m3.com トップ > 海外ジャーナル > 脳神経外科疾患

脳神経外科疾患  海外ジャーナル

NEW神経膠芽細胞腫へのlomustine+ベバシズマブ併用の効果を検討2017/12/15

進行性神経膠芽細胞腫患者437例を対象に、lomustine単独とベバシズマブ併用の延命効果を無作為...

ソース:NEJM  カテゴリ:神経内科疾患投薬に関わる問題脳神経外科疾患

造影腎障害に炭酸水素Naとアセチルシステインは無益2017/12/13

腎合併症リスクが高い血管造影施行患者5177例を対象に、炭酸水素ナトリウムとアセチルシステイン(NA...

ソース:NEJM  カテゴリ:脳神経外科疾患その他腎・泌尿器疾患循環器疾患

脳卒中発症後の血栓除去で自立度向上2017/12/13

急性脳梗塞発症後6-24時間で臨床症状と梗塞体積との間に不一致が見られる患者206例を対象に、血管内...

ソース:NEJM  カテゴリ:脳神経外科疾患神経内科疾患

頸動脈血行再建術、ベテラン医師で減少2017/11/24

2006-07年に頸動脈血行再建術を行った医師9158人を対象に、本術式の採用回避または中止と関連す...

ソース:BMJ  カテゴリ:脳神経外科疾患循環器疾患

DOACの安全性、ワルファリンと同等か2017/11/17

新規に診断された静脈性血栓塞栓症(VTE)患者5万9525例を対象に、直接経口抗凝固薬(DOAC)の...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患脳神経外科疾患循環器疾患

神経科研修医の脳波判読正解率は?2017/11/16

神経科の研修医11人を対象に、同科研修後のEEG判読正解率を評価。EEG研修期間と研修修了後の経過期...

ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ:脳神経外科疾患神経内科疾患

急性期脳卒中へのルーチン酸素投与は益なし2017/11/2

急性期脳卒中患者8003例を対象に、ルーチンの予防的低流量酸素投与の機能転帰改善効果を無作為化試験で...

ソース:JAMA  カテゴリ:脳神経外科疾患救急神経内科疾患

CALDの遺伝子治療、安全性と有効性を報告2017/10/26

早期大脳型副腎白質ジストロフィー(CALD)の男児17例を対象に、自家CD34+細胞にレンチウイルス...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患脳神経外科疾患神経内科疾患血液疾患

卵円孔閉鎖術+抗血小板薬で新規脳卒中も減少2017/10/20

潜因性脳卒中を発症した卵円孔開存を有する患者664例を対象に、卵円孔閉鎖術+抗血小板療法の併用と抗血...

ソース:NEJM  カテゴリ:脳神経外科疾患神経内科疾患

卵円孔閉鎖術+抗血小板療法で脳卒中抑制2017/10/19

卵円孔開存の関与が疑われる潜因性脳卒中の発症例を対象に、卵円孔閉鎖術、抗血小板療法および抗凝固療法に...

ソース:NEJM  カテゴリ:神経内科疾患脳神経外科疾患一般内科疾患

頸動脈血行再建、高齢患者で実施減2017/10/18

メディケア受給者を対象に、1999-2014年の頸動脈内膜剥離術とステント留置術の実施状況を連続横断...

ソース:JAMA  カテゴリ:循環器疾患脳神経外科疾患神経内科疾患

卵円孔閉鎖術、潜因性虚血性脳卒中の再発抑制2017/10/17

潜因性虚血性脳卒中を発症した卵円孔開存を有する患者980例を対象に、卵円孔閉鎖術の脳卒中再発抑制効果...

ソース:NEJM  カテゴリ:脳神経外科疾患神経内科疾患

研修医執刀術でも脊柱管拡大術の安全性に差なし、都立神経2017/9/19

日本の神経外科研修医の執刀による手術で周術期合併症発生率が増加するかを認定神経外科医執刀手術と後ろ向...

ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ:神経内科疾患脳神経外科疾患一般外科疾患

神経膠腫へのテモゾロミド補助療法、期待感示す2017/9/15

新規に診断された1p/19q共欠失を伴わない退形成性神経膠腫患者745例を対象に、放射線療法の補助療...

ソース:Lancet  カテゴリ:脳神経外科疾患神経内科疾患

ステントリトリーバーの効果は直接吸引と同等2017/9/5

大血管閉塞を有する脳梗塞急性期患者381例を対象に、第一選択の血管内治療として直接吸引術(conta...

ソース:JAMA  カテゴリ:神経内科疾患その他脳神経外科疾患循環器疾患

「若い頃はアメフト選手」、9割が慢性外傷性脳症2017/9/6

死亡後に研究目的として提供されたアメフト選手202例の脳の解剖結果から、神経病理学的および臨床的特性...

ソース:JAMA  カテゴリ:一般外科疾患救急脳神経外科疾患整形外科疾患神経内科疾患

中和薬idarucizumab、効果100%2017/8/17

ダビガトラン治療中に止血困難な出血を起こした301例(A群)と緊急処置を要した202例(B群)を対象...

ソース:NEJM  カテゴリ:神経内科疾患救急脳神経外科疾患循環器疾患

脳卒中への家族リハに「特段の効果なし」2017/8/8

発症後1カ月以内に後遺障害を認めたインドの脳卒中患者1212例を対象に、病院で研修を受けた家族介護者...

ソース:Lancet  カテゴリ:神経内科疾患その他脳神経外科疾患一般内科疾患

ジカ関連小頭症、流行第二波後は激減2017/7/28

ブラジル保健省のサーベイランスデータを基に、2015-16年のジカウイルス感染症大流行後における同感...

ソース:Lancet  カテゴリ:産婦人科疾患感染症脳神経外科疾患

遊離皮弁再建後の至適抗凝固療法、結論は?2017/7/13

頭頸部遊離皮弁再建術後の抗凝固療法を報告した研究21件のデータを用いて、至適抗凝固療法をシステマティ...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:一般外科疾患耳鼻咽喉科疾患脳神経外科疾患循環器疾患

多量飲酒で海馬萎縮リスク6倍、中等度でも3倍2017/7/10

飲酒量が脳に与える影響を、男女527人を対象としたコホート研究で検証(WhitehallII画像サブ...

ソース:BMJ  カテゴリ:脳神経外科疾患精神科疾患一般内科疾患

頭蓋外頸動脈病変はIAT効果に影響せず2017/6/30

前方循環の頭蓋内動脈近位部閉塞による急性虚血性脳卒中患者を対象に、頭蓋外頸動脈病変(ECD)が血管内...

ソース:Ann Intern Med  カテゴリ:脳神経外科疾患神経内科疾患循環器疾患

β遮断薬で外傷性脳損傷の転帰改善か2017/6/28

外傷性脳損傷(TBI)後におけるβ遮断薬使用が転帰に与える影響を、9試験(対象8245例)のシステマ...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:脳神経外科疾患救急

ドラベ症候群にカンナビジオールが効果2017/6/26

薬剤抵抗性のてんかんを主徴とするドラベ症候群の小児および若年成人120例を対象に、てんかんの標準治療...

ソース:NEJM  カテゴリ:神経内科疾患脳神経外科疾患小児科疾患

CFS漏出再発抑制にICP管理が有効2017/6/22

特発性の脳脊髄液(CFS)漏出における初回内視鏡下修復術後の再発抑制に、術後の頭蓋内圧亢進(ICP)...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:脳神経外科疾患耳鼻咽喉科疾患神経内科疾患

卒中血管内治療に適応判定ツールを開発2017/6/8

血管内治療に関するオランダの多施設無作為化試験に登録された急性虚血性脳卒中患者500例と、脳卒中に対...

ソース:BMJ  カテゴリ:脳神経外科疾患神経内科疾患

片側難聴児で脳ネットワークの連結増2017/5/24

重度片側難聴小児20例を対象に、安静時脳機能MRI(rs-fcMRI)を用いて脳の機能的ネットワーク...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:脳神経外科疾患耳鼻咽喉科疾患小児科疾患

中年期の血管リスクで脳アミロイド増2017/5/19

米国3地域で登録された非認知症の322例(平均年齢52歳)を対象に、血管リスク因子と脳内アミロイド蓄...

ソース:JAMA  カテゴリ:神経内科疾患脳神経外科疾患一般内科疾患

3種の小児頭部外傷基準はどれも高感度2017/5/18

頭部外傷で救急受診した小児および18歳未満の青年2万137例を対象に、3つの臨床方針決定基準(PEC...

ソース:Lancet  カテゴリ:脳神経外科疾患救急小児科疾患

脳梗塞への血管内治療は長期に有効2017/5/10

急性虚血性脳卒中患者500例を対象に、血管内治療の有効性を術後90日間検討した無作為化試験(MRCL...

ソース:NEJM  カテゴリ:循環器疾患脳神経外科疾患神経内科疾患一般内科疾患

錐体尖炎、治療の第一選択は40年不変2017/5/8

罹病期間が40年超の錐体尖炎患者44例を対象に、臨床所見および治療法の経時的変化を調査。錐体尖炎で生...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患感染症脳神経外科疾患

脳埋め込み電極で脊損の四肢麻痺改善2017/5/1

脳の運動皮質に2つの微小電極を埋め込む機能的電気刺激(FES:functionalelectrica...

ソース:Lancet  カテゴリ:整形外科疾患脳神経外科疾患神経内科疾患

VTE抗凝固薬中止にHERDOO2が有用2017/4/26

非誘因性の静脈血栓症患者2785例を対象に、投与継続/中止決定のHERDOO2基準(脚の色素沈着・浮...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患循環器疾患脳神経外科疾患

ダビガトランでNVAFの骨折リスク減2017/4/12

非弁膜症性心房細動(NVAF)の新規診断患者8152例を対象に、ダビガトラン使用による骨粗鬆症性骨折...

ソース:JAMA  カテゴリ:神経内科疾患一般内科疾患循環器疾患脳神経外科疾患整形外科疾患

集中訓練で卒中後慢性失語が改善2017/4/6

脳卒中後に失語症が6カ月以上続いた慢性失語症患者158例を対象に、週10時間3週間の集中言語療法の有...

ソース:Lancet  カテゴリ:神経内科疾患その他脳神経外科疾患一般内科疾患

抗血栓薬使用増で硬膜下血腫の発症増2017/4/5

デンマークで硬膜下血腫患者1万10人と一般集団からの対照40万380人を対象に、抗血栓薬と硬膜下血腫...

ソース:JAMA  カテゴリ:神経内科疾患投薬に関わる問題脳神経外科疾患循環器疾患

外傷性脳損傷で難聴リスク2倍2017/4/3

台湾国民健康保険研究データベースの入院患者データを用いて、外傷性脳損傷(TBI)患者における難聴の発...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:耳鼻咽喉科疾患脳神経外科疾患

NOAC3剤の塞栓リスク、高いのは?【BMJ】2017/3/8

心房細動患者5万5644例を対象に、3種の非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬(NOAC:アピキサバン2.5...

ソース:BMJ  カテゴリ:脳神経外科疾患投薬に関わる問題循環器疾患

EPOの2回投与でTBIの死亡減【Ann Surg】2017/3/2

集中治療室の中等度から重度外傷性脳損傷(TBI)患者を対象にした無作為化試験結果を事後解析し、エリス...

ソース:Ann Surg  カテゴリ:救急脳神経外科疾患

小児急性脳症、ライチと関連【Lancet】2017/2/28

インド最大のライチ生産地であるMuzaffarpurで、2014年に集団発生した急性脳症の原因とリス...

ソース:Lancet  カテゴリ:脳神経外科疾患その他救急小児科疾患

電撃傷後に最も多い神経所見判明【Laryngoscope】2017/2/23

職場で電撃傷(electricalinjury)を負った42例を対象に、受傷後に見られる神経学的所見...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:脳神経外科疾患救急神経内科疾患耳鼻咽喉科疾患

頭蓋形成術へのHACは長期でも安全【Laryngoscope】 2017/2/2

経迷路法による頭蓋底手術後に行うハイドロキシアパタイトセメント(HAC)を用いた頭蓋形成術の長期安全...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:一般外科疾患脳神経外科疾患整形外科疾患

周術期脳卒中リスク、片頭痛で1.75倍【BMJ】2017/1/30

2007年1月-14年8月の手術患者12万4558人(平均52.6歳)を対象に、片頭痛患者における周...

ソース:BMJ  カテゴリ:脳神経外科疾患一般外科疾患

扁桃体機能がCVDリスクを予測【Lancet】2017/1/26

心血管疾患(CVD)の既往のない30歳以上のPET/CT施行患者293例を対象に、安静時の扁桃体(ス...

ソース:Lancet  カテゴリ:一般内科疾患脳神経外科疾患循環器疾患

児のPPCS、早期の運動再開で減【JAMA】 2017/1/24

カナダの救急リサーチネットワークに登録された5-17歳の急性脳震盪患児2413例を対象に、受傷後7日...

ソース:JAMA  カテゴリ:脳神経外科疾患救急小児科疾患

TSS後髄液鼻漏リスク、喘息が予測因子に【Laryngoscope】2017/1/20

米国の「医療コストと利用状況に関する調査プロジェクト」の2013年データベースを用い、下垂体切除術施...

ソース:Laryngoscope  カテゴリ:脳神経外科疾患耳鼻咽喉科疾患一般外科疾患

子宮内MRIで児脳異常の診断精度向上2017/1/6

出生前診断の精度向上において、超音波検査で脳異常が疑われた胎児に対する子宮内MRI(in-utero...

ソース:Lancet  カテゴリ:産婦人科疾患検査に関わる問題脳神経外科疾患

提供母乳で児の神経発達改善せず2016/11/28

極低出生体重児299例を対象に、母乳不足を補うため別の女性から提供された母乳(ドナーミルク)を与える...

ソース:JAMA  カテゴリ:脳神経外科疾患産婦人科疾患小児科疾患

FAAHi、最大投与群で重度神経障害2016/11/21

健常者を対象に、脂肪酸アミド加水分解酵素(FAAH)阻害薬BIA10-2474の安全性を第1相試験で...

ソース:NEJM  カテゴリ:神経内科疾患脳神経外科疾患精神科疾患

頭部衝撃、弱くても大脳白質に影響2016/11/14

シーズン中に脳震盪の臨床診断を受けていない8-13歳のフットボール選手25人を対象に、脳震盪までは至...

ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ:救急脳神経外科疾患