生の講義を担当したり、医療者や一般市民を対象に...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

82歳、愛車は「ポルシェ930ターボ」◆Vol.282017/9/28

――石飛氏は、今年で82歳。今でも「ポルシェ930ターボ」という、左ハンドルのマニュアル車を乗りこな...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

特養での平穏死、「常勤医」が必要◆Vol.272017/9/27

――特別養護老人ホームの入所者に対しては、周囲の医療機関から「配置医」が訪問し、診察、検査や投薬を行...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

「先生はもう少し大人の男っぽいものを」【連載小説「朔風」第95回】2017/9/26

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]富産別の市長選は2月21日が告示日。それから一週...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

平穏死宣言、方法は「2択」で可◆Vol.262017/9/26

――「医療の意味を考える」「医療を押しつけない」という意味では、超高齢社会を迎え、「事前指示」の在り...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

『「平穏死」のすすめ』、最初は出版断られる◆Vol.252017/9/25

――2010年2月に上梓した『「平穏死」のすすめ』はベストセラーになり、その後に関連書籍も数多く執筆...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

「医療を押しつけないでほしい」、看護師の遺言◆Vol.242017/9/24

――芦花ホームで、思い出に残る「看取り」を挙げてもらった。「私にとって、『生きる』ということは、また...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

「いい加減にしろ」家族とも喧嘩◆Vol.232017/9/23

――芦花ホームにおいて「平穏死」の取り組みを始めた以降、入所者の家族と喧嘩したこともあるという。どん...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

「病棟だってバッサリ削ってもいい」【連載小説「朔風」第94回】2017/9/22

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「すべては大迫さんの睨んだ通りじゃないですか?」...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

“モンスター”家族がホームを変えた!◆Vol.222017/9/22

――芦花ホームが「誤嚥性肺炎製造工場」から脱するきっかけとなった一つが、ある入所者の家族の存在だった...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

特養は「誤嚥性肺炎製造工場」だった◆Vol.212017/9/21

――裁判は2005年9月に終わり、その後、東京都世田谷区の介護特別養護老人ホーム「芦花ホーム」で、常...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

裁判の9年、逆境にめげず手術続行◆Vol.202017/9/20

――勤務先相手に裁判をしていた9年近く、どんな思いで臨床を続けていたのだろうか。副院長室はもちろん取...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

市長と院長、二人の直接交渉【連載小説「朔風」第93回】 2017/9/19

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]大島結美が言っていた村田市議側と北大の山内教授の...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「副院長は解任」、納得できず病院を提訴◆Vol.192017/9/19

――1997年1月末、済生会中央病院のスキャンダルが、朝日新聞に報じられた。済生会中央病院を運営する...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

ホスピスの祖、「シシリー・ソンダース」訪問◆Vol.182017/9/18

――手術を手がけつつも、高齢患者などに「手術をやる意味」を考えるようになった石飛氏。1998年の夏、...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

「医療の意味」とは何か?77歳患者の死◆Vol.172017/9/17

――済生会中央病院時代、印象に残る患者さんを挙げてもらった。石飛氏が「医療の意味」を改めて考える契機...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

「手術は100%成功した」と記者会見◆Vol.162017/9/16

――1983年、ジャイアンツの加藤初投手の過外転症候群の手術は無事、成功。手術の成功もさることながら...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

「先生たちの説得が効いたのでは?」【連載小説「朔風」第92回】2017/9/15

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「院長先生がそんな突き放した見方をしているんじゃ...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

ジャイアンツの投手、再起をかけた手術◆Vol.152017/9/15

――済生会中央病院時代の思い出深い患者として挙げるのが、1971年に当時の西鉄(現埼玉西武ライオンズ...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

手術にひたすら没頭した20年間◆Vol.142017/9/14

――労働組合問題も落ち着いた後は、ひたすら血管外科の道を歩んだ石飛氏。そこで力を入れたのが、頸動脈内...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

ドイツに倣い「ドクターサロン」◆Vol.132017/9/13

――労働組合問題が解決に向かうにつれ、減少していた患者も増加に転じ、済生会中央病院の経営が上向き始め...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

「このまま市立病院として存続できるとは思われないよ」【連載小説「朔風」第91回】 2017/9/12

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【33】札幌出張の後、時間は速やかに流れた。整形...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

岡本太郎の言葉、「病院という名前がいかん」◆Vol.122017/9/12

――済生会中央病院の労働組合「全済労」が強くなり、日常業務もままならない中、石飛氏らは独自の労働組合...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

「宮仕えは嫌」、大学に戻らず◆Vol.112017/9/11

――1972年、ドイツから帰国。母校の慶應大に戻らず、勤務したのは済生会中央病院(東京都港区)だった...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

アルファロメオを購入、日本に持ち帰る◆Vol.102017/9/10

――石飛氏は大の車好き。80歳を超えた今でも、「ポルシェ930ターボ」マニュアル車を乗りこなす。ドイ...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

「人間の生きざまをしっかり見てこい」◆Vol.92017/9/9

――ドイツに留学する前、母校慶應大の研究室の責任医師から言われた言葉がある。「何?ドイツへ行きたい?...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

不安とも恍惚ともつかぬ余韻【連載小説「朔風」第90回】2017/9/8

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]人の心の中は、手に取ってみようとしても叶わない。...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

ドイツ留学、「2年間で10年分の手術」◆Vol.82017/9/8

――1970年、ドイツのルール地方、ヴッパータールにあるフェルディナント・ザウアーブルッフ記念病院に...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

「もう治せないものはない!」、驕りを戒めた一言◆Vol.72017/9/7

――石飛氏が慶應義塾大学を卒業したのは1961年3月。当時は卒業後、1年間のインターンがあった。その...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

慶應大医学部、「教養課程で半数が落第!」◆Vol.62017/9/6

――一浪して1955年、慶應義塾大学医学部に入学する。入学してみたら、駿台四谷予備校で一緒に受験勉強...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

いくらでも邪推が可能な言い方だったが【連載小説「朔風」第89回】2017/9/5

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]まゆみの荷物を部屋に置き、二人でロビーに取って返...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

広島大附属中学に入学、親元を離れ生活◆Vol.52017/9/5

――1948年、石飛氏は広島大学附属中学校に入学、親元を離れた生活が始まった。無事、合格したら、親父...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

「日山先生」、今でも記憶に残る小学校の恩師◆Vol.42017/9/4

――石飛氏が国民学校4年生、10歳の時に8月15日に終戦を迎えた。通学していた国民学校の校舎は、避難...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

「キノコ雲」、原爆の悲惨さを体験◆Vol.32017/9/3

――石飛氏の実家のある吉田町は、広島市の中心部から北に向かって約40km。1945年8月6日、原子爆...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

6人兄姉の末っ子、実家は呉服屋◆Vol.22017/9/2

――石飛氏は1935年11月、広島県で生まれた。兄が2人、姉が3人の6人兄姉の末っ子だった。親父の名...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

離島医療の“フルコース”を楽しむ◆Vol.52017/9/2

――人気漫画『Dr.コトー診療所』のモデルとなったのは、瀬戸上氏が、国民健康保険中央会が発行していた...

シリーズ:離島医療39年◆瀬戸上健二郎・前手打診療所所長

「やっと二人っきりになれたわね」【連載小説「朔風」第88回】2017/9/1

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]院長が検査のために大学病院、健太朗は消化器外科学...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

『平穏死のすすめ』こそ医師の役割◆Vol.1 2017/9/1

2010年に『「平穏死」のすすめ』を上梓、超高齢社会を迎える中、人生の最終段階の医療の在り方に一石を...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

卒業生のネットワークが強み-上田陽一・産業医科大学副学長に聞く◆Vol.22017/8/29

――卒業生はどのような進路なのでしょうか。卒業生は卒後すぐに産業医学卒後修練課程に所属しますが、初期...

シリーズ:改革進む医学教育

別れた妻からの電話【連載小説「朔風」第87回】2017/8/29

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]――もしもし。バスタオルで頭髪を吹きながら、健太...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

全1215件中 1-50件