m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画

スペシャル企画
Page
NEW離合集散は人の世の習い【連載小説「朔風」第52回】2017/4/28

「うちのような市立病院が運営形態を変えるとしてですよ。すぐさま民営化して、足元も覚束ないままに公的な...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「市議たちは応援団になってもらわねば」【連載小説「朔風」第51回】2017/4/25

[連載第1回はこちら]【19】院長から話がある、と呼び出されたのは、村田市議の一派が院内視察をした次...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「医師主導の管理型」の医療から脱却を - 坂根みち子・坂根Mクリニック院長◆Vol.62017/4/22

――勤務医として、また育児と家事をしながら仕事を続けてきた女性医師として、さらに現在は開業医という経...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

「先生に寄せる信頼が雲散霧消しますよ」【連載小説「朔風」第50回】2017/4/21

[連載第1回はこちら]伊藤事務長の有無を言わせぬ態度に、健太朗は押し負けそうになった。「院長先生はな...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

押しかけてきた議員たち【連載小説「朔風」第49回】2017/4/18

[連載第1回はこちら]それは長引いた午前の外来診療が終わって、ちょうど一息ついた午後の一時くらいのこ...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「後悔するよ」の言葉で勇気、常勤復帰 - 坂根みち子・坂根Mクリニック院長◆Vol.52017/4/15

――非常勤としての勤務は何年くらい続けていたのですか。3人の子どもは2学年違い。長女が小学校を卒業す...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

民営化話で動揺する市職員【連載小説「朔風」第48回】2017/4/14

[連載第1回はこちら]【18】院長が病院改善委員会で洩らした“病院民営化”の話は、またたくまにバトラ...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

コンビニ感覚の患者で過重労働を強いられている【連載小説「朔風」第47回】2017/4/11

[連載第1回はこちら]「まったくその通りです」と内科の津山が健太朗の意見に同意した。「城戸先生の言う...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

子育て時代は非常勤医、「不安と葛藤」- 坂根みち子・坂根Mクリニック院長◆Vol.42017/4/8

――では、改めて先生が開業されるまでの経歴をお教えください。私が筑波大を卒業したのは、1988年3月...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

病院改善委員会での議論【連載小説「朔風」第46回】2017/4/7

[連載第1回はこちら]【17】工藤議員の夜間救急処置室でのご乱行(?)は、翌日の朝に開かれたバトラー...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

横紙破りの議員【連載小説「朔風」第45回】2017/4/4

[連載第1回はこちら]「大丈夫、お子さんは元気になりましたよ、ほら!」工藤の言動で一瞬凍りついた空気...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「スタッフ教育」は医師のため - 坂根みち子・坂根Mクリニック院長◆Vol.32017/4/2

――スキルが高い看護師や医療クラークはどのように採用、トレーニングするのでしょうか。循環器系の医療機...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

夜間救急でのトラブル【連載小説「朔風」第44回】2017/3/31

[連載第1回はこちら]【16】「ああ、先生、遅い!遅いですよ!いったい患者を何だと思っているんです」...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

ロマンの人【連載小説「朔風」第43回】2017/3/28

[連載第1回はこちら]ほう、と健太朗は彼女の話にうなずいた。院長はやはりロマンの人だったという訳か。...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

“ハイスペック”職員が医師をサポート - 坂根みち子・坂根Mクリニック院長◆Vol.2 2017/3/25

――先生の診療所の運営体制をもう少し詳しく教えてください。全員が女性で、スタッフ教育に力を入れておら...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

「恋愛ごっこをするためなんかじゃない」【連載小説「朔風」第42回】2017/3/24

[連載第1回はこちら]「ああら、城戸先生、すっかりお見限り」『ウルワシ』のドアを開けたとたん、中から...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

津山医師のどこか幼児的な行動【連載小説「朔風」第41回】2017/3/21

[連載第1回はこちら]大島結美に言われて気づいたが、たしかに津山医師の吉川(きっかわ)医師への接近は...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

多様な疾患を診る開業医の現実 - 坂根みち子・坂根Mクリニック院長◆Vol.12017/3/20

「医師の働き方改革」は、病院勤務医に限った話ではない。診療所開業医にとっては、自分自身の働き方に加え...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

女性の労働力は男性の0.8、「悲しかった」 - 大阪赤十字病院・坂本晴子氏◆Vol.52017/3/19

――以上の内容を、坂本先生が1月16日の厚労省の「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

「ダメですよ。人の恋路を邪魔しちゃ」【連載小説「朔風」第40回】2017/3/17

[連載第1回はこちら]【15】内科に山根医師、外科に吉川(きっかわ)医師、それに2名の男性看護師と、...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「ドクターだけの飲みと思ったんだけど」【連載小説「朔風」第39回】2017/3/14

[連載第1回はこちら]気胸の高校生は吉川(きっかわ)医師の的確な手技で事なきを得た。患者は胸部エック...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「立ち去り型サボタージュ」回避の方策を - 大阪赤十字病院・坂本晴子氏◆Vol.42017/3/13

――「小児科・新生児科における医師確保の取り組みと問題点」もまとめられています。医師の働き方改革への...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

吉川の美貌が混乱させたことは確かだった【連載小説「朔風」第38回】2017/3/10

[連載第1回はこちら]【14】吉川(きっかわ)医師は、大迫院長に引き合わされたその直後から外科で働き...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「複数主治医制と交替勤務制」のニーズ高く - 大阪赤十字病院・坂本晴子氏◆Vol.32017/3/9

――坂本先生は、1月16日の厚生労働省の「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

微妙なバランスの掛け替えのない関係【連載小説「朔風」第37回】2017/3/7

[連載第1回はこちら]院長の言葉は一種の告白だった。最初、バトラー病院を引き受けたとき、たぶん院長は...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「育休明け、元の職場に復帰」がカギ - 大阪赤十字病院・坂本晴子氏◆Vol.22017/3/3

――神戸での5年間の研修を終え、大阪赤十字病院に職場を変わられています。子育てしながら仕事を続ける環...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

「だが、患者は戻らなかった」【連載小説「朔風」第36回】2017/3/3

[連載第1回はこちら]吉川(きっかわ)まゆみ医師の専門である救急科は、もともとバトラー病院にはない部...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「どこかの女優さんかしら?」【連載小説「朔風」第35回】2017/2/28

[連載第1回はこちら]【13】新任の女性医師についての山根医師の評は的を射ていた。俗に美人を評して「...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

大学医局に属さず、勤務先を選択 - 大阪赤十字病院・坂本晴子氏◆Vol.12017/2/26

昨今の過労死問題などを受け、「働き方改革」が時代を映すキーワードになっている。医療界も例外ではない。...

シリーズ:医師の働き方改革とキャリア

“跳ねっ返り”のお嬢さん【連載小説「朔風」第34回】2017/2/24

[連載第1回はこちら]男性医官の名は山根達彦といって、年齢は44歳。専門は整形外科。銃器、車両やヘリ...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

次にやってきたのは待望の医師だった【連載小説「朔風」第33回】2017/2/21

[連載第1回はこちら]【12】院長が言っていた“応援部隊”は本当に翌週から五月雨式にやってきた。まず...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

私たちを囲む戦況は非常に好ましくない【連載小説「朔風」第32回】2017/2/17

[連載第1回はこちら]大迫佳彦院長は就任したその日から、バトラー病院のために精力的に働きはじめた。彼...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「病院総合診療」はサブスペシャルティ◆Vol.72017/2/15

司会病院総合診療医について、今の構想をお教えください。総合診療専門医との関係をどうお考えでしょうか。...

シリーズ:総合診療専門医はなぜ必要か?2学会幹部スペシャル座談会

「お願いしたいのは、規律と自己犠牲です」【連載小説「朔風」第31回】2017/2/14

[連載第1回はこちら]新院長の話はなおも続いた。「……とはいえ、私はこの病院に自衛隊や警察ふうの階級...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「ブロック研修で養成可能」は誤解◆Vol.62017/2/14

司会ではシーズを医学教育で蒔いた後、専門医としての総合診療医を養成していくには、どんな場がふさわしい...

シリーズ:総合診療専門医はなぜ必要か?2学会幹部スペシャル座談会

「大学以外で働く9割の医師」養成の義務◆Vol.52017/2/13

【前野】大学の話が出たので、私がいつも話していることをご紹介します。以前調べたことがあるのですが、4...

シリーズ:総合診療専門医はなぜ必要か?2学会幹部スペシャル座談会

プライマリ・ケア医不足と専門医制は別問題◆Vol.42017/2/11

【前野】これまでの話で幾つか意見を言わせてください。まず数の問題ですが、総合診療専門医レベルの質の高...

シリーズ:総合診療専門医はなぜ必要か?2学会幹部スペシャル座談会

新院長のあいさつ【連載小説「朔風」第30回】2017/2/10

[連載第1回はこちら]【11】バトラー病院に新しい院長である大迫佳彦医師が赴任したのは9月の初め。飯...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

アイデンティティーの確立が先決◆Vol.32017/2/7

司会総合診療専門医の研修体制を考える際には、「養成数」の問題も、念頭に置く必要があると思います。どの...

シリーズ:総合診療専門医はなぜ必要か?2学会幹部スペシャル座談会

人生を降りたようで、プライドが高いあの態度【連載小説「朔風」第29回】2017/2/7

[連載第1回はこちら]健太朗は頷いた。大島結美の言い方は一方的に聞こえもするが、彼には当たっているよ...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「学長企画室」と「統合戦略会議」で改革進む-烏山一・東京医科歯科大副学長に聞く2017/2/6

小規模大学(生徒数5000人以下)の大学ランキングで世界12位(日本1位)、医学部生の医師臨床研修マ...

シリーズ:改革進む医学教育

総合診療、「教育」が必要な理由は?◆Vol.2 2017/2/5

【林】確かに、大学病院の医療は臓器別で、より細分化が進んでいます。一方で、患者は複数の疾患を持ってい...

シリーズ:総合診療専門医はなぜ必要か?2学会幹部スペシャル座談会

「患者を選ばない医師」が必要◆Vol.12017/2/3

新専門医制度の中で、制度設計が遅れているのが、19番目の基本領域として位置づけられる総合診療専門医。...

シリーズ:総合診療専門医はなぜ必要か?2学会幹部スペシャル座談会

病院長の経営感覚【連載小説「朔風」第28回】2017/2/3

[連載第1回はこちら]夏の牧場地帯はいたるところに光が氾濫していた。ハンドルを握った健太朗に眼に、白...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「いい先生からいなくなっちゃいますね」【連載小説「朔風」第27回】2017/1/31

[連載第1回はこちら]【10】「……本当にもう、皆いなくなっちゃうんですね」大島結美は2DKの職員宿...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「お前はまだ知らないんだよ、住民の手前勝手さを」【連載小説「朔風」第26回】2017/1/27

[連載第1回はこちら]「こんなところに呼び出して、悪かったな」富産別駅前のラウンジバー“ウルワシ”に...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「自分を過酷な環境に置いてみたいっていう奇特な人」【連載小説「朔風」第25回】2017/1/24

[連載第1回はこちら]【9】伊藤事務長が明かした新病院長は大迫佳彦(おおさこ・よしひこ)医師。――東...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

酒席での予期せぬ話【連載小説「朔風」第24回】2017/1/20

[連載第1回はこちら]先週は消化器内科、今週は小児科と皮膚科、来週には泌尿器科と精神神経科……。7月...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

大学医局からの医師の引き揚げ【連載小説「朔風」第23回】2017/1/17

[連載第1回はこちら]北斗医大の警告を単なる口先の介入くらいに考えていたのは、健太朗たち大学医局外の...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

辞任を申し出た病院長【連載小説「朔風」第22回】2017/1/13

[連載第1回はこちら]【8】新参者の健太朗には皆目見当がつかなかったが、飯島の言う市長派と反市長派の...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

全1103件中 1-50件