m3.com トップ > 海外ジャーナル > NEJM > 小児科疾患

NEJMの小児科疾患の 海外ジャーナル

虫垂炎の抗菌薬療法、切除術に非劣性2020/10/16

米国25施設で、虫垂炎成人患者1552例(414例に虫垂結石あり)を対象に実臨床下の非盲検無作為化非...

ソース:NEJM  カテゴリ:投薬に関わる問題救急一般外科疾患小児科疾患

エクソーム解析で胎児水腫の3割から原因遺伝子検出2020/10/17

非免疫性胎児水腫(NIHF)の出生前診断に用いるエクソーム解析の有用性を症例集積研究で検討。原因不明...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患産婦人科疾患その他一般内科疾患

HPVワクチン接種で浸潤性子宮頸がんリスクが大幅に低下2020/10/12

スウェーデンの人口統計と保健に関する全国登録簿を用いて、ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種...

ソース:NEJM  カテゴリ:産婦人科疾患小児科疾患感染症

小児急性下痢の低用量亜鉛、WHO推奨用量に非劣性2020/10/4

インドおよびタンザニアで急性下痢小児患者4500例を対象に、低用量亜鉛と世界保健機関(WHO)推奨量...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患その他投薬に関わる問題感染症消化器疾患

ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症患児にエボロクマブが有効2020/9/12

安定した脂質低下療法を実施しており、LDLコレステロール値130mg/dL(3.4mmol/L)以上...

ソース:NEJM  カテゴリ:一般内科疾患小児科疾患投薬に関わる問題循環器疾患

小児1型DMの血糖制御、人工膵臓で改善2020/9/11

6-13歳の1型糖尿病(DM)患者101例を対象に、クローズドループ型インスリン注入システム(人工膵...

ソース:NEJM  カテゴリ:内分泌・代謝疾患一般内科疾患小児科疾患

妊娠初期のジカウイルス感染で児の脳・眼の先天異常増2020/8/20

コロンビアでジカウイルスが集団発生した2015年6月から2016年7月に症候性ジカウイルス感染症(Z...

ソース:NEJM  カテゴリ:産婦人科疾患感染症小児科疾患眼科疾患神経内科疾患

妊娠期RSVワクチン接種に児の下気道感染抑制効果見られず2020/8/16

RSウイルス(RSV)流行シーズン開始時期に予定日を迎える妊娠28-36週の健康な妊婦4636例と出...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患感染症一般内科疾患産婦人科疾患

早産児のRSウイルス感染予防にnirsevimabが有効2020/8/12

在胎29-34週で出生した健康な乳児1453例を対象に、半減期延長型RSウイルス(RSV)モノクロー...

ソース:NEJM  カテゴリ:感染症投薬に関わる問題小児科疾患呼吸器疾患一般内科疾患

低栄養小児の発育不全に腸内細菌が関連2020/8/7

バングラデシュ・ダッカのスラム地区で、環境性腸管機能障害(EED)を有する低身長幼児80例の血漿検体...

ソース:NEJM  カテゴリ:消化器疾患一般内科疾患小児科疾患その他

結核予防にビタミンD補給の効果見られず2020/8/5

モンゴルで、結核感染QFT(クォンティフェロンTBゴールド検査)陰性の学齢児童8117人を対象に、ビ...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患感染症一般内科疾患その他

アトピーにnemolizumab+外用薬で掻痒緩和2020/7/24

外用薬の効果が不十分な中等度ないし重度掻痒を伴うアトピー性皮膚炎患者215例を対象に、外用薬と併用し...

ソース:NEJM  カテゴリ:皮膚疾患小児科疾患アレルギー疾患一般内科疾患投薬に関わる問題

インフルエンザ家庭内感染予防にゾフルーザが有効2020/7/19

日本国内で、インフルエンザ家庭内曝露後のバロキサビルマルボキシル(バロキサビル、商品名ゾフルーザ)予...

ソース:NEJM  カテゴリ:投薬に関わる問題感染症小児科疾患一般内科疾患

肺炎にアモキシシリン不使用、使用に非劣性示せず2020/7/16

カラチ(パキスタン)の低所得地域で、2-59カ月齢の頻呼吸を伴う非重症肺炎患者3856例を対象に、経...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患投薬に関わる問題呼吸器疾患

早産児の死亡リスク、5-10分後アプガー指数で予測2020/7/16

スウェーデンで1992-2016年に出生した早産児11万3300例を対象に、在胎期間およびアプガー(...

ソース:NEJM  カテゴリ:産婦人科疾患一般内科疾患小児科疾患

鎌状赤血球症のヒドロキシ尿素、用量漸増で転帰良好2020/7/10

サハラ以南のアフリカで、鎌状赤血球症小児患者187例を対象に、ヒドロキシ尿素の固定用量投与と最大耐用...

ソース:NEJM  カテゴリ:血液疾患投薬に関わる問題小児科疾患

COVID-19流行下で小児多臓器系炎症性症候群も増加 米NY2020/7/9

米ニューヨーク州保健省が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による小児多臓器炎症症候群(M...

ソース:NEJM  カテゴリ:感染症呼吸器疾患小児科疾患

研修医の短時間シフトは長時間シフトより医療過誤多い2020/7/8

米国でICUローテーション中の小児科レジデントを対象に、24時間以上の長時間勤務を回避した勤務スケジ...

ソース:NEJM  カテゴリ:一般内科疾患小児科疾患救急一般外科疾患

COVID-19小児の多臓器炎症症候群、米の実態2020/7/7

米国疾病予防管理センター(CDC)が、2020年3月15日から5月20日にかけて国内の小児医療センタ...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患呼吸器疾患感染症

小児の成熟B細胞リンパ腫、リツキシマブ追加で生存率改善2020/6/17

高悪性度の成熟B細胞非ホジキンリンパ腫または急性白血病の18歳未満の患者328例を対象に、標準的なl...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患投薬に関わる問題血液疾患

小児血球貪食性リンパ組織球症にemapalumabが有効2020/5/21

18歳以下の原発性血球貪食性リンパ組織球症(HLH)患者34例(治療歴問わず)を対象に、デキサメタゾ...

ソース:NEJM  カテゴリ:血液疾患小児科疾患投薬に関わる問題

思春期の肥満にリラグルチド併用が有効2020/4/16

思春期(12歳以上18歳未満)の肥満患者を対象に、生活習慣療法+リラグルチド1日1回3.0mg皮下投...

ソース:NEJM  カテゴリ:内分泌・代謝疾患小児科疾患一般内科疾患投薬に関わる問題

手術不能NF-1、selumetinibで腫瘍縮小2020/4/7

症候性の手術不能な叢状神経線維腫を呈する神経線維腫症1型(NF-1)小児患者を対象に、MEK1/2阻...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患投薬に関わる問題脳神経外科疾患

NY市の麻疹集団感染、ワクチン未接種が8割2020/3/28

2018-19年に発生したニューヨーク市での麻疹集団感染の発生状況および経過を調査。この集団感染は、...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患感染症一般内科疾患

新生児の低血糖症治療、低閾値が従来閾値に非劣性2020/2/20

在胎35週以降に出生し低血糖症リスクのある新生児582例を対象に、18カ月時の精神運動発達に及ぼす低...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患一般内科疾患内分泌・代謝疾患

妊婦のビタミンD補給、児の6歳時の喘息発症に影響せず2020/2/20

妊娠中ビタミンD補給(1日当たり4400IU)による児の3歳時までの喘息および再発性喘鳴抑制効果を示...

ソース:NEJM  カテゴリ:呼吸器疾患小児科疾患産婦人科疾患一般内科疾患投薬に関わる問題

10代のB群髄膜炎菌新ワクチン接種、保菌率は非接種児と変わらず2020/2/7

思春期小児への多成分B群髄膜炎菌ワクチン(4CMenB)集団接種による髄膜炎菌保菌予防効果を検討すべ...

ソース:NEJM  カテゴリ:神経内科疾患一般内科疾患小児科疾患感染症投薬に関わる問題

乳児のB群髄膜炎菌新ワクチン接種対策が有効2020/2/6

2015年9月に英国で導入された多成分B群髄膜炎菌ワクチン(4CMenB)予防接種プログラム導入後3...

ソース:NEJM  カテゴリ:感染症神経内科疾患小児科疾患投薬に関わる問題

超早産児の高用量EPO、神経保護作用認めず2020/1/27

妊娠24週0日-27週6日で出生した超早産児741例を対象に、神経保護を目的とした高用量のエリスロポ...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患投薬に関わる問題産婦人科疾患

腸チフス結合型ワクチン単回接種、流行地域で有効性示す2019/12/19

ネパールで生後9カ月-16歳の小児を対象に、腸チフス結合型ワクチン(TCV)単回接種の有効性を第II...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患感染症投薬に関わる問題消化器疾患

デング熱ワクチン候補、流行地域で有効性確認2019/11/26

アジアおよびラテンアメリカのデング熱流行地域に住む4-16歳の健康な小児2万71人を対象に、3カ月間...

ソース:NEJM  カテゴリ:一般内科疾患感染症投薬に関わる問題小児科疾患

1型DMにクローズドループシステムが有効2019/11/6

1型糖尿病患者168例を対象に、クローズドループ型インスリン注入システムの使用による血糖コントロール...

ソース:NEJM  カテゴリ:内分泌・代謝疾患小児科疾患一般内科疾患

高カイロミクロン血症のvolanesorsen、患者の77%でTG値低下2019/9/10

家族性高カイロミクロン血症症候群患者66例を対象に、アンチセンス薬volanesorsenの有効性お...

ソース:NEJM  カテゴリ:投薬に関わる問題小児科疾患循環器疾患

小児軟骨無形成症薬vosoritide、有害事象はおおむね軽度2019/7/18

軟骨無形成症の小児患者35例を対象に、C型ナトリウム利尿ペプチドアナログ製剤vosoritideの安...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患

新生児への経鼻高流量酸素療法、CPAPに非劣性示せず2019/6/26

非三次医療機関の特別治療保育室で呼吸窮迫状態の新生児754例を対象に、経鼻高流量酸素療法の治療効果を...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患

軽症持続型喘息へのICSとLAMA、プラセボと差なし2019/6/19

軽症持続型喘息患者295例を対象に、好酸球低値(喀痰中好酸球比率2%未満)患者のモメタゾンまたはチオ...

ソース:NEJM  カテゴリ:呼吸器疾患投薬に関わる問題小児科疾患一般内科疾患

軽症喘息のブデソニド+ホルモテロール合剤、増悪を抑制2019/6/13

軽症喘息患者668例を対象に、ブデソニド+ホルモテロール配合剤頓用の増悪抑制効果を無作為化並行群間試...

ソース:NEJM  カテゴリ:一般内科疾患呼吸器疾患小児科疾患投薬に関わる問題

SCID-X1乳児へのレンチウイルス遺伝子治療でT細胞正常化2019/5/10

X連鎖重症複合免疫不全症(SCID-X1)新規診断乳児8例を対象に、ブスルファンで前処置した骨髄幹細...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患その他

ADHD患者の精神病リスク、精神刺激薬別に比較2019/4/11

精神刺激薬のメチルフェニデートまたはアンフェタミンを処方されている13-25歳の注意欠陥多動性障害(...

ソース:NEJM  カテゴリ:精神科疾患投薬に関わる問題小児科疾患

小児のピーナツアレルギー、経口免疫療法薬AR101が有望2018/12/14

4-17歳の重度ピーナツアレルギー患者496例を対象に、ピーナッツ由来の生物学的経口免疫療法薬AR1...

ソース:NEJM  カテゴリ:アレルギー疾患皮膚疾患小児科疾患

早産児への血小板輸血、高閾値で死亡率増2018/12/7

重症血小板減少症を来した在胎34週未満の早産児660例を対象に、予防的血小板輸血の閾値を多施設無作為...

ソース:NEJM  カテゴリ:産婦人科疾患小児科疾患

嚢胞性線維症に2種のCFTR調整薬が有望2018/11/21

嚢胞性線維症患者に対するtezacaftor+ivacaftor治療への新規の嚢胞性線維症膜コンダク...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患呼吸器疾患投薬に関わる問題

2-6歳時に肥満だと思春期の肥満リスク増2018/11/9

小児5万1505人を対象に、小児期(0-14歳)の体格指数(BMI)と思春期(15-18歳)の持続性...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患内分泌・代謝疾患

多発性硬化症へのフィンゴリモド vs. IFN β-1a2018/10/26

10-17歳の多発性硬化症再発患者215例を対象に、フィンゴリモドとインターフェロン(IFN)β-1...

ソース:NEJM  カテゴリ:神経内科疾患小児科疾患投薬に関わる問題

妊娠中・授乳期のビタミンD補充、児の発育を有意に改善せず2018/9/19

バングラデシュで妊娠中および授乳中の母親のビタミンD(VD)補充が胎児および乳児の発育にもたらす効果...

ソース:NEJM  カテゴリ:産婦人科疾患小児科疾患

思春期サッカー選手の心臓突然死、10万人当たり6.8件2018/9/18

1996-2016年にイングランドサッカー協会心臓スクリーニング検査を受けた思春期(平均年齢16.4...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患整形外科疾患循環器疾患

小児結核へのrifampinの安全性確認2018/9/18

潜在性結核感染症小児患者829例を対象に、rifampin4カ月レジメンの安全性を標準治療のイソニア...

ソース:NEJM  カテゴリ:呼吸器疾患小児科疾患投薬に関わる問題

L-グルタミンが鎌状赤血球症の疼痛抑制2018/8/29

過去1年間に2回以上の疼痛発作歴がある鎌状赤血球貧血またはβ0-サラセミア患者230例(年齢5-58...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患血液疾患投薬に関わる問題

喘息管理のLABA併用、重篤な喘息関連事象増えず2018/8/17

喘息に対する長時間作用型β2刺激薬(LABA)の安全性を検証すべく、LABA+吸入ステロイド(ICS...

ソース:NEJM  カテゴリ:呼吸器疾患一般内科疾患投薬に関わる問題小児科疾患

チオ硫酸NaがCDDP誘発聴覚障害予防に有効2018/8/6

標準リスクの肝芽腫小児患者101例を対象に、シスプラチン(CDDP)を用いた化学療法後の聴覚障害予防...

ソース:NEJM  カテゴリ:小児科疾患投薬に関わる問題消化器疾患