m3.com トップ > 海外ジャーナル > Ann Intern Med > 神経内科疾患

Ann Intern Medの神経内科疾患の 海外ジャーナル

脳トレの効果はエビデンス不十分2018/1/31

脳トレ(cognitivetraining)の有効性を、11試験のシステマティックレビューで検証した...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:神経内科疾患精神科疾患

薬物による認知症予防はエビデンス弱い2018/1/29

認知症の予防のための薬物治療の有効性と有害性を、51試験のシステマティックレビューで検証した。その結...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:一般内科疾患精神科疾患神経内科疾患

運動介入の認知症予防効果はエビデンス不十分2018/1/26

認知機能障害のない成人に対する運動介入が、認知機能の低下や認知機能障害、アルツハイマー型認知症を予防...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:一般内科疾患精神科疾患神経内科疾患

ダビガトランvsワルファリン、心房細動例の転帰比較2017/12/18

心房細動患者5万578例を対象に、ダビガトランとワルファリンの治療転帰を後ろ向きコホート研究で比較。...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:脳神経外科疾患神経内科疾患循環器疾患

天然大麻製剤に疼痛軽減効果はあるか2017/9/20

成人を対象とした天然大麻製剤(Cannabis)に関する研究(慢性疼痛試験27件、システマティックレ...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:神経内科疾患その他整形外科疾患精神科疾患

頭蓋外頸動脈病変はIAT効果に影響せず2017/6/30

前方循環の頭蓋内動脈近位部閉塞による急性虚血性脳卒中患者を対象に、頭蓋外頸動脈病変(ECD)が血管内...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:脳神経外科疾患神経内科疾患循環器疾患

過食頻度が認知療法やSGAで減少2016/7/26

過食症への心理療法または薬物療法の有益性や有害性を、待機リスト対照心理研究9件、プラセボ対照試験25...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:神経内科疾患一般内科疾患

神経変性疾患は輸血で伝播せず2016/7/19

1968-2012年の輸血患者約147万例を対象に、輸血で神経変性疾患が伝播するかを後ろ向きコホート...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:神経内科疾患一般外科疾患

慢性頸部痛にAlexander Techniqueと鍼が効果2015/11/16

慢性頸部痛患者517例を対象に、AlexanderTechnique(アレクサンダー・テクニーク)と...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:神経内科疾患一般外科疾患整形外科疾患

坐骨神経痛のブロック注射、効果に疑問2015/9/4

坐骨神経痛/脊椎管狭窄症患者への硬膜外コルチコステロイド注射の有効性/有害性を、無作為化プラセボ対照...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:整形外科疾患神経内科疾患一般外科疾患

高齢CABG、術式で認知影響変わらず2015/7/30

心血管手術施行後3カ月以上経過した高齢患者の認知転帰を、前向きコホート研究4件と無作為化試験17件の...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:循環器疾患神経内科疾患一般外科疾患

慢性疲労症候群、診断法は検証不十分2015/6/26

米国で新たな症例定義が提案された筋痛性脳脊髄炎(ME)/慢性疲労症候群(CFS)の現診断法の精度を、...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:神経内科疾患一般内科疾患

慢性疲労症候群、治療の有効性確認2015/6/25

筋痛性脳脊髄炎(ME)/慢性疲労症候群(CFS)治療法の有効性/有害性を、オックスフォードCFS基準...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:神経内科疾患一般内科疾患

DES後DAPT、期間は患者の価値観で2015/6/4

薬剤溶出ステント(DES)留置後の抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)の実施期間による転帰を、無作為化...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:脳神経外科疾患循環器疾患神経内科疾患

中年DMで認知機能低下度増2014/12/10

動脈硬化リスク研究・ARIC試験参加の48-67歳の成人1万3351人を対象に、中年期の糖尿病(DM...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:一般内科疾患神経内科疾患内分泌・代謝疾患

AFのNSAID、大出血と関連2014/12/2

抗血栓療法を受けている心房細動(AF)患者15万900人を対象に、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:神経内科疾患循環器疾患投薬に関わる問題

糖尿病性神経障害、SNRIで緩和2014/11/13

65件の無作為化試験(被験者1万2632人、介入27種)を対象に、糖尿病性末梢神経障害における鎮痛薬...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:内分泌・代謝疾患神経内科疾患投薬に関わる問題

脊椎手技療法、下肢痛緩和は短期的2014/9/25

亜急性または慢性腰部関連下肢痛(BRLP)患者179人を対象に、12週間の脊椎手技療法(SMT)+助...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:整形外科疾患神経内科疾患

ESWTで石灰沈着性腱炎疼痛減2014/4/23

28件の無作為化比較試験を対象に、肩の石灰沈着性/非石灰沈着性腱炎への体外衝撃波治療(ESWT)の有...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:整形外科疾患神経内科疾患

認知症検診は根拠不十分、米勧告2014/4/11

認知障害の兆候や症状のない地域居住一般高齢者への認知症検査について、米国予防医学作業部会(USPST...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:精神科疾患神経内科疾患一般内科疾患

髄膜炎リスク、HIV感染者で高い2014/1/9

米国ニューヨークの侵襲性髄膜炎菌感染症(IMD)患者265人を対象に、HIV感染者のIMDリスクなど...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:感染症神経内科疾患

医師のビタミン継続、認知に効果無2013/12/19

65歳以上の男性医師5947人を対象に、長期間毎日のマルチビタミン摂取の認知機能への効果を無作為化試...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:一般内科疾患精神科疾患神経内科疾患

運動障害、開業医2割対応不可2013/3/22

米国の4都市で8つの診療科の開業医256人を対象に、架空の運動障害患者(肥満、不全片麻痺、車椅子使用...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:整形外科疾患神経内科疾患一般内科疾患

全身持久力、認知症リスク下げる2013/2/7

非高齢者約2万人を対象に、修正Balke法によるトレッドミル運動負荷試験で評価した中年期の全身持久性...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:精神科疾患神経内科疾患整形外科疾患

麻薬拮抗薬配布、費用効果高い2013/1/9

過剰摂取時に使用する麻薬拮抗薬ナロキソンをヘロイン使用者へ配布した際の費用対効果をマルコフ決定モデル...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:神経内科疾患投薬に関わる問題

AD患者のせん妄、有害転帰と関連2012/6/21

アルツハイマー病(AD)患者771人を対象に、入院とせん妄に関連する転帰を前向きコホート研究で調査。...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:神経内科疾患精神科疾患

院内ノイズ、睡眠中の脳に影響2012/6/14

健常者12人を対象に、病院内の雑音(人の声、点滴アラームなど14種類)による睡眠阻害の状態を3日間の...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:神経内科疾患精神科疾患呼吸器疾患

エタネルセプト、神経痛に無効2012/4/19

腰仙部神経根障害の成人患者84人を対象に、新治療薬として期待のエタネルセプトと硬膜外ステロイド注射ま...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:投薬に関わる問題神経内科疾患整形外科疾患

高齢者の認知機能障害、障害レベルにかかわらず死亡リスク上昇と関連2011/9/8

1991-93年に登録されたプライマリ・ケア患者3957人(60-102歳)の2006年末までのデー...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:一般内科疾患神経内科疾患精神科疾患

帯状疱疹ワクチン、免疫正常な高齢者への忍容性良好2010/5/11

60歳以上の免疫正常者6616名を対象に、帯状疱疹ワクチンの有効性と安全性を無作為化プラセボ対照試験...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:皮膚疾患神経内科疾患

帯状疱疹ワクチンの普及、接種費用が障壁、米国調査2010/5/10

米国の一般内科医および家庭医を対象に、帯状疱疹ワクチン接種の実施状況、償還に関する知識の有無、接種の...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:神経内科疾患皮膚疾患

ジャーナル
から探す