m3.com トップ > 海外ジャーナル > BMJ > 神経内科疾患

BMJの神経内科疾患の 海外ジャーナル

NAFLDと心筋梗塞/脳卒中発症に関連見られず2019/11/4

欧州の一次医療データベースから非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)または非アルコール性脂肪性肝炎(...

ソース:BMJ  カテゴリ:消化器疾患神経内科疾患循環器疾患

亜急性期脳卒中の有酸素運動、有意な効果示せず2019/10/16

亜急性期脳卒中(脳卒中発症後5-45日)の成人患者200例を対象に、体重免荷トレッドミル歩行トレーニ...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患脳神経外科疾患その他

入院後の認知機能低下、外科より内科で多い2019/9/4

WhitehallII試験で最大5回認知機能検査を受けた7532例を対象に、大手術と認知機能低下の関...

ソース:BMJ  カテゴリ:一般内科疾患一般外科疾患神経内科疾患

軽度脳卒中へのチカグレロル、血小板反応性亢進を抑制2019/6/28

急性軽度脳卒中または一過性脳虚血発作患者675例を対象に、チカグレロル+アスピリンの血小板反応性亢進...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患脳神経外科疾患投薬に関わる問題

英国の脳卒中死亡率が半減、致死率の低下に起因2019/6/19

英国イングランドで、2001-10年に急性脳卒中により入院または死亡した成人79万5869例を対象に...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患救急その他

運動不足+心血管代謝疾患が認知症リスクと関連2019/5/17

前向き観察コホート研究19件の個人データ(40万4840件)を対象に、運動不足と認知症および心血管代...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患神経内科疾患一般内科疾患循環器疾患

閉経後ホルモン療法、アルツハイマー病リスクと関連2019/4/2

アルツハイマー病女性と非アルツハイマー病女性(各8万4739例)を対象に、閉経後女性に対するホルモン...

ソース:BMJ  カテゴリ:産婦人科疾患神経内科疾患投薬に関わる問題

知的活動は加齢による認知機能低下を防げない2018/12/21

1947年ScottishMentalHealthSurveyに参加した1936年出まれの非臨床被験...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患一般内科疾患

妊娠高血圧腎症の既往女性、血管性認知症リスク3倍以上2018/11/26

デンマークで1978-2015年に出産(生産、死産含む)した女性117万8005例を対象に、妊娠高血...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患産婦人科疾患循環器疾患

神経ボレリア症、長期転帰は一般集団と変わらず2018/7/18

デンマークでライム神経ボレリア症患者2067例を対象に集団ベースのコホート研究を実施し、長期生存、健...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患

認知症への運動療法、認知障害の進行を抑制せず2018/6/27

軽症ないし中等症の認知症患者494例を対象に、中強度ないし高強度の有酸素運動および筋力増強運動による...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患精神科疾患一般内科疾患

アプガースコア低いほど脳性麻痺・てんかんリスク上昇2018/3/15

スウェーデンの単胎出生児121万3470例を対象に、アプガースコアと脳性麻痺およびてんかんリスクとの...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患小児科疾患脳神経外科疾患

喫煙は1日1本でも脳心血管リスク2018/2/26

少量の喫煙による冠動脈疾患および脳卒中のリスクを、コホート研究141件のメタ解析で検討した。その結果...

ソース:BMJ  カテゴリ:脳神経外科疾患一般内科疾患呼吸器疾患循環器疾患神経内科疾患

動脈瘤性くも膜下出血の転帰予測モデルを開発2018/2/21

くも膜下出血国際データベース(SAHIT)の脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血患者1万936例のデータを...

ソース:BMJ  カテゴリ:脳神経外科疾患神経内科疾患

高学歴でアルツハイマーリスク減2018/1/10

アルツハイマー病患者1万7008例および対照3万7154例を対象に、改善可能な24種の危険因子とアル...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患一般内科疾患精神科疾患

DOACは心房細動患者の脳卒中を低減する2017/12/28

心房細動患者の脳卒中予防における直接経口抗凝固薬(DOAC)の有効性、安全性、費用効果を、無作為化試...

ソース:BMJ  カテゴリ:循環器疾患神経内科疾患脳神経外科疾患

DOACの安全性、ワルファリンと同等か2017/11/17

新規に診断された静脈性血栓塞栓症(VTE)患者5万9525例を対象に、直接経口抗凝固薬(DOAC)の...

ソース:BMJ  カテゴリ:循環器疾患神経内科疾患脳神経外科疾患

認知症、発症率低下しても患者数は大幅増2017/8/18

英国イングランドとウェールズの50歳以上の男女1万7906人を対象に、2002年以降の認知症発症傾向...

ソース:BMJ  カテゴリ:その他一般内科疾患神経内科疾患精神科疾患

「活動量多いと認知症低リスク」に異論?2017/7/18

33-35歳の1万308人を対象に、運動と認知機能低下および認知症リスクの関連を平均27年間の追跡で...

ソース:BMJ  カテゴリ:精神科疾患神経内科疾患一般内科疾患

卒中血管内治療に適応判定ツールを開発2017/6/8

血管内治療に関するオランダの多施設無作為化試験に登録された急性虚血性脳卒中患者500例と、脳卒中に対...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患脳神経外科疾患

遺伝的低LDL-CはADと関連しない2017/5/29

デンマークの一般人口から約11万人を抽出し、PCSK9およびHMGCR遺伝子変異によるLDL-C低値...

ソース:BMJ  カテゴリ:内分泌・代謝疾患一般内科疾患神経内科疾患

VTE抗凝固薬中止にHERDOO2が有用2017/4/26

非誘因性の静脈血栓症患者2785例を対象に、投与継続/中止決定のHERDOO2基準(脚の色素沈着・浮...

ソース:BMJ  カテゴリ:脳神経外科疾患循環器疾患神経内科疾患

先天ジカ児の関節拘縮、神経系か2016/8/24

ブラジルでジカウイルスが原因と思われる先天性感染症診断を受けた関節拘縮患児7例を対象に、臨床/放射線...

ソース:BMJ  カテゴリ:感染症神経内科疾患産婦人科疾患

「葉酸補給勧告」でも神経管欠損減らず2015/12/10

多くの国が葉酸補給を勧告している欧州で、非染色体異常の神経管欠損(NTD)1万1353例のデータを用...

ソース:BMJ  カテゴリ:脳神経外科疾患神経内科疾患産婦人科疾患

脳卒中後AFのワルファリン、転帰良2015/8/10

虚血性脳卒中で入院した心房細動患者1万2552人を対象に、ワルファリン治療と長期転帰の関連を観察研究...

ソース:BMJ  カテゴリ:投薬に関わる問題神経内科疾患循環器疾患

一部SSRIに先天異常リスク2015/7/17

先天異常のある児の母親1万7952人と健常児の母親9857人を対象に、受胎前後の選択的セロトニン再取...

ソース:BMJ  カテゴリ:小児科疾患精神科疾患神経内科疾患

認知症リスク予測、MRIで改善せず2015/7/3

フランスの3都市研究(Three-CityStudy)のひとつディジョン市で、非認知症の高齢者172...

ソース:BMJ  カテゴリ:脳神経外科疾患神経内科疾患検査に関わる問題

NOAC、消化管出血増やさず2015/5/1

米国で民間保険加入者の管理データベースからダビガトラン、リバーロキサバン、ワルファリンの使用者4万6...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患投薬に関わる問題循環器疾患

NOAC、65歳以上で出血リスク増2015/5/1

新規経口抗凝固薬の現実(realworld)の消化管出血リスクを、Optumラボ/メディケア請求デー...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患投薬に関わる問題循環器疾患

DES後DAPT、至適期間は1年未満?2015/4/27

薬剤溶出ステント留置後の抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)の至適期間を、無作為化比較試験10件(被験...

ソース:BMJ  カテゴリ:脳神経外科疾患神経内科疾患循環器疾患

慢性腰痛の経頭蓋直流刺激は無効2015/4/27

非特異的慢性腰痛患者135人を対象に、認知行動療法施行前の経頭蓋直流電気刺激(tDCS)の有効性を二...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患整形外科疾患

腰仙部神経根痛、ガバペンチンで効果2015/4/24

椎間板ヘルニアまたは脊柱管狭窄症による腰仙部神経根痛を有する患者145人を対象に、硬膜外ステロイド注...

ソース:BMJ  カテゴリ:整形外科疾患神経内科疾患投薬に関わる問題

ワルファリン、腎機能低下で大出血増2015/2/12

ワルファリン治療を開始した心房細動の高齢者1万2403人を対象に、腎機能と大出血の関連をコホート研究...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患投薬に関わる問題循環器疾患

抗てんかん薬、自然流産と関連せず2014/9/1

デンマークの医療出生登録と退院登録から約100万件の妊娠データを対象に、妊娠中の抗てんかん薬使用と自...

ソース:BMJ  カテゴリ:投薬に関わる問題神経内科疾患産婦人科疾患

帯状疱疹、若年患者でリスク増2014/5/22

帯状疱疹患者14万4959人と対照54万9336人を対象に、帯状疱疹のリスク因子の影響を症例対照研究...

ソース:BMJ  カテゴリ:皮膚疾患小児科疾患神経内科疾患

認知症の人種差に社会経済的格差2013/12/25

米国で黒人と白人の高齢者2457人を対象に、社会・経済的格差が認知症発症率の人種差におよぼす影響を前...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患精神科疾患一般内科疾患

腰痛診断のred flag、精度に不安2013/12/16

診断的研究14件を対象に、腰痛患者の骨折や悪性腫瘍を判断する警告徴候(redflag)の精度をシステ...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患一般外科疾患整形外科疾患

棘突起間デバイス、優位性なし2013/11/19

腰部脊柱管狭窄症患者159人を対象に、棘突起間植込みデバイスの効果を無作為化比較試験で検討。ZCQ(...

ソース:BMJ  カテゴリ:整形外科疾患神経内科疾患一般外科疾患

介護者の対処法で費用対効果に差2013/10/30

認知症患者の家族介護者260人を対象に、マニュアルに基づく対処プログラム+通常治療による介入の費用対...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患一般内科疾患その他

精神病患者、報奨金で治療順守効果2013/10/10

英国で精神病性障害者131人を対象に、抗精神病薬の維持療法の順守への報奨金(持続性注射剤投与1回で1...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患精神科疾患一般内科疾患

血圧変動、認知機能障害と関連2013/8/2

70歳超の5461人を対象に、3カ月ごとの来院時の血圧変動と認知機能との関連をコホート研究で検討(P...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患一般内科疾患循環器疾患

認知症のチームケア、症状改善2013/7/5

救急科で「せん妄」と診断され救急入院した認知障害の高齢患者600人を対象に、医療および精神保健専門家...

ソース:BMJ  カテゴリ:その他精神科疾患神経内科疾患

気分障害のリチウム、自殺予防2013/7/4

無作為化比較試験48件(被験者6674人)を対象に、気分障害(単極性および双極性)患者におけるリチウ...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患精神科疾患投薬に関わる問題

脳卒中の組織的医療、死亡減らす2013/5/15

英国の106病院で急性虚血性脳卒中の入院患者2万5904人を対象に、医療サービスの組織化、ケアの質、...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患脳神経外科疾患救急

Qstroke点数、脳卒中予測を改善2013/5/10

英国で一般診療データを基に、脳卒中・一過性脳虚血発作リスク予測アルゴリズムQStrokeの開発と検証...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患検査に関わる問題脳神経外科疾患

乳癌術後6年、37%が持続痛訴え2013/4/16

2005-06年に乳癌手術を受けた2411人を対象に、持続痛とリスク因子を追跡調査で検証。2012年...

ソース:BMJ  カテゴリ:一般外科疾患神経内科疾患

腰椎穿刺、超音波で失敗リスク減2013/3/29

超音波画像診断で腰椎穿刺および硬膜外カテーテル挿入の失敗が減るかを、無作為化比較試験14件(対象13...

ソース:BMJ  カテゴリ:神経内科疾患一般外科疾患投薬に関わる問題

運転手のカフェイン、事故6割減2013/3/25

運転中に事故に遭った長距離トラック運転手530人と無事故の運転手517人を対象に、カフェイン摂取と事...

ソース:BMJ  カテゴリ:救急精神科疾患神経内科疾患

低認知機能、外傷性脳損傷リスク2013/3/18

スウェーデンで1989-94年に徴兵検査を受けた男性30万5885人を対象に、軽度外傷性脳損傷のリス...

ソース:BMJ  カテゴリ:脳神経外科疾患精神科疾患神経内科疾患

PDの活動促進介入、効果見られず2013/3/6

座りがちな特発性パーキンソン病(PD)患者685人を対象に、動機付け戦略を用いた多面的行動変化プログ...

ソース:BMJ  カテゴリ:検査に関わる問題神経内科疾患整形外科疾患