m3.com トップ > 海外ジャーナル > BMJ > 精神科疾患

BMJの精神科疾患の 海外ジャーナル

身体活動量増加で成人の死亡リスク低下2019/8/1

EPIC(癌発症と食事因子を検討する欧州共同研究)に参加した英国一般集団成人1万4599例を対象に、...

ソース:BMJ  カテゴリ:一般内科疾患整形外科疾患一般外科疾患精神科疾患

ガバペンチノイド、自殺行動リスク上昇と関連2019/7/10

スウェーデンで2006-13年にガバペンチノイドを処方された19万1973例を対象に、ガバペンチノイ...

ソース:BMJ  カテゴリ:一般外科疾患投薬に関わる問題精神科疾患整形外科疾患その他

英国の性交頻度、25歳以上と既婚/同棲者で低下傾向2019/6/3

英国の性行動とライフスタイルに関する全国調査(Natsal)に参加した16-44歳の男女を対象に、性...

ソース:BMJ  カテゴリ:一般外科疾患精神科疾患一般内科疾患

運動不足+心血管代謝疾患が認知症リスクと関連2019/5/17

前向き観察コホート研究19件の個人データ(40万4840件)を対象に、運動不足と認知症および心血管代...

ソース:BMJ  カテゴリ:循環器疾患神経内科疾患精神科疾患一般内科疾患

大うつ病の非外科的脳刺激療法、10種が奏効と関連2019/4/23

成人の大うつ病エピソードに対する非外科的脳刺激の有効性を無作為化臨床試験113件(大うつ病性障害また...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患

妊娠中の農薬曝露で児の自閉症リスク増か2019/4/18

米国カリフォルニア州の農業地帯で、自閉症スペクトラム障害の小児2961例を対象に、農薬曝露と自閉症リ...

ソース:BMJ  カテゴリ:小児科疾患産婦人科疾患精神科疾患

自殺は依然として死亡の重大寄与因子2019/2/28

世界の疾病負担研究(GBD)2016のデータの系統的解析から、195の国と地域の自殺死亡率の年齢、性...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患一般内科疾患

開業医は私用で時間をムダにしている?!2018/12/26

米国国民健康栄養調査から抽出した総合診療医(GP)の代表標本1000人のデータを基に、予防的ケアの共...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患一般内科疾患一般外科疾患

子を持つ女性医師に対する職場での差別が明らかに2018/12/25

子を持つ女性医師の健康および福祉に関するオンライン調査への自由記述回答947件を基に、母親としての役...

ソース:BMJ  カテゴリ:一般内科疾患一般外科疾患精神科疾患

SNRI/SSRIへのミルタザピン上乗せ、効果の根拠得られず2018/12/11

英国でベックうつ病評価尺度-II(BDI-II)スコアが14以上の治療抵抗性うつ病患者480例を対象...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患投薬に関わる問題

座位時間の短縮、仕事の業績や精神面にも効果あり2018/11/16

英国の内勤者146人を対象に、座位時間短縮を目的とした多因子介入StandMoreAT(SMArT)...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患一般内科疾患

受胎前後の父親の抗うつ薬使用、出生児の有害転帰と関連せず2018/7/30

父親の抗うつ薬使用と出生児の有害転帰の関連をスウェーデンの全国前向き観察コホート研究で検討。受胎時期...

ソース:BMJ  カテゴリ:小児科疾患精神科疾患投薬に関わる問題産婦人科疾患

抗うつ薬の長期服用で体重増加リスク上昇2018/7/11

2004-14年の英国臨床研究データリンクに登録された男性13万6762例と女性15万7957例のデ...

ソース:BMJ  カテゴリ:投薬に関わる問題精神科疾患一般内科疾患その他

認知症への運動療法、認知障害の進行を抑制せず2018/6/27

軽症ないし中等症の認知症患者494例を対象に、中強度ないし高強度の有酸素運動および筋力増強運動による...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患一般内科疾患精神科疾患

抗コリン薬、認知症リスク増加と強い関連2018/6/12

英国で認知症患者4万770例および対照28万3933例を対象に、抗コリン薬曝露と認知症リスクの関連を...

ソース:BMJ  カテゴリ:投薬に関わる問題一般内科疾患精神科疾患腎・泌尿器疾患

AMIの7日院内死亡率、ハロペリドール使用で微増2018/5/10

急性心筋梗塞(AMI)の入院患者6578例を対象に、定型抗精神病薬のハロペリドールと非定型抗精神病薬...

ソース:BMJ  カテゴリ:循環器疾患投薬に関わる問題精神科疾患

米国の30日再入院率、成人移行期で高い傾向2018/4/3

2013年の米国入院データベース3172万9762件を対象に、30日再入院率の年齢別傾向を後ろ向き解...

ソース:BMJ  カテゴリ:一般内科疾患小児科疾患精神科疾患一般外科疾患

高学歴でアルツハイマーリスク減2018/1/10

アルツハイマー病患者1万7008例および対照3万7154例を対象に、改善可能な24種の危険因子とアル...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患一般内科疾患精神科疾患

満月の夜はオートバイ事故死が5%増2017/12/19

米国で1975-2014年の夜間に発生したオートバイ死亡事故1万3029件を対象に、満月が死亡事故の...

ソース:BMJ  カテゴリ:一般内科疾患精神科疾患一般外科疾患救急

「おごれる人も久しからず」、現実では逆?2017/12/19

英イングランドの高齢者調査ELSAの参加者4964人の二次解析により、「おごれる人も久しからず」の慣...

ソース:BMJ  カテゴリ:一般外科疾患精神科疾患一般内科疾患

企業から医学誌編集医師への報酬、最多は960万円2017/11/30

米国のヘルスケア産業から医療従事者への支払い記録をまとめた「OpenPaymentsdatabase...

ソース:BMJ  カテゴリ:一般外科疾患精神科疾患一般内科疾患

13-16歳女児の自傷行為が急増、英国2017/11/15

英国の電子医療記録から2001-14年の10-19歳の自傷患者1万6912例を対象に、自傷行為の発生...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患小児科疾患

不安障害患者、抗うつ薬中止で再発リスク3倍2017/10/23

抗うつ薬治療が奏効していた不安障害患者における抗うつ薬中止による再発リスクを、無作為化再発予防試験2...

ソース:BMJ  カテゴリ:一般内科疾患精神科疾患

妊娠中の抗うつ薬、曝露児の精神疾患リスク判明2017/10/6

デンマークで単胎出生児90万5383例を対象に、抗うつ薬への子宮内曝露と児の精神疾患リスクの関係を全...

ソース:BMJ  カテゴリ:小児科疾患産婦人科疾患精神科疾患一般内科疾患

出産前後のオピオイド+向精神薬、児への影響大2017/9/8

出産前後にオピオイドに曝露した妊婦約20万人とその生児を対象に、向精神薬との複合曝露が新生児薬物離脱...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患小児科疾患産婦人科疾患

母の抗うつ薬使用で子の自閉症1.45倍2017/8/28

スウェーデンで4-17歳小児25万4610人を対象に、妊娠中の抗うつ薬使用と子の自閉症の関連を観察前...

ソース:BMJ  カテゴリ:小児科疾患産婦人科疾患精神科疾患一般内科疾患

BZD開始による死亡リスク、6カ月では差なし2017/8/23

ベンゾジアゼピン系薬剤(BZD)の開始と全死亡の関係について、125万2988例を対象に後ろ向きコホ...

ソース:BMJ  カテゴリ:一般内科疾患精神科疾患

認知症、発症率低下しても患者数は大幅増2017/8/18

英国イングランドとウェールズの50歳以上の男女1万7906人を対象に、2002年以降の認知症発症傾向...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患一般内科疾患その他神経内科疾患

小児期の知能テスト得点が疾患リスクを規定2017/8/1

スコットランドで1936年に出生した男性3万3536人と女性3万2229人を対象に、小児期の知能と主...

ソース:BMJ  カテゴリ:小児科疾患精神科疾患

「活動量多いと認知症低リスク」に異論?2017/7/18

33-35歳の1万308人を対象に、運動と認知機能低下および認知症リスクの関連を平均27年間の追跡で...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患一般内科疾患神経内科疾患

多量飲酒で海馬萎縮リスク6倍、中等度でも3倍2017/7/10

飲酒量が脳に与える影響を、男女527人を対象としたコホート研究で検証(WhitehallII画像サブ...

ソース:BMJ  カテゴリ:一般内科疾患精神科疾患脳神経外科疾患

妊娠中の抗うつ薬、児への影響は弱め2017/7/6

2001年1月-2009年12月に出生した香港の小児19万618例の医療記録を基に、妊婦の抗うつ薬服...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患産婦人科疾患小児科疾患

BZ併用でオピオイド過剰摂取入院2倍2017/4/19

米国で2001-13年にオピオイド処方を受けた約32万人の保険請求データから、ベンゾジアゼピン系薬(...

ソース:BMJ  カテゴリ:その他精神科疾患投薬に関わる問題

SSRIの先天心疾患リスクに遺伝子関与2017/4/10

全米先天異常予防研究から先天性心疾患を持つ乳児1180例のデータを抽出し、妊娠中のSSRI使用による...

ソース:BMJ  カテゴリ:産婦人科疾患小児科疾患精神科疾患

抗うつ薬適応外使用、確証ある処方少ない2017/3/24

カナダのプライマリケア医174人が抗うつ薬を処方した患者2万920人(処方件数10万6850件)を対...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患

就業不能判定、評価者間にばらつき【BMJ】2017/2/21

就業不能給付金の受給判定の再現性を検討した観察研究16件のデータを基に、医学的判定の信頼性(評価者間...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患一般内科疾患

精神ストレスで癌死リスクが上昇【BMJ】2017/2/20

1994-2008年の前向きコホート研究16件の参加者データ(16歳以上の男女16万3363人)を基...

ソース:BMJ  カテゴリ:一般内科疾患精神科疾患

統合失調症への専門的介入延長は効果薄【BMJ】2017/2/6

初回エピソード統合失調症スペクトラム障害の患者400例を対象に、2年間の専門的早期介入(SEI)+3...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患

楽しみの多さは死亡率と逆相関する2016/12/22

イングランドの高齢者調査ELSAから50歳以上の男女9365人を対象に、人生の楽しみの量的な多さと死...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患

CYP2D6阻害SSRI、タモ併用でも死亡不変2016/10/20

タモキシフェン新規使用患者1万4532例を対象に、強力なCYP2D6阻害作用を伴う選択的セロトニン再...

ソース:BMJ  カテゴリ:産婦人科疾患精神科疾患

欧州経済危機中に自殺増加の兆候2016/9/26

2008年の欧州経済危機による健康転帰への影響を、実証研究41件のシステマティックレビューで検証。研...

ソース:BMJ  カテゴリ:一般内科疾患精神科疾患

ADHD児へのMPHで不整脈リスク上昇2016/6/16

注意欠陥・多動性障害(ADHD)の小児と若年者1224例を対象に、メチルフェニデート(MPH)投与に...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患小児科疾患循環器疾患

抗うつ薬と心血管リスクの関連認めず2016/4/14

20-64歳のうつ病患者23万8963人を対象に、抗うつ薬と心血管リスクの関連をコホート研究で検証。...

ソース:BMJ  カテゴリ:投薬に関わる問題循環器疾患精神科疾患

ネットCBTが身体醜形障害のうつ病に効果2016/2/22

身体醜形障害の成人外来患者94例を対象に、セラピスト主導のインターネットベース認知行動療法(BDD-...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患整形外科疾患

BZD累積用量、認知症発症に関連しない2016/2/17

65歳以上で非認知症の3434例を対象に、ベンゾジアゼピンの累積使用と認知症発症の関連を前向き人口ベ...

ソース:BMJ  カテゴリ:投薬に関わる問題精神科疾患

抗うつ薬使用児で自殺傾向と攻撃性2倍2016/2/12

抗うつ薬使用に関連する重篤な有害作用を、治験報告書(二重盲検プラセボ対照試験70件、被験者1万852...

ソース:BMJ  カテゴリ:小児科疾患精神科疾患

「アルカンシェルの呪い」は実存するのか2015/12/25

自転車世界選手権で優勝した翌年は成績が悪くなる「マイヨ・アルカンシェルの呪い」の根拠を、1965-2...

ソース:BMJ  カテゴリ:一般内科疾患精神科疾患

最高権力者への選出が寿命を縮める?2015/12/24

1722-2015年の17カ国の政府首脳候補540人(当選者279人、次点にはなったが一度も当選する...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患一般内科疾患

抗うつ薬と認知行動療法の功罪に差なし2015/12/28

大うつ病性障害の治療における第2世代抗うつ薬と認知行動療法の功罪を、無作為化比較試験11件のシステマ...

ソース:BMJ  カテゴリ:一般内科疾患投薬に関わる問題精神科疾患

ADHDへのメチルフェニデートは効果不確か2015/12/11

注意欠陥多動性障害(ADHD)児と若年者に対するメチルフェニデート投与の効果をコクランシステマティッ...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患小児科疾患